桜の絨毯と神社猫さん | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

長い階段を登って、とある神社に参拝。

散りかけの桜が見事ですねぇ。

さて、この神社には猫さんがいらっしゃいますが…
発見!

手前が、つゆさん。奥が、しずさんです。

しずさんは、もう高齢の猫さん。

のんびりと日向ぼっこのようです。

『うわっ!近づいてきた!』

体を起こした、つゆさん。

『あっちに行こうっと』

歩き出しました。
当然後を…

『付いて来ないでよ!』

そう言われても付いて行ってしまう自分。

つゆさんは歩いて柵の中へ。

『ここがいいかな』

桜の花びらの上で落ち着きます。

香箱を組む、つゆさん。

思いっきりイカ耳になっていますねぇ。

つゆさんと桜をパチリ。

うまく撮れないなぁ。
まだまだ腕が足りません。

『しずさんの様子見てきたら』

まだまだイカ耳の、つゆさんに言われてしまいました。
そうですね。
しずさんの様子を見に行ってみましょう。

しずさんはお食事中。

お食事を終えた、しずさん。

指を出してご挨拶してみます。

そのまま撫で撫で♪

『お酒臭かった~』

ペロッと舌を出した、しずさん。
お約束を頂いたところで神社を後にするとしましょう。
しずさん、まだまだお元気で神社猫のお仕事してくださいね!

階段を降りて…
トンネルから桜を眺めます。

これもまた綺麗!
来年もまた見に来なくては!
と思った自分でございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。