» 丸吉玩具店のブログ記事


大型連休の前半、立石の丸吉玩具店さんにおじゃましております。

純平くんを膝に乗せて足が痺れてきたので…
ちょっと外に出てみます。

『おいおい、俺様を置いてどこに行くんだ?』

後を付いてきた純平くん。
ちょっと外で一休みしてきますからね。
純平くんは店頭で看板猫のお仕事をしていてくださいな。

『店頭でかぁ…』

『俺様はレジ担当だから外の営業には向かないんだよな』

思案顔の純平くんを置いて、横の路地に行くと…

リカちゃんが日向ぼっこしていました。

『ここは暖かくて収まりもいいしお気に入りなの』

リカちゃんも高齢ですからね。
のんびりと日向ぼっこしてくださいな。

『撫で係~っ!あっ、居た!』

純平くん、こっちまで来ちゃいましたか。

『そこに座って、もっと俺様を構いなさい!』

しょうがないですねぇ。
と路地であぐらをかくと…

『よいしょっと』

え?乗ってくるの?

『いつもと乗り心地は違うけど…』

『外での膝乗りもなかなかいいな』

純平くん、自分の膝を揉み揉みして…

すっかり落ち着いてしまいましたよ。

『ほら、俺様を撫でなさい!』

はいはい、ちょっと恥ずかしいけど撫で撫で。

『俺様は恥ずかしくないから気にするな!』

そりゃ君は恥ずかしくないでしょうけどねぇ。

『純平、気持ち良さそうだね』

おや?リカちゃんもやってきましたよ。

んじゃ、リカちゃんも撫でましょうね。

撫で撫で撫で…

気持ち良さそうに丸まっちゃった♪

続いてモフモフモフ♪

と、普通に撫でたりモフったりしているようですが…

こんな状態でリカちゃんを撫でながら写真を撮っていたりしたのです。

無理な体勢で撫でたり写真撮っていたので体が痛くなってしまいました。
ちょっとお風呂に行って体をほぐすとしましょう。

『体が痛くなっても撫でるなんて、アホだねぇ』

最後はアホにアホって言われてしまった自分。
アホって言う奴がアホなんだからな!
いつものセリフを逆に言い返して立石を後にしたのでございました。

丸吉玩具店さん、猫さん達。
今回もありがとうございました!
またお邪魔します。皆さんお元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



大型連休の前半、立石の丸吉玩具店さんにおじゃましております。

店頭で看板猫のお仕事中のカケちゃん。

カケちゃん、偉いですねぇ。

『そうだよ、カケちゃんは偉いんだよ!』

怖い方の顔で、さらに偉そうにするカケちゃん。

『え?聞こえなかったよ。誰が偉いって?』

純平くん、カケちゃんが偉いって言ったんですよ。

『偉い?仕事しないで横の路地に行っちゃったぞ』

あれ?ホントだ。
ちょっと見に行ってみましょう。

カケちゃん、自転車の横で毛繕いをしています。

カケちゃん、お仕事は?

『いっぱい仕事したから休憩中だよ!』

『指出して休憩の邪魔するんじゃないよ!』

カケちゃん、威嚇体勢に入ってしまいました。

爪が出てます!

せめて爪を引っ込めてくださいよ~。

『カケちゃ~~ん…』

『クロー!』

グサッ!
カケちゃん、痛い痛い!

『カケちゃんが休んでいるところ邪魔するから痛い目にあうんだよ』

『痛い目にあっても、まだ邪魔しようってのかい?』

カケちゃん、目がイッちゃってます。
怖いカケちゃんがさらに怖くなってる!

『わかったら純平の相手でもしてな!』

カケちゃんをこれ以上凶暴化させたら商店街が危ない!
さっさとお店に避難する自分。

『カケ、凶暴化したら手がつけられないからね』

そうですね。サンペイくんは身を持って知ってますもんね。

『あんな時は放っておくのが一番だよ』

コバナちゃんからもアドバイスが。

『ほら、純平が待ってるよ』

そうですか、純平くんが待っていますか。

で、結局…

カケちゃんに言われたとおり、純平くんの相手をする自分なのでございましたとさ。

丸吉猫さんズ、もう一回続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



大型連休の前半、立石の丸吉玩具店さんにおじゃましております。

店頭ではカケちゃんが客引き中。

客引きと言うよりも、お店に入るお客さんの邪魔をしているようにしか見えませんが。

『カケちゃん、お仕事ご苦労様』

ご挨拶してカケちゃんを撫でようとすると…

『いま仕事中だから邪魔しない!』

ガブリとやられてしまいました!

