» 丸吉玩具店のブログ記事


3月の週末、立石の丸吉玩具店さんにお邪魔しております。

カケちゃんが奥の部屋にいると聞き、見せて頂きました。
『何しに来たの!』

カケちゃん、そんな怖い顔で睨まないでください。

『カケはホント怖いよね』

何故かコードを踏んでいるサンペイくん。
ねぇ、怖いよねぇ。

その怖いカケちゃん。
箱に入ってお休みになってしまいました。

『ほら、ちょっとなら撫でていいよ』

え?撫でるんですか?
怖いけど…

恐る恐る撫で撫で…
『うん、気持ちいいよ』

『ほら、もっと撫でる!』

おっと、カケちゃんパッチが飛んできました!
ヒラリと躱す自分。

『カケちゃんのパンチを躱すんじゃないよ!』

パンチを繰り出すカケちゃん。
怖すぎるのでちょっと距離を取るとしましょう。

『カケより可愛いボクの写真を撮ったら?』

サンペイくん。可愛いかどうかは別にして…
スリッパを前にすると余計アホっぽく見えますよ。

『てへっ、スリッパ邪魔だったね』

アホっぽいながらも可愛い表情を見せてくれたサンペイくん。
今回はアホに反応してくださらなかったのでございます。

『撫で係~っ!待ちかねたぞ~っ!』

お店に戻ると、純平くんが待ち構えていました。

『さ、座って俺様を膝に乗せなさい』

なんでここの猫さん達は自分い命令口調ばかりなんでしょうねぇ?
まぁいいけど。

座ると、早速膝に乗ってきた純平くん。

恍惚の表情を見せてくださいました。

下を見ると、リカちゃんが伸び~。

リカちゃんもちょっと撫でさせて頂きましょう!

撫で撫で…モフモフ…

リカちゃんも気持ち良さそうにしてくださったのでございます。

さて、そろそろ移動するとしましょう。
お店に出てきて箱で眠るサンペイくんにご挨拶して…

熟睡していて返事無いですね。

横で寝る、コバナちゃんにもご挨拶。

『これからまた呑みに行くんだろ?』

カケちゃんがお見送りに来てくださいました。

『あまり呑みすぎないようにね』

怖いカケちゃんに優しい言葉を掛けられてお店を後にした自分。

丸吉玩具店さん。いつもありがとうございます!
またお邪魔します。皆さんお元気で!

さて、呑みに行く前に一風呂浴びるとしましょう。
立石駅前通りからバスに乗って向かったのは…

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



3月の週末。
立石の丸吉玩具店さんにお邪魔しております。

『お?撫で係、戻ってきたな』

店頭でお仕事していたはずの純平くん。
いつの間にかレジ台に戻っています。

『たい焼きを買ってきたのか』

匂い嗅いでも、純平くんは食べられませんからね!

ふと見ると、カケちゃんが入り口に座っていますよ。

『お客さんだよ!』

しっかり客引きしてきたカケちゃん。
誰かさんとは大違いですねぇ。

お仕事の後は、お水を飲むカケちゃん。

ぴちゃぴちゃぴちゃ…

『飲んでるところ写真に撮るんじゃないよ』

イカ耳になってしまいました。

お水を飲んだ後は、ゴロ~ンと転がってリラックスするカケちゃん。

そして商店街の平和を守るべくパトロールに行ってしまいました。

『カケはパトロールに行っちゃったから…』

はい、トシエさん。
わかっていますよ。

撫で撫で撫で…

撫でていると、やっぱりゴロ~ンとしちゃった♪

んで、自分の手を枕にして寝ちゃうトシエさん。

『寝てないよ。喉も撫でてね』

はい。撫で撫でモフモフ♪

『ふぅ、気持ち良かったよ』

『カケも中に戻ったみたいだから、ろっちさんもお店に戻ったら?』

そうですね。
いっぱい撫でさせていただいたし、お店に戻ってカケちゃんの姿でも確認するとしましょう。

お店に戻ると…
リカちゃんが丸まってお休み中。

『ん…まぶしい…』

なんか仕草がキンちゃんそっくりですね。

リラックスして寝るリカちゃん。

ゆっくりお休みくださな。

さて、カケちゃんはどこに行ったのでしょうね?
『カケなら奥の部屋に居るよ』

あ、純平くん。教えてくれてありがとう。
では、カケちゃんの様子を見に…
『おい!俺様を放っておくのか!?』
なんか聞こえたけど、無視して次回に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



