« 前の記事:

次の記事: »


ストラップにじゃれる猫シリーズをお届けする予定だったのですが…
連続して立石の猫をご紹介してしまったので、このまま立石猫シリーズを続けます。

この路地の猫さん。
何故か男同士一緒に居る事が多いようです。
この日も師匠(父)とKENTAきゅん(息子)がくっついていました。
01

長くてちょい太い尻尾の回し方がそっくり。
02

お花の側で二人揃ったところをパチリ。
03

師匠にべったりのKENTAきゅん。
04

師匠、ちょっと迷惑そうか?
05

兄貴のチビ太も師匠にくっついている事が多かったし、この界隈の猫さんは男同士の結び付きが強いのかもしれませんねぇ。

(2011/02/下旬撮影)

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。