『カケちゃんはお仕事中は遊ばないんだからね!』

『邪魔すると…こうだよ!』

あ、カケちゃんパンチの体勢。
看板猫のお仕事にプライド持っているんですねぇ。
では邪魔しないように離れて見るとしましょう。

『ふぅ、疲れちゃった』

あれ?ゴロ~ンとしてる。
お仕事中は遊ばないんじゃ…

『これは休憩。メリハリ付けて仕事してるんだよ!』

あ、そうですか。そうですね。
そういう事にしておきましょう。

『俺様もメリハリ付けて仕事してるぞ!』

え?純平くんの場合は、自分の膝に乗ってメリメリって感じで…

ほら、またすぐ乗ってくる!

膝に乗った純平くんの頭越しにカケちゃんをパチリ。

『メリハリって…日本酒の?』

わっ!サンペイくん。居たんですか。
日本酒はシメハリでしょ?メリハリとは違いますよ。

『あ…違ったのか』

照れ隠しに歩き出すサンペイくん。

『サンペイがまたアホな事言ったみたいだねぇ』

カケちゃんも呆れ顔で見ています。

『なぁ、撫で係。アホの相手していないでさぁ、俺様を膝に…』

いや、君が膝に乗ると暑いからもういいです。

『あ、またアホが来た』

一旦姿を消したサンペイくん。
お店の奥から出てきました。

『今アホって言ったでしょ?』

いや、言ってないですよ。
アホなんて。

『アホって言う奴が…』

『アホなんだからね!』

いつものフレーズを叫んで外に出ていったサンペイくん。

ピコ太郎のガチャガチャの前で一休み。

え?ピコ太郎?
アレですね!
♪アイハブアキャット! アイハブアアッポー!ウ~~~~ン アッホーキャット!

『ろっちさん、ネタが古いよ』

サンペイくんに呆れられてしまった自分でございました。
なんで流行っていた昨年末にこのネタ思いつかなかったんだろう?
自分のアホアホ!

と、アホの前でアホって言いながら…
次回に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



大型連休の前半、昼呑みと猫さんを楽しみにやってきたのは立石。
おなじみの丸吉玩具店さんにご挨拶。

まずは横の路地を覗くとリカちゃんがいらっしゃいました。

こんにちは、リカちゃん。

撫でると、ペッタリしちゃったリカちゃん。

気持ち良さそうに横になって…

伸び~~~っ!

ゴロンとしちゃったからにはモフらせていただきますよ!
『気持ちいいねぇ』

手を上げてモフらせてくれたリカちゃん。

『ふぅ、満足した♪』

満足して頂けたようです。
しかしリカちゃん、尻尾長いねぇ。

『♪尻尾の長さは負けないよ~♪』

あ、鼻歌交じりでサンペイくんがやって来ました。

『あ、アホがやって来た』

リカちゃん、アホって言っちゃダメ!

『だってアホはアホじゃない?』

そりゃそうなんですけどね。
でもね、アホアホ言うと…

『今アホって言ったでしょ!アホって言う奴がアホなんだからね!』

ほら、お決まりのセリフが出ちゃった!

『アホなんか放っておきなさいよ。中で純平が待ってるわよ』

そうですね、アホなんか放っておいて中に入るとしましょう。

お店に入ると、レジ台で純平くんが待ち構えていました。
『撫で係!待っていたぞ!』

純平くん、ごめんね。
三平くんの写真を撮っていたので。

『アホの相手なんかしてないで、早く椅子に座りなさい!』

はいはい、座りますよ。

『んじゃいつも通り…』

よいしょ、と膝に乗ってくる純平くん。

ド~~~~ン!

『なんか凄い効果音がしたような…』

え?そうですか?
気のせい気のせい!