3月の週末、立石へ。
モツ焼き屋さんで昼酒を楽しんだ後、丸吉玩具店さんに戻ると…

リカちゃんがストーブ前でお食事中。

リカちゃんにご挨拶していると…

『撫で係の声がしたぞ~っ!』

純平くんが登場です。

『ほら、早く椅子に座りなさい』

こんにちはの挨拶無しで、いきなり命令ですか。

はいはい、座りましたよ。
『よし、座ったな』

『よいしょ』

純平くん、爪が痛いです!

『文句言わず、俺様を撫でなさい!』

はいはい。
膝に乗った純平くんを撫で撫で…

『ふぅ♪撫で係の膝の上で撫でられるのはたまらんねぇ』

気持ち良くて変な顔になっちゃってる純平くん。

自分お膝の上でまったり過ごすのでございます。

重いけどね。オコゲあるけどね。

『重さは関係ない。俺様が気持ちよければそれで…ふぅ』

あぁそうですか。
でもね、足が痺れてきたんでちょっと降りてもらっていいですか?

『これくらいで痺れるなんて修行が足りないんじゃないか?』

いやぁ、この歳になって重い物を膝に乗せ続ける修行は、あまりしたくないですなぁ。

ねぇ、リカちゃん。
『え?私に振らないでよ』

『私は純平には興味ないんだから』

リカちゃんは赤猫さんにしか興味ないですもんね。
と、リカちゃんをちょっと撫でた後…
デザートの買い出しに行ってきましょうか。

『お?撫で係。どこに行くんだ?』

ちょっと買い物にね。

『俺様も行くぞ!』

店頭に付いてきた純平くん。

『あ…人目もあるし一応仕事しているふりをするか』

ま、一応看板猫さんですからね。
お仕事してください。

『ほら、そこのお客さん。純平様がおすすめするのはこのおもちゃだぞ!』

『って、誰も寄ってこないな』

店頭で客引きを始めた純平くん。
がんばってくださいね。
と、放って置いてデザートを買いに行く自分なのでございました。

丸吉猫さんズ、続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



今回からは、立石の丸吉玩具店さんの看板猫さんズをお届けしていきます。

まずはいつも通り横の路地を覗くと…
猫小屋の上にトシエさんがいらっしゃいます。

まったりお休み中のトシエさん。

『ん…いらっしゃい』

目を開けてご挨拶してくださいました。

では、ちょっとだけ撫でさせて頂きましょう。

撫で撫で撫で…

あらら?

すぐにゴロ~ンとしちゃいましたよ。

んじゃ、モフらせていただきますね。

モフモフモフ…

気持ちよさそうにしてくださったトシエさん。

『ほら、もっと撫でてよ』

はい、では頭を撫で撫で…

『気持ちいいですねぇ』

伸びて、さらに催促してくるトシエさん。

今度は首筋を撫で撫で。

お腹も撫で撫で。

足が伸び切っちゃってますよ!

