» 駐車場猫のブログ記事


休日の早朝。
朝風呂に行く前に、ちょっとお散歩していると…

神社で白黒さんを発見。

『うん、ここも異常がないな』

朝のパトロール中のようです。

『あっ、異常あり!お酒臭いおっさん発見!』

え?そんなにお酒臭いですか?
昨日はそんなに呑んでいないのに…

『ここまでプンプン匂ってくるよ~』

スタスタ歩き出した白黒さん。

『お酒くさいから近づいてこないでね』

拝殿の奥に行ってしまった白黒さん。

ちょっと覗き込んでみましょう。
『追いかけてきたよ…』

『早くお風呂行ってお酒抜いてきたら?』

そんなにお酒臭くないと思うけどなぁ。
しょうがない、白黒さんの言うとおり早く銭湯に行くとしましょう。

歩き出したら…
駐車場に黒さんを発見!

ロック板の上に乗っています。
これがお仕事なのかな?

『そう、大事なお仕事なのですよ』

自慢げにペロリと舌を出した黒さん。

回り込んで反対側から見てみましょう。

見事に跳ね上げる方の板に乗っていますねぇ。

『乗っていないと跳ね上がっちゃうのさ』

車止めを猫で押さえる。
なんという大事なお仕事!(なのか?)
黒さん、頑張ってください!

駐車場からしばし歩くと…
マンホールの向こうに別の黒さんを発見しました。

向こうの道は暗渠なのですが…

ギリギリの所に座っていますね。
惜しい!

『なにが惜しいの?関わったら危ないみたい…』

自転車の影に隠れてしまった黒さん。

覗き込んでみると…
小さな配管の上にチョコンと乗っています。

『この場所がお気に入りなのさ』

猫さんはなんで何かの上に乗りたがるのでしょうねぇ?
聞いてみたのですが…
黒さんから答えはなく、奥に隠れてしまったのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある駐車場。
向こうに猫さんの姿が見えました。

近寄ってみると…
三匹の猫さんがいらっしゃいますね。

壁際にキジさん。

日本酒ケースの横にもキジさん。

室外機の上では三毛さんが寝ています。

壁際のキジさんが立ち上がりました。

ちょっと待ってくださいな。
指を出してご挨拶してみますが…

『三毛姐さん、指出してくる変なおっさんがいるよ』

『そんなの相手しなくていいよ。むにゃむにゃ…』

『相手しなくていいと言うことなので、お引き取りください』

え?もうちょっと写真撮らせてくださいよ~

『おはよう!賑やかだね』

サビさんが出てきましたよ。

『撫でるなら私にしなさいな』

地面に這いつくばるサビさん。

撫でさせていただきましょう♪

背中を撫で撫で。

気持ちよさそうなお顔を見せてくださいました♪

『サビ姐さん、大丈夫なのかなぁ?』

キジさんが心配そうに見ています。

『満足!もういいよ~』

え?もういいんですか?
出した指を無視して歩いていってしまったサビさん。

『さ、もう満足しただろ?』

三毛さんに冷たい目で見下されてしまいました。
移動するとしましょうか。

歩き出そうとしたら…
駐車場の隅に長毛サビさんの姿が!
『え?隠れていたのになんでわかったんだい?』

長毛サビさん、横から見たら丸見えだったのでございます。

でも、長毛サビさんも警戒気味。
くつろいでいる所を邪魔してはいけませんね。
駐車場を後にして散歩を続ける自分でございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある街を猫散歩。
おや?あそこに猫さんがいらっしゃいますよ♪

近寄ってみましょう。

グレーの猫さんがくつろいでいます。

ご飯待ちでしょうか?

『あ、知らない人が来た』

『逃げた方がいいかな?』

迷っているグレーさん。

大丈夫ですよ!単なる猫好きですから!
『え?ホント?』

はい、まずは指でご挨拶…
『うわっ!お酒臭いっ!』

植木鉢の影に隠れてしまったグレーさん。

『あんなお酒臭い指の猫好き、初めてだよ』

『ホントに猫好きなのかなぁ』

ホントに猫好きですよ!
で…グレーさん、隠れたつもりでも体が全く隠れていませんよ。

『見つかってるなら出ちゃおうっと』

植木鉢の横に出てきたグレーさん。

『また何かしようとしてる?』

はい、気を取り直して指の匂いをもう一回…

『え?』

『ど…どうしよう…』

グレーさん。
あまりの酒臭さに目が点になって固まってしまっています。

『あぁビックリした。早くどこか行ってよね』

指を引っ込めるとホッとした表情のグレーさん。
酒臭い指で驚かせてしまったようです。
立ち去るとしましょう。
って、酒臭くないからね!

