« 前の記事:

次の記事: »


昨日ご紹介した公園。
別の日にまた来てみました。

入口近くでは、薄茶白さんがお休み中。

塀際では、他の猫さん達がくつろいでいます。

くつろぐ猫さん達…あれ?

サバ白さんは薄茶さんの方をじっと見ていますね。

くつろいでいるわけではないようです。

『はぁ、食った食った♪』

どうやらお食事の順番待ちをしていたご様子。

『ふぅ、美味しかった♪』

茶白さんもお食事を終えたようです。

続いて三毛さんがお食事開始。

ところで茶白さん、前々回のようにストラップで遊びませんか?

ストラップを揺らしてみますが…反応なし。
おかしいなぁ。

『前々回って…そんな事知らないよ!』

よく見てみると、別猫さんのようです。
失礼致しました!

『ねぇねぇ、おやつくれるのかな?』

黒さんが近寄ってきました。
おやつって…そこにご飯が置いてあるじゃないですか!

『おやつは別腹だもーん♪おやつちょうだい♪』

いや、おやつ持っていませんし。
持っていてもあげませんよ!

ほら、看板にも書いてあるでしょ。

『えーっ!?おやつは餌じゃないよ~』

いや、おやつもご飯も一緒!
世話されている方の許可がないと何もあげませんよ。

『強情なおっさん!さてはあんた…
ハズレのおっさんだね?キックキックキック!』

おやつは別腹と近寄ってきた黒さんに、キック攻撃をされてしまった自分でございました。

この公園の猫さん達。
みんな耳カットされて、地域猫としてお世話されているようです。
皆さん、これからも元気でお過ごしくださいね!

次回はこの近くでお会いした猫さんにもハズレと言われたお話。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

新宿区では もう、地域猫活動がしっかりと始められているんですね!
羨ましいなぁ~・・。
私の家の近所では、そういう活動は今のところ無いようなので
埼玉県もノラ猫ちゃん達の為に、地域猫活動を始めてくれれば
私も安心出来るのですが・・・。
ある場所にいる1匹の猫の為に、年配の女性が何人か交代で
自転車に何やら大きな荷物を積んで、毎日餌やりに訪れている姿は
何度か見たことがあります。
そのあと、他の場所にいる猫達にも 餌を運んでいるのかも知れませんね。

>紅お蝶さん
地域猫活動、不妊は最低限必要で地域住民の理解を得て「みんなの猫」として住民の仲間入りしてもらう事だと思います。
猫好きな人、猫嫌いな人、お互い話し合って妥協点を見出して、お互いちょっとずつ我慢する。一人では出来ない事です。
毎日の餌やりじゃなくても、何かできる事がないか考えてみてください。不妊活動している団体を支援する事も地域猫活動にしっかり繋がって行きますよ!

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。