『あら恥ずかしい』

あ、縮んだ。

『気持ちいいから伸びちゃうの』

満足してくださっているようで嬉しいですねぇ。

『ほら、もっと撫でて』

は…はい。

撫で撫で撫で…

『気持ちいいわねぇ』

とてもリラックスしてくださったトシエさん。

『ありがとね。中のみんなにも挨拶してらっしゃい』

はい、また後で撫でさせていただきますからね。

トシエさんに挨拶して、丸吉玩具店さんにお邪魔します。
カウンターの電気ストーブの前には…

今は亡きキンちゃんの代わりにリカちゃんが。
キンちゃんの後をしっかり引き継ぎましたね。
リカちゃんの方が年上だけど。

『誰かが居なくなっても役目を引き継ぐのが看板猫の世界なの』

ご挨拶してくださったリカちゃん。
キンちゃんを大好きだったから、余計その意志を引き継ぐのでしょうか?

丸吉さんご挨拶した後は、いつものモツ焼き屋さんで昼呑み♪

お腹も満足した後は…
また猫さん達にお相手して頂くとしましょう。

続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



2月下旬の週末、立石の丸吉玩具店さんにおじゃました時の様子をお届けしております。

お店に入ると、棚でくつろぐコバナさんと目が合いました。

コバナさんは、あまり人馴れしていませんから、遠くで見るだけにしておきましょう。

ストーブ前のボックスでは、リカちゃんが熟睡。

キンちゃんがいつも居た場所で、キンちゃんと同じようにリラックスして寝るリカちゃん。
リカちゃんはホントにキンちゃんが大好きだったのですね。

『俺様もキンちゃん大好きだったぞ!』

はいはい、わかっていますよ。
と、純平くんを撫で撫で。

『では…撫で係2号の膝に乗るとするか』

同行者のryanさんの膝に乗る純平くん。

『1号とは違うが…この膝のなかなか良い乗り心地だな』

すっかりくつろいでいますねぇ。

『あ、一番の乗り心地は1号の膝だけどな!』

はいはい、思い出したような一言。
ありがとうございます。

純平くんをryanさんに任せて外に出ると…
モドキさんがいらっしゃいますよ!

モドキさん、こんにちは!

『モドキ?いやいや、私はただの板です』

『ほら、どう見ても板でしょ?』

モドキさん、どうしちゃったんでしょう?
構われたくないみたいですね。

しょうがないのでお店に戻ると、純平くんが相変わらず膝の上。

『お?1号。俺様にかまってほしいのか?』

いやいや、別にかまって欲しくはないですよ。

『まぁそう言わずに。2号と代わってそこに座りなさい』

いや、今座る気分じゃないんでねぇ。

あ、ryanさん。外にモドキさんがいましたよ。
「そうなんですか?会いに行ってみよう」

『あれ?2号も行っちゃうのか?お~い』

ryanさんと一緒に外に出ると…

『もっと俺様を構いなさい!』

純平くんがくっついて来てしまいました。

しょうがないですねぇ。しゃがんで撫でていると…
『よいしょ』

膝の上に乗ってきてしまいました!

『外で撫で係の膝に乗るのも、なかなかいいもんだな』

ご満悦の純平くん。

今回はお店の中よりも、外で猫さんたちと触れ合ってしまいましたねぇ。

さて、そろそろ移動するとしましょう。
『え?もう行くのか?』

はい、もう行きますよ。

外に出てきたコバナさんとリカちゃんにご挨拶して…

『また撫でに来てよね』

はい!トシエさん。
またモフらせてくださいね!

トシエさんにもご挨拶。

丸吉玩具店さんを後にしたのでございました。

丸吉玩具店さんのお世話している猫さん達。
人懐こい誰かが虹の橋を渡ると、また別の猫さんがフレンドリーになってくる。
看板猫さん達の意思は受け継がれていきます。
猫と人が繋がっているからこそ、なんでしょうね!
丸吉玩具店さん、ありがとうございました!
またお邪魔します!

さて、バスに乗ってひと風呂浴びに行きましょう。
向かった先は…
先日おじゃました、あの銭湯です!

