看板犬さんに大歓迎される | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

猫さんがいらっしゃる、とある庭園。
その庭園に向かって歩いていると…

土産物屋さんに犬さんの姿を見かけました。

看板犬さんのようです。

こちらのお店には看板猫さんもいらっしゃるはずなのですが…
あっ!いらっしゃいました!

看板猫の黒猫さんを追いかけようと思ったら…

『かまってください!』

ゴールデンさんがお手をして自分を引き止めます。
(ここからしばらく、同行者の某R氏の撮影です)

ダルメシアンさんもやって来て、自分の手を舐め始めました。

ゴールデンさんはメイさん(11歳)、ダルメシアンさんはオセロさん(5歳)

なんか、凄く懐かれる自分。

両手で撫でさせていただきます♪

オセロさん、凄い勢いで自分の手を舐めてきます!

メイさんを撫でている手もペロペロ。

さらに顔もペロペロ!

チュ~ッ♪

いやはや、大歓迎されてしまいましたよ。

『まだまだ舐めるよ~』

いや、もう…
顔がベトベトになるくらい舐められてしまいました。

いっぱい撫でてあげたら、ようやく満足してくださった二匹。

メイさんは、這いつくばってグテ~ッ。

撫でていたら手を上げてきたので…

そのままモフらせていただきました♪

『何やってるの?ねぇ、何やってるの?』

また手を舐めに来たオセロさん。

『もっと舐めさせてね』

今度は左手がベトベトに。
呆れるくらい舐めてきたオセロさんでございます。

そしてメイさんはお休みに。

人懐こい犬さんに大歓迎されてしまった自分なのでございました。

犬さん達の歓迎も済んだようです。
では、看板猫さんの様子を見に行ってみましょう。
と言う所で、次回に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。