« 前の記事:

次の記事: »


福井県小浜市の蔵元・わかさ冨士さんが4月に発売した”さばとらにゃんこ酒
発売直後から気になっていたのですが、ようやく購入致しました。

ラベルには小浜市のキャラクター・さばトラななちゃんが描かれています。

ラベルをアップで。

裏側には猫の写真に「いきもの共生・地域猫のお酒」とあり「お酒の売上の一部は若狭地域における地域猫活動の為に使わせて頂きます」と書いてあります。

そう、このお酒。
1本につき100円、若狭地域の猫ボランティア団体に寄付されるのです。

箱の蓋の部分にも猫の写真があります。

瓶を出してみました。

ラベルは箱に貼ってる物と、ほぼ同じ。

裏側には、若狭地域猫の会からのメッセージがあります。

箱の中に入っているのはお酒だけではありません。
わかさ冨士さんからのメッセージ。

小浜の地域猫さんの写真が2枚。

茶白さんと茶トラさんの写真は必ず入っているみたいですね。
(購入した人のブログを検索して調べてみた)
もう一枚は月替りかロット替わりなのかな?
贈り物にするのに数本まとめて買いましたが、入っている写真はみんな同じでした。

そして若狭地域猫の会さんからの、地域猫に関してのメッセージ。

 

さらに地域猫活動の紹介として、新宿保健所のレポートが入っています。

さて、お酒ですから当然呑んでみます。

地域猫活動を支援するお酒と言っても、美味しくない物をお勧めできませんからね。
当然呑みます。
呑みたいからではありませんよ。
皆さんにお伝えするために呑むんです!
「つべこべ言っていないで、目の前に酒があるんだから早く呑もうよ」
あ、心の声が…

口に含んでみます。
本醸造とは思えないくらいの重みが感じられます。
でもすっと喉に入っていきますね。
飲んだ後にかなり辛い感じがします。
そして花からはフルーティーな香りが抜けます。ちょっとメロンみたいな感じ?
うわっ!後口はかなり辛いです。
わかさ冨士さんの商品を見ると、日本酒度+のお酒ばかりですから、辛口が得意な蔵元さんなのでしょう。

さて、これに合う肴となると悩みます。
脂っこいものは不可。
脂が多い魚もちょっと遠慮したい。
やはり若狭の魚が一番でしょうか。
若狭と言えば鯖!鯖をサッと炙って肴にすると相性いいんじゃないかなぁ。
あと小鯛の笹漬けね。
忘れちゃならないのが、へしこ。
へしことは鯖に塩を振って糠漬けにした小浜の郷土料理。
スライスして軽くあぶって、さばとらにゃんこ酒をキュッと呑む。これはたまらないかも!
アンテナショップ行って買ってこようっと。
ホタルイカの素干しをライターで軽くあぶって肴にするのもいいかもなぁ。
まぁこれはどんなに日本酒にも合うんだけれども。

おっといけない。
猫さんとは全く別の方向に進んでしまいました。

ろっちさんも満足した”さばとらにゃんこ酒”
呑むだけで地域猫ボラ団体に寄付できる、猫好きの飲兵衛にはたまらないお酒です。
お酒の好きな方、いかがでしょうか?
お酒を飲めない方も、お酒好きの方への贈り物にいかがでしょう?

わかさ冨士・さばとらにゃんこ酒 720ml 1300円
購入方法は
楽天市場・北陸福井の地酒「鎌仁商店」
Amazon・鎌仁商店
わが街とくさんネット
にてどうぞ。
送料がかかりますのでご了承ください。
また、わかさ冨士さんに直接電話して販売して頂く方法もあるそうです。
わかさ冨士さんのHPの電話番号をご参照ください。

こう言う猫ボラ団体に寄付できるお酒があちこちで増えると、いろんなお酒が呑めて楽しいのになぁ。
おっと、飲兵衛の余計な独り言でした。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

「地域猫活動」が、私の住む街も含めて
世界中で当たり前のことになると、いいなぁ~・・・と思っています。
野良猫がいる街は当たり前で、地域に住む人達が
堂々と地域猫達に餌をあげたり、ナデナデしたり
一緒に遊んだり、自分の家の庭で可愛がったり出来たら
いいですね。
私も、家の庭に来る猫さんに ブラシをかけたり、ちょっと
おやつをあげたり、座布団を出して猫さんを寝かせてあげたり
していましたけれど、すぐナナメ後ろの家の叔父さんは
猫嫌いなので、そのお宅からは見えない死角で猫を可愛がっていました。
別に悪いことをしている訳ではないのに、何で私がコソコソしなくちゃ
ならないんだ?・・・といつも窮屈な思いをしていました。

>紅お蝶さん
地域猫活動を行なっているボランティアさんは、大変な労力とお金を使われています。
こう言う企業が増えることにより、ちょっとでも手助けが出来ればと思いますね。

猫嫌いの方にもいろいろありますが、大抵は猫に何らかの被害を受けて猫嫌いになるのがほとんどです。
猫さんにも生きる権利はあります。
が、当然猫ですから、人間社会での義務を果たすことはできません。猫を可愛がる人間が義務を果たしてあげなくちゃいけないと、自分は考えます。
自分の庭にトイレを設置してあげて糞尿被害を減らしたり、ご近所を掃除をしたりと、猫嫌いの人が納得してくれる活動をして、猫が生活しやすくしてあげるのも地域猫活動の一つではないでしょうか。
コソコソではなく、堂々と可愛がるためにも、猫嫌いの方に「なんで猫が嫌いなのか?」お話を聞いて見ることも必要ですよ。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。