» チョボ六のブログ記事


2018年7月27日(金)、三軒茶屋近くの猫だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんで開催された『夢の猫本屋ができるまで』刊行記念トークの様子をお届けしております。

トーク中も『私が主役!』とばかりに居座る読太さん。

編集の高梨さんが取り出した白い本。
束見本と言われる”実際の製本時と同じ紙で製作された見本”だそうです。
「束見本、見られなかったんですよね」ボソッと安村さん。

続いてトークショー限定、表紙候補を公開!

この4つの中から発売された表紙が決まったそうです。

決定した表紙のレジにいるのは奥様の真澄さん。
いい感じでブレるまで何度もクルクル回ったという裏話も披露されました。

『私達の裏話はないのかな?』

う~ん…鈴さん達の話は本に書いてありますからねぇ。

『そっか、本に書いてあるならいいや』

それはいいけど、膝の上で毛づくろいしないでくださいな。

『毛づくろいがダメなら…バリバリバリっ!』

こらこら、Tシャツで爪とぎしない!
なんて鈴さんをかまっていると…

「夢という言葉は入れたくなかった。バカっぽくて」と安村さんのトーク。

『ビール呑みながら猫を膝に乗せてニヤニヤしてる中年の方がバカっぽく見えるよねぇ』

鈴さん、それは…褒め言葉と受け取っておきましょう!

猫店員専用デスクでは、熟睡するチョボ六さん。

トークを聞きながら、ど真ん中で眠る読太さん。

この後、トークは本に関わる事について脱線していきます。
「Amazonの紹介は1300文字。だから詳しく説明できる」
「裏表紙のコードは分類も意味している」
などなど。
ちなみに”夢の猫本屋ができるまで”は「日本文学、評論、随筆、その他」に分類されているそうです。
とは言っても、どの本をどのジャンルに置くかは本屋さんの自由。
「猫の本って本屋さんによってあちこちに置かれるんですよね」と安村さん。
そこにお客さんから「どこにでもあるのは”猫”だから」とナイスツッコミが入りました!
安村さん自身”夢の猫本屋ができるまで”はノンフィクションの棚に入れて欲しいそうです。

『そろそろイベントも終わり?』

店員さん達が起き始めました。

チョボ六さんはキャットウォークへ…

ピョン!

『ねぇねぇ、それなぁに?』

Cat’sMeowBooksさんでの購入特典缶バッジに興味を示す読太さん。

『あ、あっちに鈴がいる』

自分お膝から降りた鈴さん。
キャットウォークからお客さんを見下ろしています。

『もうすぐトーク終わりみたいだよ』
『そしたらご飯だね』

ソワソワし始めた猫店員さん達。

最後は安村さん。
「”夢の”なんて付くと恥ずかしいけど、これを読んでもっと頭のおかしい人が出てきてくれたら嬉しい」
と締めて刊行記念トークは終了。

その言葉を安村さんの上でじっと聞いていた読太さん。

『ねぇ、ご飯まだ?』

猫さん達はご飯待ちタイムに入ってしまったようです。

トークも終了したし、Cat’sMeowBooksさんを後にするとしましょうか。
と思った所で、著者の井上理津子さんが来店!

サインをいただきました!

井上さんのお話も少し聞かせていただき、大満足のトークショーでした。
猫好き、本好き、本屋好きが集まったトークショー(一部ビール好きも)
面白かったです!
Cat’sMeowBooksさん、ホーム社の高梨さん、著者の井上さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!

『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』特設ページには他の刊行記念イベントも告知されています。
皆さんも参加してみてはいかがでしょう?

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



2018年7月27日(金)、代休を取った日の夕方。
やってきたのは三軒茶屋近くの猫だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さん。

前日発売されたばかりの『夢の猫本屋ができるまで』刊行記念トークを聞きにまいりました。

夢の猫本屋で『夢の猫本屋ができるまで』を購入して、奥のイベントスペースへ。

ドリンクセットもあったので、当然のように大ジョッキを。
えっと…自分のためでしょうか?

