» 路地猫のブログ記事


休日の早朝。
飲み屋街の路地裏を歩いてみると…

猫さんがいらしゃいました。

近寄ってみましょう。

『なんだなんだ?』

実はこの時、バイクの猫さんには気づいておりません。

『朝まで呑んだ酔っぱらいかな?』

いやいや、まだ呑んでません。酔っ払っていませんよ。

『酔っぱらいはみんなそう言うんだよね』

だから、酔っ払っていませんってば!

『面倒だから無視しようっと』

横を向いた茶トラさん。

それなら指の匂い嗅いで確認してみませんか?
『もう十分にお酒の匂い漂ってくるよ』

それはここが飲み屋街だから…

『酒臭っ!』

逃げて行ってしまった猫さん達。

『せっかくニンゲンが居ない時間にくつろいでいたのに…』

『お酒臭いおっさんに邪魔されちゃったね』

ピョン!

猫さん達、隙間にお隠れになったのでございました。

少し歩くと、お店の前に猫さん達が。

ご飯待ちのようですね。

『うん、もうすぐご飯持ってくるから邪魔しないでね』

はい、了解です。
美味しいご飯もらってくださいね。

隙間を覗くと、また別の茶トラさんが。

近くには、また別の茶トラさんがご飯待ちで座っていました。

この路地、いつの間にこんなに茶トラさんが多くなったのだろう?
そう思いながら路地を後にした自分でございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とあるガード下。
ラーメン屋さんの近くに猫さんを発見!

どこに居るかわかんないですよね。

こちらです。

自転車の向こうに白黒さんがいらっしゃいます。

お食事中のようですね。

『うん、ここでご飯貰ってるんだ』

ペロリと舌出した白黒さん。

『場所移転してご飯の場所が無くなるかと思ったんだけどね』

そうなんですよね。
このラーメン屋さん、ちょっと場所を移動したんですよね。
猫さんも一緒に移動したようでホッとしました。

ご飯はたっぷりと用意されていますね。

『おかげさまで食事には困らないよ』

5年前に移転前のお店の近くでもお会いした白黒さん。

まだまだお元気で過ごしてくださいね!

ガード下から繁華街に移動し歩いていると…
路地に猫さんを発見!

『あの建物も再開発かぁ』

工事中の建物を見つめています。

『再開発に再開発、この街も変わっていくんだねぇ』

『ま、猫を可愛がってくれる一は変わらないけどね』

そうですね。この街でも昔から住んでいる方々は猫さんを大事にしていますもんね。

『でもさ…街が変わるのはやっぱり寂しいねぇ』

黒白さん、呟きながら隙間に姿を消したのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある街の路地裏。
白黒猫がいらっしゃいました。

『ん~…見かけない人が来たなぁ』

『ちょっと様子を見ようか』

塀の上で腹ばいになる白黒さん。
近づいてみましょう。

おや?階段の下にも白黒さんがいらっしゃいますね。
『おやつでもくれるのかな?』

『食べ物は…持って無さそうだね』

はい、残念ながら食べ物は出ません。
でも…

 

『指の匂いは嗅がないよ!』

指を出そうとしたら塀から飛び降りてしまった白黒さん。
しまった!先手を取られてしまいました。

『指しか出てこないなら様子を見る必要もないな』

白黒さん達、階段の下に走っていきます。

『さ、お引き取りください!』

『あ~あ、やっぱりハズレのおっさんだったか』

白黒猫さんズ、ガッカリして姿を消してしまったのでございました。

路地裏を少し歩くと…
今度は塀の上に別の白黒さん発見!

『ん?もしやあれは…』

『連絡があったハズレのおっさんだ!』

連絡?さっきの白黒さん達から連絡があったのでしょうか?

