湯処じんのびさんの看板猫シンちゃん、虹の橋を渡る | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

西新井・湯処じんのびさんの看板猫シンタロウさんが4/21の午後、虹の橋を渡ったそうです。
推定15歳。

初めてお会いしたのは2017年の暮。
看板猫さんがいらっしゃる銭湯があると聞き訪問したのが最初。
クリクリした目を見せてくださいました。

その後、訪問のたびにカウンターでくつろいでいたシンちゃん。

シンちゃんとケイちゃんでカウンターを占拠する姿は、じんのびさんの名物でした。
(自分が思っていただけですが)

猫ベッドでくつろぐ姿にも癒やされました。

ちょっと慣れてきて撫でさせてくれるようになったシンちゃん。

実は甘えん坊で、じんのびさんご一家の膝に乗るのが大好きだったシンちゃん。

8年前の暑い日に突然じんのびさんに入ってきたと言うシンちゃん。
じんのびさんで過ごせたのは幸せだったでしょう。

じんのびさんに通うようになったのもシンちゃんのおかげです。
カウンターでくつろいでいた姿は忘れません。
これまでありがとうございました。
安らかにお休みください。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。