ここでお詫び。
年度末の忙しさで、更新が遅れて申し訳ありません。
コメントやメールのお返事も、明日の日曜になりますがご容赦くださいませ。
また、明日の更新もお昼前になりそうです。
いつもの時間より遅れますが、必ず更新しますので、宜しくお願い致します。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



2月下旬の週末。
またまた立石の丸吉玩具店さんにおじゃまいたしました。
今回からはその時の様子をお届けしていきます。

いつも通り、裏の公園から丸吉玩具店さんの横の路地を通ると…
トシエさんが猫ハウスの上でお休みになっていました。

丸まってお休みになるトシエさん。
もう14歳だそうです。

最近人に慣れてきたと聞いたので、指を出してご挨拶してみます。

匂いを嗅いでくださいましたよ♪
さすが呑兵衛の街・立石の猫。
酒臭さに離れているようです。

そのまま撫でさせていただきます。

あ、気持ち良さそうなお顔♪

『あ、サンペイが…』

え?

ホントだ。サンペイくんがパトロールしていますね。

でもまぁいいや。
アホは放っておいて…

トシエさんを撫で撫で♪

喉も撫で撫で♪

胸も撫でちゃいましょう!

モフモフモフ♪

こんなに撫でられる猫さんになってくださったのですね♪

『うん、撫でられるのって気持ちいいねぇ』

そうでしょう、そうでそう!

『ありがとう。純平が出てきたからかまってやって』

え?純平くんが?

振り返ると、同行者のryanさんに純平くんが撫でられていました。

撫で係1号と2号の合体撫でに満足する純平くん。

さて、2階の窓から見えたカケちゃんを確認して…

お店に入るとしましょう。

あれ?入り口にサンペイくんが居て邪魔をしていますね。

『お店に入りたかったら、ボクを倒してから行きなさい』

え?倒すんですか?
では…

アホ!

『アホって言う奴がアホなんだぞ!』

ひと睨みしたサンペイくん。
いつものように走り去ってしまったのでございました。

サンペイくんを無事倒したので、お店に入るとしましょう。
続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



2月中旬、立石の丸吉玩具店さんにおじゃました時の様子をお届けしております。

かつしかわんにゃんくらぶさんのチャリティCafeから戻ってくると…
外の猫ハウスにはトシエさん。

ご飯を貰っています。

こちらはリカちゃんでしょうか?ミカちゃんでしょうか?

いまいち二匹(姉妹)の見分けがつきません。

『おう撫で係、遅かったな!』

お店に入ると、純平くんがレジ台から挨拶してくれました。

そして、いつもキンちゃんが居たストーブの前には…

あれ?猫さんが入っていますよ!

リカちゃんです!

キンちゃんが大好きだったリカちゃん。

後を継ぐように、お店の中に入ってくつろいでいるんですね!

って、リカちゃんの方がキンちゃんよりも年上だったはずですが。

ストーブの前で落ち着くリカちゃん。

と言う事は、外に居るこちらはミカちゃんかな?

一旦外に出てお店に戻ると…
あっ!アホがウロウロしていますよ。

『もう突っ込まないからね。むにゃむにゃ…』

自分を無視して箱に入って寝ちゃったサンペイくん。
これはこれで寂しいなぁ。

『なぁ、アホなんか構っていないで、早く俺様を膝に乗せなさい!』

オコゲが見上げてきました。

『さぁ、早くここに座りなさい!』

はいはい、座ればいいんですね。
ヨイショっと。

『よし、座ったな』

よじ登ってきた純平くん。

『ふぅ、やっと膝に乗れた』

『やっぱり撫で係の膝はいいねぇ』

ご満悦の表情ですが…

背中のオコゲに目が行ってしまって、撫でるのに集中できませんねぇ。

『ま、オコゲは冬の名物だからな』

まぁそうですね。
純平くんが焦げると冬になったなぁって感じがしますもんね。

『そうだろ!』

って威張らないでください!

