2021年10月29日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月の休日。
ドリプレローズガーデンに来ております。

薔薇を楽しみながらお庭を散策。

お庭もとても素敵で、のんびりとした時間を過ごすことができます。

カフェに戻ってきました。
ハチワレさんは相変わらずお休み中。

椅子を独占して熟睡です。

気持ち良さそうに寝ていますねぇ。

さて、お腹も減ったしなにかいただきましょうか。
『今ね、満席なの』

お昼時だからしょうがないですね。

『お腹が減っているみたいだけど…もしかしたら1時間位かかるかも』

そんなにかかりますか。

『どうする?待つ?』

う~ん…カフェはまた今度来たときに楽しむとして移動しましょうか。

カフェを出ると白さんにお会いしました。

ペロッと舌なめずりする白さん。
『今ね、液状おやつを貰ったんだ』

おやつの後のようです。

近くでは茶トラさんが液状おやつを貰っていますね。

『もう帰るの?』

はい、カフェも待ち状態のようですから。

『外でのお食事は気持ちいいから今度来た時は楽しんでね』

はい、白さん。
ありがとうございます。

『お帰りですか?』

今度は黒さんがご挨拶してくださいました。

『次もまた、のんびりと過ごしに来てください』

自らのんびりと過ごす黒さん。

すでにお休みになってしまっています。

では黒さんを撫でてご挨拶して…

ドリプレローズガーデンさんを後にするとしましょう。

と、ここで終わる所ですが…
駐車場に向かうまでにまた猫さん達にお会いしたので、次回はその様子をお届けします。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。