2021年10月12日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

8月下旬の週末。
9月から改装で休業する小岩・友の湯さんに入浴。
お風呂上がりに猫さん達にご挨拶しております。

キャットタワー最上段でくつろぐショウくん。

その下ではペコさんがお休み中です。

更にゴン太くん。
『可愛いボクのことを忘れていたでしょ?』

忘れるわけ無いでしょ!
撫でてごまかします。

奥のキャットタワー下には元気くん。

『こんにちは!』

舌を出してご挨拶してくださった元気くんですが…

『今、構って欲しくないからね』

一人でくつろいでいたいみたいです。

その奥にはクリリンさんがお休み中。

『あのね、くぅちゃんが起きてるよ』

ウニちゃんが教えて下さいました。

目を覚ましたくぅちゃんをパチリ♪

『パンちゃんはあっちだよ』

『寝てて構ってほしくないみたいだけどね』

ウニちゃん、ご案内ありがとうございます。

一番奥にいたパンちゃん。

目を覚ましていましたが…

構わなくていいよオーラが出ていますねぇ。

『代わりにボクが構ってあげるよ』

ウニちゃんが擦り寄ってきてくださいました。
ではちょっと撫でて…

いつもの下足札撮影会と行きましょうか。
『もういつもの?それよりもっと撫でてよ』

と言いつつポーズを撮ってくださったウニちゃん。
ありがとね、と撫でて…
後編に続きます。

友の湯さんは9/1より12月中旬まで改装の為休業中です。
ご注意ください。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。