さて、この日は日曜日。
次の日は仕事です。
サンペイくんの寝顔を見てから…

帰宅するとしましょう。

丸吉玩具店さん。2月はもう一回訪問しております。
次回からは、その時の様子をお届けしていきますね。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



今回からは、立石の丸吉玩具店さんの看板猫さんズ。
2月は2回お会いしに行っているので、続けてお届けしていきますね。

まずは2月中旬に訪問した時。
お迎えしてくれたのは、サンペイくんでした。
こんにちは!

店主の晴美さんの膝に乗っていたサンペイくん。

『ろっちさん、こんにちは。ボク本に載ったんだよ』

え?サンペイくんを載せるなんて、アホを集めた本?

違った、猫雑誌でした。

猫ぐらし2017年春号に掲載されているとか。

『ほら、ここ!』

あっ!載ってます!
サンペイくんと純平くんが掲載されていますねぇ。

『えへへ、可愛いでしょ?』

ええ、アホっぽい行動が写真に撮られていて、とても可愛いです。

『撫で係!俺様も載ったんだぞ!』

はいはい、純平くんも載っていましたね。

って、膝にも乗るんかい!
『俺様は本に載るよりも、撫で係の膝に乗る方がいいんだよ』

ま、それはいいんですが…

背中の大きい方な傷みたいなのは?

もしかして、またオコゲを作っちゃった?

『いや、ちょっとストーブに近づきすぎてね』

近づきすぎてって…
どんだけ焦げたんですか!

思いっきり焦げちゃっています。

反対側にもオコゲがあるし…

『まぁオコゲの事はいいから』

いや、良くないですよ。
ヤケドに気をつけてくださいね!

『わかったわかった!わかったから…』

『俺様を膝に乗せなさい』

またまた膝に乗ってきた純平くんを撫でさせていただきます。

でも純平くん。今日は行く所があるんですよ。
『え?もう行くのか?』

はい、かつしかわんにゃんくらぶさんのチャリティCafeにね。

『あぁ、あそこなら仕方がないな』

純平くんに納得してもらい、膝から降りていただいて外に出ます。

おや?サンペイくんが箱にスリスリしていますね。

『可愛いでしょ?』

ええ、アホっぽくてとても可愛い!
『アホって言う奴がアホなんだぞ!』
いつものフレーズを言って走り去っていったサンペイくん。

キンちゃんが虹の橋を渡った告知を見て…

チャリティCafeに向かった自分でございました。

次回はチャリティCafeから戻ってきて、また猫さんたちと触れ合った写真をお届けします。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



1月21日、立石のアイドル猫・キンちゃんが虹の橋を渡った日。
丸吉玩具店さんにおじゃました様子をお届けしております。

『なぁ、また膝に乗りたいから早く座りなさい』

はいはい。
でも、お客さんが来たからちょっと待とうね。

『あ、いらっしゃい!』

お客さんに愛想をふりまく純平くん。
あれ?毛の色が違う場所が…
これはもしかして…

やっぱり!お焦げだ!

今年もストーブに当たりすぎてお焦げを作ってしまったんですね。

『いや、ほら…キンちゃんを忘れないように同じ色を…』

誤魔化そうとする純平くん。

『さ、膝に乗ろうっと』

お客さんが途切れて座ると、早速膝に乗ってきました。

でーん!

『やっぱり撫で係の膝の上はたまらんなぁ』

いつも異常に髭を前に出して興奮気味の純平くん。

『あ、カメラのレンズが汚れてるぞ!俺様が拭いて…』

うわ~っ!拭かなくていいから!

『なんだよ。せっかく親切に拭いてやろうと思ったのに』

うん、お気持ちだけで十分ですから。

さて、ちょっと外の空気を吸いに…
『ん?撫で係どこに行くんだ?』

『俺様も行くぞ!』

ありゃ、くっついて来ちゃったよ。

『ほら、たまには表で看板猫の仕事もしなくちゃな』

早くも『残された猫がしっかりしないと』ですね!