『こっちも連絡しなくちゃ』

塀から飛び降りた白黒さん。

隙間から覗いてみると…

また別の白黒さんがいらっしゃいます!
そっか、この白黒さんに連絡したんですね。

隙間からではなく、上から覗き込んでみましょう。
二匹仲良くくっついています。

『指しか出ないのはわかってるからさ、さっさとどっか行ってよ』

白黒さんズに冷たい目で見られてしまい…
そそくさと退散する自分でございましたとさ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とあるお寺。
キジ白さんの姿を見かけました。

こちらです。
木ノ下にいらっしゃいます。

『知らない人が来ちゃった』

歩き出したキジ白さん。
どこに行くのでしょう?

『これからパトロールなんだから付いてこないでよ!』

耳だけこちらに向けて歩いて行くキジ白さん。

向こう側に茶トラさんの姿が見えますね。
カメラを向けてみましょう。

『え?写真は遠慮しておくよ』

茶トラさん、逃げ出してしまいました。

キジ白さんは墓地をパトロール。

一休みして毛繕いを始めました。

ではゆっくりモデルになってもらいましょうか。

『え?モデル?』

はい、写真のモデルです。

『美味しい物が貰えるならいいよ』

美味しい物…持っていないんですよねぇ。
と言った途端、キジ白さんは姿を消してしまったのでございます。

お寺の近くを歩くと、今度は三毛さんとお会いしました。

『なんだ?何の用?』

猫さんの写真を撮っています。
ちょっとモデルになってくださいな。

『美味しい物が貰えるならいいよ』

あいにく美味しい物は持っていない…
伝えた瞬間に三毛さんも姿を消してしまったのでございます。

しばし歩くと、今度は大きなキジ白さんとお会いしました。

さくら猫のキジ白さん、ちょっとモデルになってくださいませんか?
『モデル?』

はい、美味しい物は持っていませんけれども…

『美味しい物はもう食べたよ。これからお昼寝』

キジ白さん、ペロンと舌を出して隙間に消えていったのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



今回は、とある街(前回前々回と同じ)を散歩してお会いした猫さんを詰め合わせでお届けします。

まずは路地の真ん中に座っていたキジさん。

『あっ、知らない人が来た』

振り向いたキジさん。
ちょっと近づいてみます。

『逃げた方がいいかな?』

可愛いですねぇ。
逃げなくてもいいですよ~。

『ネコ歩きの人の真似してる…危ない人かも…』

いい子だねぇ。怖くないですよ~

『大丈夫かな?この人。全然似て無くて笑えるんだけど』

そんな似てなかったですか。
ガックリして歩き出すと…

また道路に出てきたキジさん。

惜しいなぁ。突き当りの道は暗渠。
そっちまで行ってくれたらニャン渠写真が撮れたのに!

『そんなの猫には関係ないじゃん!』

おっしゃるとおりでございます。
誰かを待っているようなキジさんの邪魔しちゃいけませんね。
そのまま歩き出します。

今度はアパートの室外機に猫さんを発見!

『ん?誰か見ているようだけど…』

『ここまでは来れないだろう』

人が入ってこれない場所で安心してくつろぐ茶トラさんでございました。

散歩を続けます。
今度は石碑の横に黒さんを発見!

毛繕い中ですね。

『変なおっさんが見てるなぁ』

可愛いですねぇ。怖くないですよ~。

『え?その話し方…ネコ歩きの人なの?』

え?いやぁ…モゴモゴ…

『ネコ歩きの人ならポーズしなくちゃ』

座ってポーズを取ってくださった黒さん。
ありがとうございます!

『あれ?なんか違うなぁ』

しまった。
可愛いねぇ。いい子だねぇ。

『ネコ歩きの人じゃないみたいだなぁ』

ポリポリ体を掻く黒さん。

『あんた誰?』

単なる猫好きのおっさんです。

『なんだよ。テレビに出たりデパートの写真展に飾られたりすると思ったのに…』

『ポーズ取って損しちゃった』

いや、ブログで紹介されたり、猫がいる飲食店で写真飾られたりするかもですよ!