歩き出すと、キジ白さんが駐車場を歩いているのを発見!

車の下に入っていったキジ白さん。
『覗いても出ていってやんないよ』

そうなんですか?

『どうせ酒臭い指の匂い嗅がせるんだろうしね』

もう酒臭い指の持ち主の噂は伝わっていたようです。

少し歩いた路地で、別のキジ白さんが転がっているのにお会いしました。

『あれはもしかして、さっき連絡があった酒臭い指の持ち主?』

え?もう噂が伝わっているのですか?

『指出されないうちに、お家に戻ろうっと』

まん丸お顔のキジ白さん。
さっさとお家の中に入っていってしまったのでございました。
って、酒臭くないからね!まだ呑んでないから。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある駐車場。
車の間で猫さんが寝ていました。

『ん?誰か見てる…』

ハチワレさん、自分に気が付いたようです。

『逃げろ~っ!』

車の陰に隠れてしまいました。

横を見ると…
階段の下に猫マンションがありますね。

一番下の部屋で誰か寝ているようです。

『誰か覗いてる?』

三毛さんがお顔を見せてくださいました。

『レディの一室を見つめるなんて…』

『あんた覗きね!』

いやぁ、猫さんがいらっしゃるとつい覗いてしまって…

しかし三毛さん、靴下と胸の白がお似合いで綺麗ですね!

『あら、ありがとう』

ニッコリしてくださいました♪

『じゃなくて、覗きよ~っ!』

物置の奥に隠れてしまった三毛さん。

『どうした?』『マンションで寝てたら覗かれたのよ!』

『あんた、駐車場だけじゃなくてマンションも覗いたのかい?』

はぁ、猫さんの姿が見えたのでつい…

『スマホで地図見て、カメラであちこち撮影しているだけで捕まるかもしれないご時世だ』

『マンションまで覗いたら不審者そのものだよ。気をつけな』

一緒に逃げるかと思ったハチワレさんに諭されてしまいました。
すみません、今後気を付けます。
ハチワレさんにご挨拶して、この駐車場を後にしたのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



猫さんがいらっしゃる、とある駐車場。

この日も車の間でキジ白さんがお休みしていました。

『まったりしているとこだから相手してあげないからね』

先に拒否られてしまいましたよ。

建物の横の猫マンションには…

中で誰かお休み中なのか確認できず。

でも、その横の箱の中で白黒さんがお昼寝中。

別の白黒さんもすっぽりハマってお休み中です。

プランターの向こうにはキジさんの姿が。

キジさ~ん!

『相手してあげないからね』

あ、また拒否られちゃった。

『なんだい?お客さんかい?』

別の白黒さんが出てきました。
この白黒さんは人に慣れている猫さん。

指を出しと、こちらにやって来てくださいました♪

『くんくん…』

匂いを嗅いでくださった白黒さん。

『酒臭っ!』

あ…お約束…

『なんだ、誰かと思ったら酒臭い指のおっさんか』

う~ん…変な通り名になってしまいましたね、自分。

でもまぁ、そう避けずに撫でさせてくださいな。

イカ耳になりながらも撫でさせてくださった白黒さん。

『なんだ?気持ちいいじゃないか!』

立ちあがった白黒さんですが、尻尾も立っていますねぇ。

んじゃ、もうちょっと撫で撫で♪

『気持ちいいんだけどさ、もうお昼寝タイムなんだ』

ありゃ、そうなんですか。
お昼寝の邪魔しちゃいけませんね。

『そう、昼寝の邪魔しないでくれるかな』

最初にお会いしたキジ白さんは、日差しを避けてお昼寝開始のようです。
では皆さん、のんびりとお休みになってくださいね。

駐車場の猫さん達、また会いに来ます。
お元気でいてください!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



