読太さんの膝乗り ~年末のキャッツミャウブックスさん・その3~ | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

昨年末。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

椅子で香箱を組む、さつきさん。

チョボ六さんはキャットウォークに上がって新刊売り場をチェックしているようです。

『さ、座ってくださいな』

え?読太さん。
まぁいいや。
座りましたよ。

『相変わらず香ばしい匂いですねぇ』

座った自分のニオイチェックする読太さん。
そこの匂い嗅ぐのはやめてくださいな。

『ま、いいか』

何がいいんでしょう?

『匂いなんてどうでもいいって事だよ』

自分で言っておいてどうでもいいとは…

『よいしょ』

おっと!
いつものように膝を通り道にするだけかと思ったら、そのまま落ち着いちゃいました!

『なにか不満でも?』

いえいえ、不満なんてあるはずもございません!

『さ、早く撫でて』

尻尾をちょっとだけ上げて催促する読太さん。

はい、撫で撫で…

『うん、気持ちいいね』

目を細めて気持ちよさそうなお顔を見せてくださった読太さん。

『ほら、手が止まってるよ』

す…すみません。

撫で撫で撫で撫で…

『あ、読太が向こうで撫でられてる』

さつきさんがこっちに気が付いたみたいです。

『さつきも撫でて~っ!』

自分の横の椅子移動して…

『よいしょ、よいしょ』

よじ登ってきた、さつきさん。

はい、ではさつきさんも撫でますね!

撫で撫で撫で…

膝の上の読太さんと隣の椅子のさつきさんを撫でながら…
次回のシリーズ最終回に続きます。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。