『そ…そうか、気のせいか』

純平くんを撫でてごまかす自分。

『うんうん、気持ちいいぞ!』

気持ち良さに変な顔になっていますなぁ。

『なんか言ったか?』

いや、何も言ってないですよ。

『あ、カケが出てきたぞ』

自分の膝からレジ台に移った純平くん。
カケちゃんが表に出ていったのを知らせてくださいました。
では、ちょっとカケちゃんにもご挨拶しに行きましょう。
続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



4月上旬の週末、立石の丸吉玩具店さんにおじゃましております。

『いらしゃいませ!』

看板猫のお仕事をする純平くん。

『何も買っていかなかったよ。俺様の営業力が足りなかったのか?』

悔しがる純平くん。
そうですね、まだまだ精進が必要ですね。

『くそ~っ!ちゃんと仕事しようとしてたのに!』

うん、珍しく仕事してたのにねぇ。

『なぁ、気分転換に膝に乗っていいか?』

え?さっきも乗ったのに?

『まぁ堅い事は言わずに』

膝に乗ってくる柔らかい純平くん。

『ヨイショっと』

純平くん、尻尾が顔に当たって邪魔ですよ!

『はいはい、これならいいだろ?』

デーンと膝の乗った純平くん。
尻尾は邪魔じゃなくなったけど、とても重いです。

『俺様は気持ちいいんだからいいんだよ!』

撫でられてご満悦の表情の純平くん。

『あ、また客が来たよ。今度こそ何か買わせてやるからな!』

膝から降りて看板猫の仕事を再開する純平くん。

『純平、珍しくやる気になってるわね』

ねぇ、リカちゃんもそう思いますか。

『お店が混んできたから、私は外に行くね』

お客さんが数組いらしたので、外に出ていくリカちゃん。

追いかけてみましょう。

リカちゃんが行った先にはトシエさんが。

『あ、リカちゃん。一緒にのんびりしましょ』

トシエさん、猫ハウスに入ってリカちゃんとツーショット。

しばらく二匹を撫でて遊んでいただきました♪

さて、満足したし…
そろそろ移動するとしましょうか。

『撫で係!どこに行っていたんだ?』

リカちゃんとトシエさんと遊んでましたよ♪

『そうか。んじゃ俺様をまた膝に乗せて…』

いやいや、そろそろ移動するんでね。
もう膝には乗せませんよ!

『え~っ?行っちゃうのか?そうか…』

寂しそうな表情を見せる純平くん。
でも、お風呂に入りに行きたいんですよ。
ゴメンね。

ご挨拶して丸吉玩具店さんを後にしたのでございます。
丸吉さん、猫さん達、今回もありがとうございました!
実は4月下旬にも丸吉さんにお邪魔しているのですが、その様子はまた今度。

さて、立石からバスに乗って移動。
向かうのは…あの銭湯でございますよ!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



4月上旬の週末。
昼呑みとセットでやって来たのは、おなじみ立石の丸吉玩具店さんです。

まずは横の路地でトシエさんにご挨拶。

『あら、いらっしゃい』

トシエさん、また撫でさせてくださいな。

『う~ん…どうしようかしらねぇ』

『さっき他の人にいっぱい撫でられて眠いのよねぇ』

大あくびをするトシエさん。

ポリポリ体を掻いて…

『お店の中のリカちゃんを撫でてきたら?』

この日はちょっとつれなかったトシエさん。
寝床に戻られてしまったので、お店に入って他の猫さん達にご挨拶するとしましょう。

中に入ると、いつもの場所にリカちゃんが寝ています。

リカちゃん、こんにちは!

『あら、いらっしゃい』

早速リカちゃんを撫でさせていただきます♪

しばし撫でた後…
『奥にみんなが居るから会ってきたら?』

あ、みなさん奥にいらっしゃるのですね。
では、ちょっとお邪魔しますね。

まずは棚で寝ていたコバナちゃんにご挨拶。

奥の部屋では、カケちゃんがカゴに入ってお休み中。

カケちゃん、可愛いですねぇ。

乱暴者とは思えない可愛さです!

