丸吉玩具店さんの看板猫・テツ会長の命日 | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

昨日、8/4は丸吉玩具店さんの看板猫テツ会長の命日でした。

幼い頃、足の動きが悪い猫さんを見つけ、保護した丸吉玩具店さん。
テツヤと名付けられ、他の猫さん達と一緒に丸吉玩具店さんで暮らし育ち…
2013年8月4日、18年の猫生を全うされました。

自分が立石のモツ焼き屋さんに呑みに行くようになって数年後。
猫さんの写真を撮る用になりました。
丸吉玩具店さんにも猫さんがいるのは知っていましたが
「お酒呑んだ客が猫目当てでお邪魔しちゃ悪いよなぁ」なんて思い…
お店にはお邪魔していませんでした。

猫の師匠…いや猫友達(と言えと以前言われた)の、道ばた猫さんが
「立石なんて酔っ払いばかりだから大丈夫ですよ~」
と言ってくださって丸吉玩具店さんにお邪魔するようになり…
それが愛される看板猫さん達との出会いです。

その中で、初めてお会いした時に正直
「うわっ!」
と思ったのがテツヤくんでした。

下半身不随で前足だけで動くテツヤくん。

最初はなんて言ったらいいのかわからず…
同接していいのかもわかりませんでした。
でも…
普通の猫さんでした。

テツヤくん自身も、他の猫さんも、それが当たり前。

普通とか普通じゃないとか全く関係ないのが猫の世界。
でも…テツヤくんはやっぱり尊くて…
自分はテツ会長と呼び始めました。

下半身不随ながらも、それが当たり前。普通の猫さん達と変わらぬ生活をしてきたテツ会長。
障害があっても、普通の猫さんと変わらぬ愛情を注いできた、丸吉玩具店の晴美さん。
どんな猫さんでも、普通に懸命に生きている。そしてその猫さん達をお世話している方が居る。
丸吉玩具店さんに顔を出すようになり、テツ会長とお会いしたことから、自分の猫さんに対する気持ちや態度も変わりました。

テツ会長が虹の橋を渡って9年。

今でも、まだまだテツ会長から学ぶ事は多いです。
絶対に忘れられない猫さんの一人。
テッちゃん、本当にありがとうございます。
猫さんが居なくなった丸吉玩具店さんですが、空の上からみんなと一緒に見守っていてくださいね。
(テツ会長の幼い頃の写真も以前アップしています。良かったらこちらからご覧ください)

サンペイくんも、もしかしたらテツ会長と虹の橋を渡る日を合わせようとしたのかも。
アホだから一日ズレちゃったけどね。
『アホって言う奴がアホなんだからね!』

うん、アホだからこそ猫さん達からいっぱい学んでいるんですよね。
みんな…
ありがとう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。