« 前の記事:

次の記事: »


何度か来ている路地にやって参りました。

この日もバーの前に猫さんが居らっしゃいます。

バーの扉が開いていますね。

『もうすぐだよ』

え?お昼からバーが開いているんですか?
と思いきや…

出てきたのはお酒ではなくてカリカリ。

『あんたの分は無いよ』

ぺろりん♪

『おっさんの分は無いよ』

ぺろりん♪

何?この餅つき状態のぺろりんは。
見ていて凄く楽しいじゃないか♪

お食事を続けるキジ白さん。

『あんたの分は無いってば!』
ぺろっ

茶白さんはお食事終了。
大きく伸びをして…

カリカリのお礼に看板猫のアルバイト。

そこにやってきたのは別のキジ白さん。

『こんな所にバーがあったんだ』

『ちょっと寄って行こうかな。どうしようかな』

『キジ白さん、ここのマスターのカクテル・レインボーカリカリは絶品ですよ!』

『レインボーカリカリ?んじゃ一杯やっていこうかな』

またこのバーの常連が一人増えるのでございました。
実はこのキジ白さんもいつもここでご飯貰っている子なんですけどね。

こういう飲食店街の猫さん。
お店の扉が開いていても決してお店の中に入ること無く外で待っている猫さんが多いですね。
人の世界と猫の世界、お店の中と外、ちゃんと一線引く事を理解しているのでしょうか。
凄いですねぇ。
酒飲みとしても見習わなくては!

夕方の更新では、あとから来たキジ白さんの別の日の写真をお届けします。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。