近くの箱ではサンペイくんが丸まってお休み中。

あれ?一匹足りませんねぇ。
レジの方に戻ってみると…

『俺様が待っていたのにどこに行っていたんだ!早く座れ!』

ガリガリ爪を研いで怒る純平くん。

はいはい、お待たせしました。
では座りますね。

椅子に座ると、早速膝に乗ってくる純平くん。

『あぁ…撫で係の膝はたまらんねぇ』

自分の膝の上でうっとり顔の純平くん。

でも純平くん。
お客さんが来ちゃいましたよ!
一旦膝から降りて看板猫のお仕事をしてくださいね。

と言う所で…
後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



3月の週末、立石の丸吉玩具店さんにお邪魔しております。

カケちゃんが奥の部屋にいると聞き、見せて頂きました。
『何しに来たの!』

カケちゃん、そんな怖い顔で睨まないでください。

『カケはホント怖いよね』

何故かコードを踏んでいるサンペイくん。
ねぇ、怖いよねぇ。

その怖いカケちゃん。
箱に入ってお休みになってしまいました。

『ほら、ちょっとなら撫でていいよ』

え?撫でるんですか?
怖いけど…

恐る恐る撫で撫で…
『うん、気持ちいいよ』

『ほら、もっと撫でる!』

おっと、カケちゃんパッチが飛んできました!
ヒラリと躱す自分。

『カケちゃんのパンチを躱すんじゃないよ!』

パンチを繰り出すカケちゃん。
怖すぎるのでちょっと距離を取るとしましょう。

『カケより可愛いボクの写真を撮ったら?』

サンペイくん。可愛いかどうかは別にして…
スリッパを前にすると余計アホっぽく見えますよ。

『てへっ、スリッパ邪魔だったね』

アホっぽいながらも可愛い表情を見せてくれたサンペイくん。
今回はアホに反応してくださらなかったのでございます。

『撫で係~っ!待ちかねたぞ~っ!』

お店に戻ると、純平くんが待ち構えていました。

『さ、座って俺様を膝に乗せなさい』

なんでここの猫さん達は自分い命令口調ばかりなんでしょうねぇ?
まぁいいけど。

座ると、早速膝に乗ってきた純平くん。

恍惚の表情を見せてくださいました。

下を見ると、リカちゃんが伸び~。

リカちゃんもちょっと撫でさせて頂きましょう!

撫で撫で…モフモフ…

リカちゃんも気持ち良さそうにしてくださったのでございます。

さて、そろそろ移動するとしましょう。
お店に出てきて箱で眠るサンペイくんにご挨拶して…

熟睡していて返事無いですね。

横で寝る、コバナちゃんにもご挨拶。

『これからまた呑みに行くんだろ?』

カケちゃんがお見送りに来てくださいました。

『あまり呑みすぎないようにね』

怖いカケちゃんに優しい言葉を掛けられてお店を後にした自分。

丸吉玩具店さん。いつもありがとうございます!
またお邪魔します。皆さんお元気で!

さて、呑みに行く前に一風呂浴びるとしましょう。
立石駅前通りからバスに乗って向かったのは…

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



3月の週末。
立石の丸吉玩具店さんにお邪魔しております。

『お?撫で係、戻ってきたな』

店頭でお仕事していたはずの純平くん。
いつの間にかレジ台に戻っています。

『たい焼きを買ってきたのか』

匂い嗅いでも、純平くんは食べられませんからね!

ふと見ると、カケちゃんが入り口に座っていますよ。

『お客さんだよ!』

しっかり客引きしてきたカケちゃん。
誰かさんとは大違いですねぇ。

お仕事の後は、お水を飲むカケちゃん。

ぴちゃぴちゃぴちゃ…

『飲んでるところ写真に撮るんじゃないよ』

イカ耳になってしまいました。

お水を飲んだ後は、ゴロ~ンと転がってリラックスするカケちゃん。

そして商店街の平和を守るべくパトロールに行ってしまいました。

『カケはパトロールに行っちゃったから…』

はい、トシエさん。
わかっていますよ。

撫で撫で撫で…

撫でていると、やっぱりゴロ~ンとしちゃった♪

んで、自分の手を枕にして寝ちゃうトシエさん。

『寝てないよ。喉も撫でてね』

はい。撫で撫でモフモフ♪

『ふぅ、気持ち良かったよ』

『カケも中に戻ったみたいだから、ろっちさんもお店に戻ったら?』

そうですね。
いっぱい撫でさせていただいたし、お店に戻ってカケちゃんの姿でも確認するとしましょう。

お店に戻ると…
リカちゃんが丸まってお休み中。

『ん…まぶしい…』

なんか仕草がキンちゃんそっくりですね。

リラックスして寝るリカちゃん。

ゆっくりお休みくださな。

さて、カケちゃんはどこに行ったのでしょうね?
『カケなら奥の部屋に居るよ』

あ、純平くん。教えてくれてありがとう。
では、カケちゃんの様子を見に…
『おい!俺様を放っておくのか!?』
なんか聞こえたけど、無視して次回に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



