《訃報》立石・丸吉玩具店さんのサンペイくん、虹の橋を渡る | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

2021年8月3日 立石・丸吉玩具店さんの看板猫サンペイくんが虹の橋を渡ったそうです。

16年前、裏の公園にケージに入ったまま置き去りにされていたアメショ。
当時丸吉玩具店さんがお世話していたアメショ柄の猫さんがハナちゃん。
そして2代目のアメショ柄がコバナちゃん。
3代目のアメショ柄だから三平と名付けられたそうです。

丸吉猫さんズの仲間入りした時にはすでに成猫だったそうですから、推定で17~18歳でしょうか。
若い時に肺の病気になり、ずーっと薬を飲んでいたサンペイくん。
薬が好きで待っている時に口が半開きになる事からアホ呼ばわりされていましたが、とても愛されていました。

昨年末頃から肺の調子が悪く通院。
今年に入り肺腺癌と診断され、肺に溜まった水を抜きながら頑張ってきましたが…
8/3(火)に虹の橋を渡りました。

第第の猫さんと同じようにお店が大好きで、店頭や横の路地でお会いすることが出来たサンペイくん。
ご近所の方々や通りすがりの方々にも愛された猫さんでした。

最後にお会いしたのは7/30(土)
筋肉質で大きかった体が小さくなっていました。

でもまだ目に力があるし、また今週末に会えると思っていたのですが…

でも頑張ったもんね。

この日も店頭で看板猫のお仕事をしていたサンペイくん。

これまでありがとう!

あえて言わせてもらうよ。
アホ!これまでありがとう!
『アホって言う奴がアホなんだぞ!』

空から声が聞こえてきた気がします。
サンペイくん、安らかにお休みください。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

こんにちは 北海道旭川の金森と申します。
いつも楽しみにブログを拝見しています。

ろっちさんのおかげでファンになり、丸吉猫さんズに会いに行ったのが何年前だったか……
あの三平くんが虹の橋を渡って行ってしまったのですね。
かなしく寂しいですが、あちらでも元気にしていてほしいですね。

金森さん

コメントありがとうございます。
丸吉玩具店さんも金森さんの事、感謝してらっしゃいました。
虹の橋の向こうにはたくさんの丸吉猫さんズがいらっしゃいますから元気に過ごしてくれるでしょう。
純平くんも元気でお店を支えてくれるそうです!

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。