この辺りに来たら必ず覗く駐車場にやってまいりました。

奥で白黒さんがのんびりしています。

この白黒さん、人懐こい方なんですが…

『今日は構ってあげないよ』

あら、そうですか。

駐車場の横の建物の脇には猫マンションが。

上の部屋でキジさんが寝ているようです。

奥のマンションでも、猫さん達が寝ていますねぇ。

『ん?お客さんかい?』

『ちょっと挨拶に行こうか』

『よいしょ』

2階の部屋から出てきたキジさん。

のび~~~~

『さて、手土産はなんだい?』

こちらにやって来たキジさんですが…
あいにく手土産なんぞございません。

『え?手ぶらで来たの?』

はい、手ぶらです。
あ、カメラは持っていますけどね。

『カメラなんか食えるかい!』

『期待したのに…ハズレのおっさんかよ』

あ、そのフレーズ。
懐かしいですねぇ。

『あの顔見れば判るだろ。挨拶しに来て損したな』

キジさん、せっかく出てきたのに何も貰えず…
ガックリと肩を落としていたのでございました。

こちらの猫さん達、相変わらずお元気そうで何より。
また会いに来ますね!
手ぶらですけど。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある路地。
猫散歩をしていると何やら視線を感じました。

2階の手すりに猫さんが乗っています。

そんな所で何をやっているんですか?

『ここで道を見ているとねぇ…』

見ていると?

『時々こうやって見上げる暇人が居て面白いんだ』

ニンゲンウォッチングでしたか。
で、暇人が…自分と。

『おや?こっちも気になるねぇ』

え?そっち側には誰も居ませんが…

ジッと見つめる猫さん。

何故か反転。

手すりの下を見つつ…

奥の方まで行ってしまいました。

何があったんでしょう?
別の猫さんが居たのかな?

そんな問いかけには答えもせず、見下ろし続ける猫さん。

『あ、あそこに猫が出てきた』

他にも猫さんが出てきたようですね。
ちょっと行ってみましょう。

猫さんが見つめていたガレージを覗いてみると…

キジ白さんがいらっしゃいました♪

『次はボクの番だね』

おや?別のキジ白さんも出てきましたよ。

『ゆっくり食べておいで!』

食べておいで?
と言う事は…

車の下には猫さんのご飯が用意されていたのでした。

このガレージ、猫さんの食堂にもなっているんですね。

『ごちそうさまでした』

ペロリと舌を出すキジ白さん。

そして近くには看板が。

あぁ、よくある「猫に餌を…」って看板か。
と思ったら…

飼い犬さんに向けた看板でした!

こんな看板があるやさしい街。
猫さんと人間が共生している街なんですね♪
みんな元気で過ごしてください!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある街を散歩中。
駐車場に猫さんの姿を発見!

こちらにやって来たので指を出してみます。

あれ?

無視かい!

尻尾を立てて車の向こうに行ってしまいました。

おや?フェンスの向こう側にも白黒の猫さんが居るようです。

ちょっと覗いてみましょう。

あっ!別の白黒さんが寝てる!