3月の週末、立石へ。
モツ焼き屋さんで昼酒を楽しんだ後、丸吉玩具店さんに戻ると…

リカちゃんがストーブ前でお食事中。

リカちゃんにご挨拶していると…

『撫で係の声がしたぞ~っ!』

純平くんが登場です。

『ほら、早く椅子に座りなさい』

こんにちはの挨拶無しで、いきなり命令ですか。

はいはい、座りましたよ。
『よし、座ったな』

『よいしょ』

純平くん、爪が痛いです!

『文句言わず、俺様を撫でなさい!』

はいはい。
膝に乗った純平くんを撫で撫で…

『ふぅ♪撫で係の膝の上で撫でられるのはたまらんねぇ』

気持ち良くて変な顔になっちゃってる純平くん。

自分お膝の上でまったり過ごすのでございます。

重いけどね。オコゲあるけどね。

『重さは関係ない。俺様が気持ちよければそれで…ふぅ』

あぁそうですか。
でもね、足が痺れてきたんでちょっと降りてもらっていいですか?

『これくらいで痺れるなんて修行が足りないんじゃないか?』

いやぁ、この歳になって重い物を膝に乗せ続ける修行は、あまりしたくないですなぁ。

ねぇ、リカちゃん。
『え?私に振らないでよ』

『私は純平には興味ないんだから』

リカちゃんは赤猫さんにしか興味ないですもんね。
と、リカちゃんをちょっと撫でた後…
デザートの買い出しに行ってきましょうか。

『お?撫で係。どこに行くんだ?』

ちょっと買い物にね。

『俺様も行くぞ!』

店頭に付いてきた純平くん。

『あ…人目もあるし一応仕事しているふりをするか』

ま、一応看板猫さんですからね。
お仕事してください。

『ほら、そこのお客さん。純平様がおすすめするのはこのおもちゃだぞ!』

『って、誰も寄ってこないな』

店頭で客引きを始めた純平くん。
がんばってくださいね。
と、放って置いてデザートを買いに行く自分なのでございました。

丸吉猫さんズ、続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



今回からは、立石の丸吉玩具店さんの看板猫さんズをお届けしていきます。

まずはいつも通り横の路地を覗くと…
猫小屋の上にトシエさんがいらっしゃいます。

まったりお休み中のトシエさん。

『ん…いらっしゃい』

目を開けてご挨拶してくださいました。

では、ちょっとだけ撫でさせて頂きましょう。

撫で撫で撫で…

あらら?

すぐにゴロ~ンとしちゃいましたよ。

んじゃ、モフらせていただきますね。

モフモフモフ…

気持ちよさそうにしてくださったトシエさん。

『ほら、もっと撫でてよ』

はい、では頭を撫で撫で…

『気持ちいいですねぇ』

伸びて、さらに催促してくるトシエさん。

今度は首筋を撫で撫で。

お腹も撫で撫で。

足が伸び切っちゃってますよ!

『あら恥ずかしい』

あ、縮んだ。

『気持ちいいから伸びちゃうの』

満足してくださっているようで嬉しいですねぇ。

『ほら、もっと撫でて』

は…はい。

撫で撫で撫で…

『気持ちいいわねぇ』

とてもリラックスしてくださったトシエさん。

『ありがとね。中のみんなにも挨拶してらっしゃい』

はい、また後で撫でさせていただきますからね。

トシエさんに挨拶して、丸吉玩具店さんにお邪魔します。
カウンターの電気ストーブの前には…

今は亡きキンちゃんの代わりにリカちゃんが。
キンちゃんの後をしっかり引き継ぎましたね。
リカちゃんの方が年上だけど。

『誰かが居なくなっても役目を引き継ぐのが看板猫の世界なの』

ご挨拶してくださったリカちゃん。
キンちゃんを大好きだったから、余計その意志を引き継ぐのでしょうか?

丸吉さんご挨拶した後は、いつものモツ焼き屋さんで昼呑み♪

お腹も満足した後は…
また猫さん達にお相手して頂くとしましょう。

続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。