『おもちゃ見ていってください!可愛い俺様がおすすめするぞ!』

なんか余計な事も言っていますが…
まぁいいや。
純平くんがおすすめするのは?

『今ならこれだな!』

それ…単に角が気持ちよくてするスリしているだけでしょ?

『違う!お客様にオススメしてるんだよ!』

ほう、珍しく本気でお仕事していますねぇ。

『俺様だってやる時はやるんだよ!でも…』

でも?

『寒いからお店に戻ろうっと』

ガクッ。
でも、やる気が見えたから良しとしましょう。

さて、そろそろ移動するとしましょうか。
『キンちゃんが居なくなっても、ちゃんと顔出せよ』

もちろんですとも!
みんなの顔を見に、いつも通り顔出しますよ!

アホ面で寝るサンペイくんにも挨拶をして…

丸吉玩具店さんを後にします。

外に出ると…

あ、リカちゃん。

『キンちゃん、旅立ったってね』

聞きましたか。
残念ですね。

『うん、でもね、キンちゃんの分もみんな頑張るからね』

キンちゃんの事が大好きだったリカちゃん。
居なくなって寂しいだろうけど、その分みなさんの愛情受けて長生きしてくださいね!

丸吉玩具店さん、いろいろありがとうございました!
そしてキンちゃん。ホントにこれまでありがとね。
君の事、忘れないよ!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



1月21日、立石のアイドル猫・キンちゃんが虹の橋を渡った日。
丸吉玩具店さんにおじゃました様子をお届けしております。

箱で熟睡するサンペイくん。

気持ち良さそうに寝ていますねぇ。

『う~ん…パシャパシャうるさ~い…』

あ、アホ面出した。

と思ったらアホ面隠した。

『アホって言う奴がアホ…むにゃむにゃ…』

寝ながらもツッコミを入れてくるサンペイくん。
アホって言葉には敏感ですねぇ。

『もう…寝かせてよ~』

またまた顔を隠したサンペイくん。
ホント、寝ている姿は可愛い♪

『可愛い?』

あれ?

『フフフ♪ボクは可愛いんだよ』

可愛いって言葉にも反応しちゃいましたよ。

『ほら、もっと可愛いって言ってよ』

調子に乗って…
アホですねぇ。

『ガクッ…ぐぅ…』

サンペイくん、ガックリ来てまた寝ちゃったのでございます。

『お~い、撫で係!アホの相手していないで俺様の相手をしなさい!』

ようやく純平くんの登場です。

『よいしょ』

早速自分の膝に乗ってくる純平くん。

純平くん、キンちゃんが今朝…
『あぁ聞いたよ。俺様がキンちゃんの分も撫で係に甘えてやるから!』

『キンちゃんの想い、しっかり引き継ぐからな!』

君の場合、”重い”と言う字のような気もしないでもないですが…
でも、猫さん達もしっかりわかっているんですね。

『そりゃそうだ!テツの時もナツキチの時もそうだった。残った猫がしっかりやっていかないとな!』
意外としっかり者だったんですねぇ、純平くん。
体だけじゃなくて。

ところで純平くん、話は変わりますが…
『ん?なんだ?』

猫さんって気持ちが良いと、髭が寝ますよね。
純平くんは自分の膝に乗っている時、いつも髭が前に出ているのは何故ですか?

『そりゃ撫で係に会えて嬉しくて興奮しているからに決まっているじゃないか』

言いながら、ちょっと照れる純平くん。
そっかぁ、愛されているんですね自分。
色んな意味で重すぎるけど。

『そうそう、撫で係。何かお知らせがあったんじゃなかったっけ?』

あっ!忘れてた!

丸吉玩具店さんも募金箱を置いて協力している、猫ボランティア団体・かつしかわんにゃんくらぶさん。
そのチャリティCafeが2月12日に開かれますよ!

秋は仕事が入って行けなかったけど、今回は自分も顔出しますよ~
と、告知が終わった所で…
後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。