駐車場でお見送り ~ドリプレローズガーデンの猫さん達・その5(終)~ | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

10月の休日。
ドリプレローズガーデンで薔薇と猫さんを楽しみ、そろそろ移動しようと駐車場に向かいます。

『お帰りですか?』

はい、また来ますね。

帰る前に、指を出してご挨拶しましょう。

『うわっ!お酒臭っ!』

『こんなお酒臭い指近づけないでよ!』

全力で拒否する猫さん。

『ほら、早く帰って!』

追い払われてしまいました。

駐車場に向かう途中、別の猫さんが寝ています。

ぐっすりお休みですね。

こちらはそっと見つめるだけにして駐車場に向かいます。

『あ、お帰りですか?』

最初に駐車場でお会いしたキジさん。
まだこちらにいらっしゃったんですね。

移動する前に撫でさせていただきます。

撫で撫で撫で撫で…

あ、ゴロンとしちゃった。

モフらせていただきますね♪

『気持ちいいですよ~』

くるりくるりと向きを変えながらモフられるキジさん。

『ふぅ、満足です』

満足していただいて自分も嬉しいです!

『またゆっくり来てくださいね』

はい、またお邪魔しますね。
今度は春かな?

ドリプレローズガーデン、とても楽しゅうございました。
ただ、NHKの動物番組もふもふモフモフでよく紹介されているせいかお客さんはいっぱい。
お昼時を外しての訪問の方がゆっくり楽しめるのではないかと。
またお邪魔してのんびりとした時間を過ごしたいと思います。

さて、お腹が空きました。
どこに向かいましょう?
そう言えば駐車場のキジさんがくるりくるりと転がっていましたねぇ。
よし。久留里に向かうとしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。