産地直送だそうです。

その横にも白黒さんが二匹寝ていますねぇ。

『いいお天気だよ♪パトロールに行こうよ!』

最初の白黒さんがやって来ました。
が…

『なんだ、みんな寝てるのか。しょうがないなぁ』

すぐに行ってしまいました。

『何だったんだ?あいつ。せっかちだなぁ』

見送る白黒猫さんズ。
お水もベッドも用意され、こちらでお世話されているようですね。
元気でお過ごしください。

寝ている白黒さんたちにご挨拶して歩き出すと…
塀の上に猫さんがいらっしゃいました。

また白黒さんです。

いい体格をしていますねぇ。
なかなかのハミ出し具合。

『バランスが難しいんだよ。絶妙だろ?』

『って、ハミ出しってなんだよ!』

睨まれてしまいました。すみません。

歩きだそうとしたら…
玄関にも猫さんがいらっしゃいました。

こちらも白黒さんですねぇ。

のんびりと日向ぼっこする白黒さん。

塀の上の白黒さんと一緒に、と思ったのですが…

“猫さんを探せ”状態の写真になっただけでございました。

さらにちょっと歩くと、またまた白黒さん二匹にお会いしました。

『うわっ!逃げろ~っ!』

椅子の隙間に入っていった白黒さん。

『そこに居ると邪魔なんだけどなぁ』

椅子の隙間から睨んできます。

では、もう一匹の白黒さんは?と見てみると…

おや?こちらにやって来ますね。
なんで?と思ったら…

ちょうどご飯の時間だったのでした。

お世話されている方に「撮ってあげてください」とお言葉をいただき、遠慮なくパチリ。

『みんなのお陰で美味しくご飯を食べられるんだよ』

『ほら、あっちでも』

椅子の隙間に居た白黒さんも出てきてお食事です。

『あっちの方が量が多いんじゃないか?』

チラチラ見ながらお食事する白黒さん。
二匹ともキレイに平らげ、お皿はお世話されている方が片付けられたのでございます。

白黒さんばかりにお会いしましたが、皆さん耳カットされてふくよか。
地域でちゃんとお世話されているんですね。
白黒さん達、お元気で過ごしてください!
また会いに行きますね。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



前回の猫さんとお会いした後、少し歩いた場所。
猫溜まりのお宅にやってまいりました。

白黒さんが室外機の上で日向ぼっこしています。

その近くでは、また別の白黒さんがぬくぬく。

おや?室外機の白黒さんが歩き出しました。

『やぁ、こんにちは!』

『何しに来たんだい?』

猫さんの写真を撮りに来たんですよ。

ついでに撫でさせてくださいな♪

撫で撫で撫で…

『う~ん…』

お尻も撫で撫で♪
『う~ん…』

『あんたお酒臭いよ』

一通り撫でられたら行ってしまった白黒さん。

『どうだった?』
『お酒臭かったよ』

『そんなにお酒臭かったの?』

おや?キジさんもいらっしゃったのですね。

『ちょっと行ってみようっと』

キジさん、こちらに出てくるようです。

『わざわざ確かめに行かなくてもいいのに』

『どれどれ?』

ちょっと離れた場所に座るキジさん。

『うわっ!ここまで酒臭さが匂ってくるよ』

いやいや、今日はまだ呑んでいないんですけどねぇ。

『お酒の匂いが染み付いているんだね。それ以上近寄らないで』

キジさんにそっぽ向かれたので…
移動するとしましょうか。

前回の神社猫さんにご挨拶して…
『ご飯の人じゃないなら挨拶に来なくていいよ!』

あ、すみませんねぇ。

モカモカさんは?と探してみると…

枯れ葉のベッドで、ぐっすりとお休みになっていたのでございました。

さて、猫散歩を続けましょう。
と言ってもしばらく猫さんにはお会い出来ず。
とある公園でやっと猫さんにお会い出来たのですが…
その様子は次回で。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある街を猫散歩。

駐車場で駐猫中の黒さんを見かけました。

猫さんにお会いできてありがとう!
いや、39と引っ掛けただけです。

熟睡している黒さん。

『ん?パシャパシャうるさいなぁ』

あ、起こしてしまったようです。

『昼寝の邪魔するなよ!あっちの猫の写真でも撮ってな』

すみませんでした!
で…あっちの猫って?

黒さんの言う方を見てみると、キジ白さんがノッソノッソと歩いて行くのが見えました。

あれ?あなたはもしや…

そうだ!4年前にお会いした、三段腹の驚愕の猫さんではないですか!

『驚愕?なんだそりゃ?』

それにしても、4年前に比べてお痩せになりましたねぇ。

『いや、以前からスマートでカッコ良かっただろうが!』

あ…はい…
以前もカッコ良かったですけどね。

『でもまぁ、今の方が動きやすくはなったよ』

そうでしょうね。猫さんらしくなりましたもんね。

『ほら、お腹もこの通り♪』

いやいや、お腹のたるみは変わらずですが…
でも前足はキッチリ揃えられるようになったんですねぇ。

『重ね重ね失礼なやつだなぁ』

キジ白さん、気分を害して行ってしまいました。

『体型の事言っちゃダメだよ』

あれ?キジさん。
見てらっしゃったのですか。

『言った言葉は自分に跳ね返ってくるからね』

あ、黒さんも見ていたのですね。

そ…そうですね、気をつけます。

『どこから見られてるかもわかんないからね』

え?屋根の上からも見られていたんですね。

猫さんが色んな所から見ている街で、沢山の猫さんにお会いした今回のお話でございました。

でも、驚愕の猫さんに久しぶりにお会いできて良かった!
ダイエットにも成功したようですしね。
ただ、お腹のたるみだけは戻らないようですなぁ。
気をつけなくちゃ!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。