« 前の記事:

次の記事: »


今度はまた海の方を見てみます。

相変わらず車の陰でお昼の中のキジ白さん。

何かを見つめていますね。

キジ白さんの視線をたどってみると…
また別の茶トラさんがいらっしゃいました。

まだ幼い子のようです。

一生懸命毛づくろいするチビ茶トラさん。

ペロペロ…

いつの間にかサビさんがやって来ました。

車の下に居たサビさんですね。
この子のお母さんなのかな?

サビさんはまた車の方へ。

信号をバックにモデルになって下さいました♪

チビちゃんはグテ~

ryanさんもやってきてチビちゃんを撮っていると…
また別の茶トラさんが尻尾を立てて登場。

お父さんかな?お兄さんかな?

『がおー!』

おや?威嚇する顔も可愛いですね。

『そう?』照れ照れ。

二匹一緒にお花の側でモデルに。

近くにいても何ももらえないと悟ったのか…
大きい方は塀にピョン!小さい方は車の下に行ってしまったのでございます。

気がつけば1時間以上ここにいてしまいました。
そろそろ移動しましょう。

と歩き始めたら…いくらかも歩かないうちにまた猫さんとお会いしてしまいました。
次回はその様子をお届けしましょう。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

房総の漁村の猫さんは、町の子のように人に声をかけられなれていないせいか、みんなちょっとビビりなんですよね。でも、すれてないのが、房総っ猫の魅力。ろっちさんに会って、わけへだてなく1匹1匹紹介してもらえる猫さんたち、幸せですね!      道ばた猫

>道ばた猫さん
房総の猫さんは人馴れしていないだけって感じがしますね。街の猫さんのように警戒心が強いのとはちょっと違うみたい。
猫さんの境界領域を上手く見極めれば、くっつかないけど離れないと言う猫さんとの独特な空気…空間を楽しめる。それが房総の猫さんって感じがしました。
でも…人懐っこい子はホント人懐っこいですね!

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。