撫でられまくるナナちゃん | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

とある路地。
車の影に黒猫さんが転がっていました。

何度かお会いしている馴染み猫さん。

ナナちゃんです。

『あっ!撫でてくれる人が来た!』

起き上がったナナちゃん。

スリスリしてきたので撫で始めます。

顔を擦り付けてきたナナちゃん。

腰ポンポン♪

このくらいでいいですか?

『まだだよ!』

尻尾をピンと立てたナナちゃん。

『もっと撫でて!』

撫で撫で。

『ほら、もっと!』

撫で撫で撫で。

『もっともっともっと!』

自分を見つめながらスリスリしてくるナナちゃん。
ちょっと一休みしましょうか。

『あっ!手を引いちゃダメ!』

またまたスリスリしてきました。

そしてゴロン♪

頭を自分の手にこすりつけながらゴロンゴロン転がるナナちゃん。

『気持ちいいですねぇ』

ちょっと手が痛くなってきました。

『手を引いちゃダメだって!』

はいはい。

撫で撫で撫で…

続いてモフモフ♪

『モフモフはいいの!』

キックで拒否されてしまいました。

またまた頭を撫で撫で。

『ふぅ、気持ちよかった』

満足してくださったようです。

『最後にもうひと撫でして!』

はい、撫で撫で♪

『ありがとう!』

『また会ったら撫でてね』

こちらこそありがとうございました。
ナナちゃん、またお会いした時にもいっぱい撫でさせてくださいね!
ちょっと飽きるくらいだったけど。

明日は月替りで、まろくん登場。
黒猫さんが続きます!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。