『規模が違うよなぁ』

『あ~気を遣って損しちゃった!』

って黒さん。
だらけすぎでしょう!

『もう相手しなから話しかけないでよ』

ペロペロペロ…

最後にもう一回ポーズを…
そんな願いを聞きもせず、毛繕いを続けるのでございました。

猫ボランティさんの登録制度もあるこの街。
猫さんを街の皆さんで見守っています。
ニンゲンも猫さんもお元気で過ごしてくださいね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある神社。
トコトコ歩いている三毛さんにお会いしました。

『神社の写真撮ってるのかな?邪魔しないようにしようっと』

歩いて行く三毛さん。

『ここはOK!次は…』

『手水場のチェック』

三毛さん、神社のパトロールをしているんですね。

『あれ?神社の写真撮ってたんじゃなかったの?』

いや、猫さんを探して写真を撮っていたのです。

ちょっとご挨拶、よろしいですか?
『な…なに?それ!』

指を出したらビックリしちゃった三毛さん。

『それで何をしろと言うの?』

いやね、匂いを嗅いでくださったら嬉しいなぁ。ってね。

『そんなお酒臭い指の匂い、嗅がないわよ』

『パトロール中なんだから邪魔しないでちょうだい』

でも…せっかくお会いしたんだから…
ね?

『嗅がないって言っているでしょ!』

『ホントにお仕事中なんだから、どこか行ってちょうだい!』

三毛さんに相手されず、追い払われてしまった自分なのでございました。

神社から歩き出すと…
マンションの玄関で黒白さんにお会いしました。

こちらもパトロール中でしょうか?

長い尻尾の黒白さん。
植え込みの前で一休み。

『う~ん…見かけない人が居るけど…』

『ま、いいか』

毛繕いを初めた黒白さん。
ここで一休みのようですね。

『違うよ、ちゃんと見て!』

え?

駐車しないか監視していたのですね。

お仕事のお邪魔してしまって失礼致しました!
なんて言葉とは関係なく、毛繕いを続ける黒白さんなのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある街を散歩中、空き地にハチワレさんを見かけました。

『見かけない人が来たよ』

『もしかして差し入れでも持ってきたの?』

ハチワレさん、人懐こい猫さんのようでニャーニャー鳴いて話しかけてきます。

差し入れはないけど、指なら出ますよ!

ご挨拶してみましたが…

『そんなお酒臭い指、いらな~い』

ハチワレさん、後ずさりしていってしまいました。

『あんた、なにやってるんだい?』

声がしたので見回してみると…あんな所にも猫さんが!
あなたこそなにやっているんですか?

『なになに?差し入れ持ってきた人?』

別の白黒さんも顔を出します。

ご挨拶してみましょう。
『くんくん…』

『うわっ!』

目が真ん丸になっちゃった白黒さん。

『お酒臭っ!』

踵を返していってしまいました。

『あぁお酒臭かった』

そんなお酒臭いですか?
まだ呑んでないんだけど…

『そんなお酒臭い指から差し入れは要らないね』
『うん、要らないね!』

どうやら自分、追い払われてしまうようです。

『そんなにお酒臭いのかい?』

上から高みの見物をしていた猫さん。
そんなにお酒の匂いしないと思うんですけどねぇ。
嗅いでみますか?

『匂い嗅ぐ気はないけど…なかなか面白い見せ物だったよ』

『さ、お帰りはあっちだ!』

見下ろしていた猫さんからも追い払われてしまった自分なのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある路地。
発泡スチロールの箱を物色中の猫さんを見かけました。

