« 前の記事:

次の記事: »


とある公園にやってまいりました。

茶白さんがたたずんでいます。

角度を変えて、胸像を入れてパチリ。

さらにギリシャ風の柱を入れてパチリ。

『パチリパチリって…何も出さないで勝手に撮るのは礼儀がなっていないよ』

あぁそうですね。
では…何も持っていないから…

『指なんか出すなよ!』

しまった!
先手を取られてしまいました。
ならば…

『舌なんか出さなくてもいいからね。あっちの黒を撮りなよ』

またまた先手を取られてしまいました。
茶白さんに完全にやられてしまった自分。
言う事聞いて、あっちに居るという黒さんを探してみます。

どこだろう?と探してみると…

茂みの中に黒い影が!

『ちっ!見つかっちゃったか』

『茶白に言われたからしょうがないけど、写真は一枚だけでかんべんしてくれよ』

一枚分ポーズをとってくれた黒さん。

壁際に移動して…

離れた場所でくつろぐのでございました。

この公園は他にも猫さんがいらっしゃるはずなのですが、2匹しかお会いできず残念。
またこんど会いに行ってみようと思います。

そして公園にはこんな器も。

耳カットの猫さん達。
地域猫として、ご近所の一員となっているようですね。
元気に過ごしてくださいませ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

「ねこの命の水です。」・・・いいですねぇ~・・・♪(^-^)

>紅お蝶さん
命の水、だから捨てないでくださいって願いも込められているようです。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。