トークには15人のお客様が集まり、イベント好きの読太さんがいつものようにテーブルの上に鎮座。

鈴さんはクッションの上で毛づくろい。

トーク開始までにはチョボ六さんも登場。

キャットウォークを降りて…

鈴さんの隣に。

さつきさんは、ちゃっかり椅子をキープしています。

『お客さん、集まったかな?』

集まったみたいですね。

『んじゃ、刊行記念トーク始まるよ』

読太さん、本の上で伸びをしたら怒られるでしょうが。

猫本だらけの猫がいる本屋Cat’sMeowBooksさんのニンゲン店長・安村さんと『夢の猫本屋ができるまで』の編集者・高梨さんとのトーク開始です。

まずホーム社ってどんな会社?って話から。
重役も含め猫好き社員が多い”ガチ猫好き会社”との事。
2017年6月に本書の企画が持ち上がり、最初は年内に発刊予定だったけど、いい本にしようと発刊が伸びた。
「どうせならオープン1周年の8/8に発売したかった」と安村さん。
でも、出版会の大人の事情で7/26発売となったそうです。

ライターさんは本屋さん全般の知識のある人で、あえて猫好きではない人。
という事で犬派の井上理津子さんに決まったとか。
著者の井上さんは「ポイントポイントの言葉を使い、実際に使っていない言葉は絶対文字にしない人』だそうです。

トークの間も視界の端をうろつく読太さん。

ここで改めて刊行記念の乾杯!

本書にはCat’sMeowBooksさんの売上と損益も公開されています。
「数字を全部出しちゃったので他の本屋に行けなくなりました」
笑いながら話す安村さん。

本屋を起業するためのビジネス書のように受け止められますが
「自分で商売したい人の教科書ではなく、参考書にして欲しい。だから細かい数字が必要」
と編集の高梨さん。

本好き、本屋好きの方も集まったイベントなので、トーク内容をメモする方も多数いらっしゃいました。
その邪魔をする読太さん。

「保護猫関連は、ちょっといい話として引っかかってくる。うちの母にも勧めやすい」
と高梨さん。

読太さんが自慢げに写り込みます。

トークを聞きながら猫店員デスクを見ると…

さつきさんもやってきましたね。

さつきさんに追い出された鈴さん。
じっと客席を見つめます。

これはもしかして…
と思って、鈴さんに膝を出してみると…

鈴さん、膝に乗ってきてくださいました♪

膝に乗った鈴さんを撫でながらトークを聞く自分。

さつきさんとチョボ六さんも猫店員専用デスクでトークを聞いています。

「本が出たので一旦区切りができた。次は何をどうするか?悩むところ」と安村さん。
「本のタイトル”夢の猫本屋ができるまで”は開店して終わりではなく、できるまでまだまだ続くよって意味が込められているんですよ」と高梨さん。
「え?そうなんですか?」驚いて更に悩む安村さん。

鈴さんを膝に乗せビールを呑み、そんなトークを聞きながら…
後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月の休日。
三軒茶屋近くの猫だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんで風呂上がりのビールを呑んでおります。
(なんか間違った使い方をしているような…気のせいだろうけど)

横の椅子で本の案内をしてくださる、さつきさん。

真剣に本を選んでいるように見えますが…

本の方は全く見ていなかったりして。

『本よりも撫でてくださいな』

はいはい、撫で撫で…

撫でられた後は毛づくろいする、さつきさん。

実はさつきさん、毛づくろいをするのが珍しいそうでして。
他の猫店員さんたちに毛づくろいしてもらっているそうです。

『特別サービスで見せてあげたの』

ありがとうございます!

『ありがとうと思っているなら…』

はい、撫でますね。

撫で撫で撫で…

『あれ?誰か起きたよ』

え?
猫店員用デスクを見てみると…

読太さんが起き上がっていますね。

起き上がってグルグル回る読太さん。

『よいしょ』

チョボ六さんに寄りかかって、また寝ちゃいました。

さて、近寄って寝顔を拝見しましょうか。

ぐっすり眠る鈴さん。

チョボ六さんもお休みですね。

読太さんも熟睡しちゃいました。

『ふあぁ~~~~』

チョボ六さんが大あくびで起きてきました。
店員としてお仕事するのかな?
と思ったら…

ちぐらの中へ。

一人でゆっくり寝たかったようですね。

『猫店員は寝るのも仕事なんでね』

ま、そうですね。
寝ている姿を見るだけで癒やされますからね。

という訳で…

Cat’sMeowBooksさんでビールを呑みながら購入した本を読み、猫さんの寝姿を見つつ癒やされた休日の夜だったのでございました。
満足♪

Cat’sMeowBooksさん、いつもありがとうございます!
またお邪魔しますね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

おっと、前回紹介したDeep NEKO-BON World、再告知しておきますね。
300部限定ですが…7月中旬現在まだまだ在庫があるそうです。
Cat’sMeowBooksさん訪問の際は購入をご一考くださいませ!



