« 前の記事:

次の記事: »


とある街。
路地散歩をしていて、ひょいと路地を覗いたら…

猫さんがいらっしゃいました♪

猫ハウスの上にたたずむキジさん。

恥ずかしがり屋なのかお顔をあげてくださいません。

路地の奥には、移動していった別のキジさんと茶白さんがいらっしゃいます。

更に奥にはキジ白さんの姿も。

あれ?茶白さんがこっちに歩き始めました。

それを見つめるキジ白さん。

何故かイカ耳。

茶白さん、こっちに歩いてきます。

キジさんもくっついてきます。

遊んでくれるのかな?

遊んで欲しいんですね!

『あんたには用はないの』

あらら、遊んでくれるのではなかったのですか。

実はお世話されている方が顔を出したので、喜んで近寄ってきたようです。

「こっちに三毛も居るんですよ」
お世話されている方が三毛さんを紹介してくださいました。

うわぁ、綺麗な三毛さんです!

とても綺麗な三毛さん。
凄く人見知りなんだそうです。

知らないおっさんの顔を見て、不安そうな三毛さん。

お顔を見せてくださってありがとね。
おっさんの顔なんか見ていないで、お世話されている方のお家でゆっくりお休みください。

『ホントにもう…ご飯の時間に来るなんて非常識だよ』

『ねぇ?』『そうそう!』

いや、ご飯の時間じゃないと猫さん姿現さないですからねぇ。

『でもさ、あんたが来たせいでご飯が出てくるの遅くなってるんだよ』

猫さん達。
自分がお世話されている方とお話しているせいで、ご飯が出て来ないとお怒りのご様子。

『そう!お怒りなんだよ!』

ボス格の茶白さんに睨まれてしまいました。
もっと猫さんの姿を見ていたいですが、お食事のお邪魔をしてはいけません。
退散するとしましょうか。

こちらにずっとお住まいで、ずっと猫のお世話をしてくださっている方にご挨拶をして、この路地を後にしたのでございました。
猫さん達、お世話されている方。
写真を撮らせて頂き、ありがとうございました!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

この黄色い箱は、猫ハウスなんですか。
こんな風に、通りに面した場所に堂々と置いておいても
OK!だなんて、野良猫に優しい とても良い町だなぁ~・・
と思いました。

私も自分の町に、こんな風に野良猫ちゃんの為に
猫ハウスを堂々と置けたらいいのに・・と、
常々思っていたので・・・。(゜_゜)

>紅お蝶さん
はい!黄色い箱は猫ハウスです!横にはさらに猫マンションも!さらに屋内には猫トイレがズラリと。
こちらのお宅はこの場所で昔からご商売をなさっているので、この路地に猫が居るのは当たり前になっているそうです。
昔から猫との共生をしてきた街だからこそ、こんな猫ハウスや猫路地もあるんでしょうね。
でも…近くのアパートに越してきた人から苦情が来たりもするそう。
部屋を借りる時に、単に便がいいからだけではなく、動物嫌いの人は近所の状況も確認した上で部屋を決めてほしいものです。

本当ですよね。
猫さんが先に此処に住んでいて、その人達は 
後から来た「新参者」なんですからね~~!・・だ。(^-^)

>紅お蝶さん
新参者だからこそ町内会の催しに参加したりして、その街に対する理解を深めて欲しいものですが…
あ、これは猫さんに関することだけじゃなくなっちゃうので、このくらいにしておきます。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。