« 前の記事:

次の記事: »


猫Theネコ、5月分の4回目でございます。

細い路地をふらついていると、猫さんの姿を見かけました。

猫さんもこちらに気がついて警戒している様子。

『嫌な気配を感じる…』

『お前か!』

『逃げっ!』

ピョンと隠れた猫さん。

隠れたあたりに行ってみると…
♪どんなに上手に隠れても、可愛い尻尾が見えてるよ。

奥に入りきれなかったようで、バックで出てくる猫さん。

『お前が急に近づいてくるから焦っちゃったじゃないか!』

隙間に入り込んで、自分を睨むのでございました。

 

この街、ちょっと歩いただけでこれだけの猫さんにお会いしました。
地名に猫が付くのは伊達じゃない!?

コミュニティバスのバス停。
上手いこと猫の文字だけ残っていたのでパチリ。

昔は漁師町だったので、細い路地もかなり残っているし古い銭湯も残っていたりして、いつまでも歩いていたくなる街でございました。
この街、更に詳しい猫情報も頂いたので翌週また訪問してしまいます。
明日からは翌週・6月上旬に訪問した際の猫さんの写真シリーズがスタート。
なんと11回シリーズでございます!
1日に2回更新していきます。あと1週間近くこの街の猫さんにお付き合いくださいませ。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

「上手いこと猫の文字だけ残っていたので」と言われますが、私にすれば、「猫の字がつく町」自体がミステリアスなのでございます。少なくとも私が住む関西地方には皆無ではないでしょうか。だいたい猫という字がつく人名を知ったのも、(後にも先にも)昔オリンピックで活躍した「猫田」さんくらいのものです。

>なりひらさん
関西では京都や滋賀に少しあるだけみたいですね。
http://uub.jp/nam/neko.html

ただ、旧地名や消えた川や橋を探すと結構猫が付いた場所があるのではないでしょうか?
ざっと検索しただけでも東大阪には猫橋址地蔵があるようですし、大阪の森ノ宮あたりには猫間川(埋め立てられた)があります。
猫間川跡を猫散歩ってのも楽しそうですね。
いや、自分が暗渠好きだから楽しそうなだけなのかもしれませんが…

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。