6月の休日。
風呂上がりにやってきたのは三軒茶屋近くの猫だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんです。

まずは風呂上がりのビール♪

ビールを呑みながら、購入したCat’sMeowBooksさんオリジナルの本・Deep NEKO-BON Worldを読みます。

タイトルに猫が出てこない猫本を紹介。
店員猫さんの写真も満載です。

あ…こんな本も紹介されてる♪

ビールを呑みながら本を読んでいると…

猫店員用デスクにチョボ六さんが降りてきましたよ。

寝ている読太さんと鈴さんの間に入り込むチョボ六さん。

無理やり収まってしまいました。

間に挟まってご満悦のチョボ六さんにご挨拶。

『お酒臭い指には興味ないね』

ツーンとされてしまいましたよ。

並んで眠りながら仕事をする猫店員さん達。

おや?ちぐらからさつきさんが出てきました。

『なぁ、撫でてくれる?』

実は甘えん坊のさつきさん。

椅子をよじ登ってきます。

さつきさんはピョンと飛び乗らないのですねぇ。

『さぁ、撫でてください!』

はいはい、撫で撫で♪

撫で撫で撫で…

『気持ちいですねぇ』

休日の夜、貸し切りの店内でビールを呑みながらさつきさんを撫でて…
後編に続くのです。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



5月の休日の晩、三軒茶屋近くの猫だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しています。

猫店員用デスクで寝る店員猫さん達。

麦わらの読太(よんた)さん、キジ白のチョボ六さん、黒のさつきさんです。

おや?チョボ六さんが動き始めました。

天井のキャットウォークを歩くチョボ六さん。

2階へピョン!

この穴が1階の本屋と2階の住居スペースの猫さん専用出入り口。
猫店員さん達は、ここで1階と2階を行き来しているのです。

『説明ありがとう』

さつきさん、どういたしまして!

チョボ六さん、再び降りてきました。

窓から新刊スペースを眺めるチョボ六さん。

タイミングがいいと、レジがある新刊スペースからも猫さんを見ることができます。

動き回るチョボ六さんを見つめる鈴さん。

鈴さんは、まだ自分の膝の上♪

本棚のキャットウォークを通って降りてきたチョボ六さん。

ピョン!

『チョボ六…うるさ~い…ムニャムニャ…』

読太さんが寝言を言っていますねぇ。

鈴さんは自分の膝から降りて、猫鍋型爪とぎの中へ。

猫さんが転送されてきたみたいな感じ♪

『アホなこと言ってるなぁ』

読太さん!アホって言うとまた変なメッセージが届くから止めときましょうね!

なんて言いながら…
読太さんの肉球をパチリ♪

『レディの肉球を隠し撮りなんて…』

さつきさん、そんな目で見ないでくださいな。

チョボ六さんは、またまたキャットウォークへピョン!

『チョボ録がうるさいって事は…そろそろご飯かな?』

『今日は何かなぁ?』

ペロンと舌を出した読太さん。

『そうね、ろっちさんが帰ったらご飯よ。きっと』

もうそんな時間ですか?
あ…そんな時間ですね。
では、そろそろ帰るとしましょうか。

『また気が向いたら膝に乗ってあげるからね』

はい、ぜひ乗ってくださいね!

Cat’sMeowBooksさん、いつもありがとうございます!
また猫本を買いに…そしてビールを呑みに、お邪魔します!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



5月の休日の晩、三軒茶屋近くの猫だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しています。

猫店員用デスクで寝る店員猫さん達。

麦わらの読太(よんた)さん、キジ白のチョボ六さん、黒のさつきさんです。

『眠いから相手しないよ』

と、読太さん。

『そうそう、鈴に相手してもらいなさい』

さつきさんもお休み中でお相手してくださいません。

唯一起きていた鈴(すず)さんは…

椅子に乗って外を見つめています。

『なぁに?相手して欲しいの?』

はい、よかったら…

『じゃぁそこに座りなさいよ』

はい。鈴さんの横に座って…

指を出してご挨拶。

『黒ラベルの味がするわねぇ』

はい、呑んだばかりですからね。

『なら…ちょっとサービスしてあげようか』

ペロンと舌を出した鈴さん。

自分の足に手をかけて…

乗ってきてくださいました!

自分に向き合って膝に乗ってくださった鈴さん。

Cat’sMeowBooksさんで猫さんが膝に乗ってくださったのは初めて!
感動です!

