鶴見線猫めぐり(7) 沿線に居た猫さん編 | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

鶴見線に沿って自転車を走らせます。
とは言っても線路沿いにずーっと道があるわけではないので、途中地図を確認しながら走ります。
とある陸橋を登りかけ…あれ?これって鶴見線を渡る陸橋じゃん。と慌てて陸橋を降りて下をくぐると…
そこに猫さんが居ました。
01

ここの人かな?年配の女性がいたので聞いてみましょう。
「猫の写真撮っていいですか?」
『どうぞ~。いっぱいいるでしょう』
と一言言ってお家の中へ。
飼ってる猫なのか世話しているだけの猫なのか聞きそびれちゃった。
まぁいいか、猫さんを撮らせていただきましょう。

まだ幼い感じの茶トラさん。
02

サビ猫さんもやって来ました。
03
こちらもまだ幼い感じです。

しゃがみ込んだサビさん。
何をしているのかな?
04


あ…
レディのとんでもない場面を撮影してしまいました。
05

チビ茶トラさんとサビさんは兄弟なんでしょうかね?
すごく仲良しでした。
06

キジトラさんにチュッってされても…
07

サビさんにくっついて甘える茶トラさん。
08

チュッとしたキジトラさんもまだ幼い感じかな?
09

ん?茶トラさんがポーズ取ってこちらを見ていますねぇ。
10
カメラのストラップをブラブラさせてみましょうか。

食いついたのは茶トラさんではなくてサビさんでした。
11

ちょっと遊んだ後、ニ匹仲良くお母さん(?)に報告。
12

『あのね、黒いヒモみたいな物で遊んできたの』
13
なんて話してるのかな?

茶トラさん(と言うよりも茶マーブルさんですねぇ)、黒さんのお腹に顔を近づけます。
14

あらあら、おっぱいを飲もうとしてたのですね。
まだまだお子ちゃまのようです。
15
黒さんにおもいっきり蹴られてましたけれども。

その様子を覚めた目で見つめるキジトラさん。
16
尻尾の先がちぎれた感じになっている猫さんたちはみんな血縁関係があるのかな?

皆からちょっと離れた場所に居た白さん(頭にちょっと灰色混じってますが)
17

そしてあまり人馴れしていない感じの茶トラさん。
お父さんなのかもしれません。
18

以上、ここでお会いした猫さん達でした。
意外な場所で意外な数の猫さんたちと出会っちゃう。
これだから街歩きはやめられませんなぁ。
(歩いてないじゃん、ってツッコミ不可)

鶴見線猫めぐりはこれでおしまい。

次回は鉄メイン。
鶴見~子安、長い踏切めぐりをお届けします。

(2010/09中旬撮影)

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

こんにちは。初めて書き込みます。ネコ特盛り、でこのブログ、知りました。月島は地域ニャンコがいっぱいです。有楽町線か大江戸線でいらしてくださいね。

>涼&リッキーさん
いらっしゃいませ。
月島にはちょくちょく行って猫さんにお会いしてますよ♪。
行くのが夕方が多いので、最近は写真撮ってませんけど…
昨年の分は
http://kumax.photo-web.cc/neko/index.php?e=129
にありますから見てくださいませ。

おっ!サビ猫天国のこの場所発見しましたね。
自分は6月にこの場所をお気に入りスポットに追加しました。

解説しますと、上から1、2枚目の茶トラですが、自分のブログのチビ猫2010の#17~#20で
紹介している4つ子の内の1匹です。

それから、ご年配の女性もそうですが、ガタイのいいご主人もとても感じのいい人で、
主人:「あそこに仔猫いますよ」
自分:「ご迷惑おかけしませんので、仔猫の写真撮らせていただいてもいいですか?」
主人:「もうどうぞどうぞ」

と言う感じで、心よくOKいただきました。

あと浜川崎駅付近の猫ですが、ホーム(鶴見線側)から見える場所
にいるのはご存知でしょうか?

それ以外のスポットは一つヒントを言いますと、踏切を渡ります。

>まさはれさん
さすが!ご存知でしたか!
三ヶ月でこんなに大きくなるんですねぇ。
夢中で撮ってましたが、帰って写真整理しながらで『通過する鶴見線入れて猫撮れよ』と自分で突っ込んでしまいました。

浜川崎駅の猫スポット情報は仕入れてあるのですが、なぜか縁がなく出会えないんですよ。
なんども通ってみるしか無いですねぇ。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。