『おや?誰か来たね』

『ちょっと様子を見に行ってみようか』

こちらに歩いてきたサビさんですが…

自分の横をサササッと通り抜けます。

『変な人じゃないみたいだけど…』

立ち止まってニャァと鳴くサビさん。
ちょっと撫でさせていただきましょうか。

『うわっ!撫でられた!』

撫で撫で撫で…

『なによ、気持ちいいじゃない』

おとなしく撫でられるサビさん。

今度は腰をポンポン♪

続いて首を…
『首はいいわよ~っ!』

立ちあがっちゃったサビさんですが…

『あんた、酒臭いのに良い撫で方するわねぇ』

お気に召してくださったようです。

では、再び撫で撫で♪

『ふぅ、気持ち良かった』

もう満足ですか?
ではそろそろ移動…

『もうちょっと撫でなさいよ』

またまた擦り寄ってきたサビさん。

では、三度撫で撫で♪

『ありがとう。お昼寝前のいい暇つぶしになったわ』

路地の奥に消えていったサビさん。

なるほど、ここが食堂になっていたのですね。

お食事後、お昼寝前のいい暇つぶしにされてしまった自分ですが…
それはそれで、猫さんにかまってもらえたので良しとしましょう。
サビさん、お元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



早朝、とある街を猫散歩。
おや?路地に黒さんがいらっしゃいますよ。

実は手前にも猫さんがいらっしゃいます。

ポリデントさんです。

この箱、猫さん用でしょうか?
販売用に使っていたのを猫さんに流用したのでしょうか?

何にせよ、お気に入りのご様子。

『ねぇ、何やってるの?』

黒さんが顔を上げました。

自分の方にやって来たので、指を出してご挨拶。

そのまま撫でさせていただきます。

撫で撫で撫で…

『あそこにも猫がいるの気付いた?』

見上げる黒さん。
え?どこに?

あっ!あんな所で寝てる!

室外機の上で気持ちよさそうに眠る茶トラさん。

『ね、居たでしょ!』

教えてくださってありがとうございます!
お礼の撫で撫で♪

『こっちもかまってよ~』

ポリデントさんが箱から出てきて伸びをしています。

では、ポリデントさんも撫で撫で。

喉も撫で撫で♪

顔を擦り付けてくるポリデントさん。

『気持ち良かったよ!』

『でも…もうちょっと撫でて欲しいなぁ』

ベロをしまい忘れているポリデントさん。

いいですよ!喜んで!

撫で撫で再開です。

『あ、そこ。気持ちいい~』

ポリデントさん、次第にゴロンとしてしまいました。

では、胸をモフモフさせていただきましょう!

モフモフモフモフ…

『ふぅ』

滿足して頂けたようです。

ポリデントさん達、これからご飯かな?

撫でさせてくれてありがとね。

黒さんもありがとね。

猫さん達にお礼を言って移動します。

そうそう、茶トラさんは室外機の上でまだまだ熟睡中なのでございました。

耳カット猫さん達、まだまだお元気でいてくださいね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある路地。
空き地に猫さんの姿が見えました。

『知らない人が来たわね』

麦わらさんのようです。

『あっちに行きましょ』

スタスタ歩き始めた麦わらさん。

『この辺でいいかしら』

電柱の前で一休み。

あれ?向こうにも…

『三毛が居るのわかった?』

実は写真を撮っている時には気付いてなかったりして…

『注意力が足りないわねぇ』

面目ない。

でも、もう一匹三毛さんがいらっしゃるのには気付きましたよ!

皆さんこれから女子会でしょうか?

お邪魔しないように立ち去るとしましょう。

少し歩くと、また三毛さんにお会いしました。

ゴミステーションの見張り番をしているのかな?

『知らない人が来ちゃった』

柵の向こうに隠れた三毛さん。

『離れた場所にゴミ捨てに来ちゃダメだからね!』

『ちゃんと見ているんだから!』

隠れても見張り番を続ける三毛さんなのでございました。

少し歩くと、階段の下に猫さんの姿を発見!

また三毛さんです。

三毛さん、お体がなかなかふくよかですねぇ。

『なかなかいい物、食べさせてもらってるわよ』

耳カットで目がパッチリした三毛さん。
地域猫として可愛がられているようです。

この日の猫散歩。
何故か三毛さんや麦わらさん、女の子ばかりとお会いしたのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。