『そんなに嬉しい?』

嬉しいですよ!
鈴さん、いつも膝に乗ってくる某猫さんに比べたらとても軽いですね!

『え?そんな重いのと一緒にしないでよ』

す…すみません。

ピロリン♪
あれ?スマホに通知が…
なんだ?

何でこんな通知が来るんだよ…

『何アタフタしてるの?アホみたい』

えっと…鈴さん、これはですねぇ…

ピロリン♪
あっ!また来た!
今度は何?

もう…いい加減にしてください!

『うちの店の猫紹介で変なネタ使うのやめてくれない?』

鈴さん、ホントにすみません!

お詫びに膝の上の鈴さんを撫で撫で。

ネタを使ってしまったので変な記事になってしまいましたが…

鈴さんを膝に乗せながら、後編に続くのです。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



5月の連休。
お風呂上がりのビールを呑みに…
やって来たのは三軒茶屋近くの猫だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんです。

奥の古本&カフェスペースで、まずはビール大をいただきます♪

この日購入したのは、ナカムラクニオさんの猫思考

ビールを呑みながら本を読み…

一休みに寝ている猫店員さん達を眺めます。

猫店員用デスクで寝ているのは…
左から読太(よんた)さん、チョボ六さん、さつきさんです。

あれ?鈴(すず)さんは?

入り口で毛づくろいしていました。

『なに?ビール呑んだの?』

あ、まだ残っていますが…

『じゃあ呑んじゃいなさいよ』

そうですね。
鈴さんを肴にビールをグビッ♪

『あれ?鈴が移動したよ』

チョボ六さんが目を覚まして鈴さんを見ています。

その鈴さんは…

椅子に座って外を眺めていますねぇ。

『今日もいい女だわ』

違った、ガラスに写った鈴さん自身の姿を見ていたようです。

『夜はお客さん少なくてまったりしてるね』

チョボ六さん、寝ながらさつきさんの毛づくろい。

『読太も実は起きてるんだよ』

え?どれどれ?

前に回ってみると…
『起きてても寝てるから』

『相手してあげないよ~』

いえいえ、寝姿を見ているだけで満足ですから。

『あ、そう…ぐぅ』

また寝ちゃった読太さん。

起きているチョボ六さんに指でご挨拶してみます。
『ビール臭いけど…ちょっとだけなら撫でてもいいよ』

許可を頂いたので撫で撫で♪

『なかなか気持ちいい撫で方するね』

ありがとうございます!

『手が重いんだけど!』

さつきさんに怒られてしまいました。
椅子に座って残ったビールを呑むとしましょうか。

ビールを呑みながら…
中編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



Cat’sMeowBooksさんでのイベントの後、そのままお店に居座ります。

起きて外を見つめる鈴さん。

『おや?この音は…』

鈴さんの目がカッと開き…

2階からチョボ六さんが降りてきました。

『もうすぐご飯だよ♪』

開店前のお食事タイムのようです。

さつきさんも登場。

キャットウォークを歩いて…

トントンと降りてくる、さつきさん。

用意されたご飯を食べる読太さんとさつきさん。

チョボ六さんはキャットウォークでお食事です。

『え?写真撮ってるの?』

はい、ちょっとだけ。

『カメラ向けられると食べづらいんだけど…』

すみません。
もう撮らないのでゆっくり食べてくださいませ。

鈴さんは椅子の上でお食事。

おや?お食事が終わったさつきさんが毛づくろいしていますね。

そして読太さんは…

さつきさんが食べ残したカリカリを食べています。
読太さん、結構食いしん坊ですねぇ。

鈴さんは猫店員デスクでおやすみ体勢。

では自分も一休み。
ビールを頂くとしましょう♪

この日のイベントに参加されていた生藤先生から
「この本屋を呑み屋のように使ってるのは凄い」
と褒められました♪
(褒められたのかな?)

酒飲みとして嬉しくなるコメントも頂いちゃいました♪
いやぁ、肩の力が抜ける空間を提供してくださるCat’sMeowBooksさんのおかげなんですけどね。
ふらりと立ち寄れる距離ではないのに、ついつい立ち寄ってしまうCat’sMeowBooksさん。
ありがたい存在です。

この後も楽しい事があったのですが、その様子はまたの機会にお届けするとして…
日曜の開店直後とあってお客さんも沢山いらっしゃいました。
ビールも呑み干したし…

Cat’sMeowBooksさんを後にするとしましょう。

読太さん、またお邪魔しますね。

外を見るのに一生懸命で、自分の挨拶なんて聞いちゃいない読太さんでございました。

この日購入した本。
ゲームSF傑作選・スタートボタンを押してください

気になっていた新刊ですが、まさか猫が出てくるとは!
ニンゲン店主の安村さんにニヤリとされながら購入。
どこに出てくるか、じっくりと読むとしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



