« 前の記事:

次の記事: »

COVID-19感染拡大の中、外出自粛が続いています。
お気に入りのお店に行きたいけど、公共交通機関での移動が不安。
もし自分が無症状感染者だったら、お店の関係者に感染させてしまうのでは?と言う不安。
でも…お気に入りのお店が無くならないように行きたい。だけど行けない。
お店には頑張って存続して欲しい。
皆さん、そんな想いがあるのではないでしょうか?

今回はそんな中、バーチャルショップを開店したCat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さん。
すでにwebショップを開いているcafe Mo.freeさんをご紹介します。

まずはCat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さん。
4/1にバーチャルショプを開店されました。

画像をクリックすると360°カメラで撮影された本棚を見る事が出来ます。

気になる商品を見つけたら、オーダーのお問合せフォームから注文(商品名がはっきりと分からなくても大丈夫だそうです)
お店から合計金額(税込み/送料込み)の連絡が来るので、金額分のチケットをカートに入れて支払います。

チケット金額は高い順に、三郎店長、Dr.ゴマシオ番頭、チョボ六さん、さつきさん、読太さん、鈴さん。
妥当だとは思いますが、読太さんと鈴さんの順番には異論が出そうですね。
送料は商品全体の冊数・大きさにより、全国一律で300円または600円。
税込み合計金額が10,000円を超えた場合は送料無料となるそうです。

欲しい本をネット書店でポチるのもいいですが、実店舗の本をバーチャル店舗で購入して猫助け。
本屋も猫さんも自分も満足できるこの取組。
キャッツミャウブックスさんのバーチャルショプを利用されてみてはいかがでしょうか?

続いてCafe Mo.freeさん。
こちらはTシャツトリニティsuzuriでオリジナルグッズをネット販売しています。

写真はsuzuri

Mo.freeさんのオリジナルグッズだけでなく、店内で展示された作家さん達の作品をTシャツやバッグ、スマホケースなどにプリントして販売。
お店のブログ・もふりごとでは、お店に行けない方の為に展示作品の販売も行っているようです。
お店に行けなくてもお店と猫助けを応援!
いかがでしょう?

他のお店も応援していける方法を考えて探してみます。
看板猫さんが要らしゃるお店は個人経営ばかり。
来店してほしいけど来ないでくださいと言わなければいけない今月。
なんとか応援していきたいと思います。

あれ?今日は猫の写真無し?
はい、無いのです。
でも、せっかくMo.freeさんのネットショップをご紹介したのだから…
次回はナツ先生の写真を載せるとしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。