« 前の記事:

次の記事: »

7月の休日。
猫ねこ博覧会2020開催中の松山庭園美術館にお邪魔しています。

お庭でくつろぐ虎之助くん。
何しているんですか?

『瀬奈とマルがあっちにいるんだよね』

なぜかイカ耳で答える虎之助くん。

下を見ると…
マルちゃん、まだ瀬奈ちゃんを追いかけていたんですね。

『瀬奈お姉ちゃんと遊びたいもん』

見上げてくるマルちゃん。

『あれ?瀬奈お姉ちゃんがどこか行っちゃった』

瀬奈ちゃん、自分が写真を撮っている間に移動してしまったようです。

『どこに行ったんだろう?』

広い庭を探すマルちゃん。

『居ないなぁ』

『ここに居れば見つからないでしょ』

瀬奈ちゃんはここにいらっしゃいました。

『瀬奈お姉ちゃ~ん!』

探し回るマルちゃん。

『ここから見ればわかるかな?』

『え~っと…』

『見つけたっ!』

瀬奈ちゃんに駆け寄っていくマルちゃん。

『もっと遊ぼうよ』『私は遊びたくないの!』

瀬奈ちゃんとマルちゃんの追いかけっ子は、まだ続くようです。
自分はそろそろ移動するとしましょうか。

最後にテーブルでくつろぐ、うーちゃんにごあいさつ。

改めて指を出して…

そのまま撫で撫で♪

『ニンゲンの世界は大変みたいだけど…』

『またゆっくり会いに来てくださいね』

はい、しばらくは来れないかもしれないけど…
必ずまたお邪魔しますからね!

松山庭園美術館の皆様、猫さん達。
ありがとうございました。
猫ねこ博覧会2020は8/30まで会期延長されたので会期中に再訪したいところですが…
最近のご時世では、なかなか難しそうです。
また落ち着いたらお邪魔しますね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。