大雪が降った週の休日。
三軒茶屋近くのCat’sMeowBooksさんにおじゃましております。

『おやつタイム、終わっちゃったの?』

キャットウォークの上でガッカリするチョボ六さん。

『美味しかったよ!』

満足そうな鈴さんと読太さん。

『ブルブルブル~っ!』

読太さん、ドリルになった後は床へ。

では鈴さん。
食後に指の匂いでも…

『なんで美味しい物の後に、お酒臭い指の匂い嗅がなくちゃいけないの!』

またまた拒否られてしまいました。

鈴さん、猫店員専用デスクに戻って…

毛繕い開始です。

足をペロペロ。

お腹をペロペロ。

大事な所もペロペロ。

こっそりと肉球をパチリとしてしまいました♪

『こっそり撮っちゃダメ!』

また怒られてしまいましたよ。

『あれ?まだおやつ食べられなかったことイジケてるの?』

え?誰に向かって言ってるんですか?
鈴さんの視線のを追ってみると…

『おやつ…』

まだガックリしているチョボ六さんがいらっしゃいました。

『おやつ~~~~っ!』

出遅れた悔しさを爪とぎにぶつけるチョボ六さん。
今度自分が「おやつあげる権」を使う時はちゃんとあげますから!

『え?おやつ?』

読太さんはさっき食べたでしょ!

『そっかぁ、続けて貰えないんだね』

そう、またのお楽しみで。

『またってのはいつかなぁ』

考えながら寝ちゃった読太さん。

鈴さんもお休みになったようです。

そろそろ移動するとしましょう。

そうそう、発売されたばかりのsimicoさんの本を購入して、と。

simicoさんは昨年8月に閉店した猫の助さんで知り合った漫画家さん
猫さんがつなぐご縁は、まだまだ広がっていきます♪

Cat’sMeowBooksさん、店員猫さん達、今回もありがとうございました!
またお邪魔します!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



本日猫の日!
と言う事で、今日は猫さんの写真いっぱいご紹介…
って、いつも紹介していますなぁ。
なんてボケるのは置いておいて…

猫の日にご紹介するのは、昨年の8月8日世界猫の日にオープンしたCat’sMeowBooksさん。

1月、雪が降った週末におじゃまいたしました。

ご挨拶して奥の古書&カフェスペースに入ると…

猫店員の鈴さんが爆睡中。

気持ち良さそうにお休みしていますねぇ。

角度を変えて、肉球もパチリ♪

いつも通りビールを呑みながら鈴さんを眺めて猫見酒♪

『ここは呑み屋じゃなくて本屋ですからね!』

目を覚ました鈴さんにツッコまれてしまいました。

おや?『ニャーニャー』と大きな鳴き声が聞こえますよ?
ニンゲン店長の安村さんが三郎店長を連れてきてくださいました!

15歳の三郎店長。
目が大きい印象的な猫さんです。

三郎店長、はじめまして!

これで5匹の店員猫さん全猫にお会いする事ができました。
安村さん、ありがとうございます!

『店長、一緒にお仕事するの?』

三郎店長を見上げる読太さん。

『やっぱり店長室でのお仕事に戻るんだ』

抱かれて二階に戻っていった三郎店長を見送る読太さん。

自分は起きた鈴さんにご挨拶。

『お酒臭い指なんかいらないよ。それより…』

それより?

『おやつ!』

来店されたお客様がクラウドファンティングのリターン「猫におやつをあげる権」を使用。
一緒におやつを物色する読太さん。

ちゅ~るを貰って…

ちょっと変な顔になっていますよ!

『出遅れちゃった』

鈴さんもやってきて一緒におやつタイム。

ペロペロ舐める鈴さん。

ペロペロ舐める読太さん。

やっぱり変な顔。
ちゅ~るを一本を2匹で分け合って、おやつタイム終了。

『おやつの匂いがしたけど…』

チョボ六さん、遅いですよ!
おやつタイム終わっちゃいましたよ。

たまたまご一緒させて頂いたおかげで、猫さん達のおやつタイムの写真が撮れました。
ありがとうございました!

と言いつつ…
自分も持っているんですよねぇ。

いつ使おうかしらん?
と悩みながら…
後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。