» 銭湯話のブログ記事


8/25(日)大田区・はすぬま温泉にて撮影会&バックヤード見学会が開催。
銭湯好きの自分として、これは行かなくては!
参加してまいりました。
(注・今回は猫の写真はありません!ご了承ください)

東急池上線・蓮沼駅を降りてすぐ。
はすぬま温泉に到着。

入浴はできませんが、男湯・女湯の内装撮影が自由。

参加者にはオリジナル缶バッジプレゼント♪

12時30分からスタートと言う事で、最初は混むかな?と30分くらいズラして行ったのですが…
思ったほど見学者が居なくて逆にビックリ。
(13時で5~6人位だったでしょうか)
26(ふろ)番の下足入に靴を入れて入店。
女将さんから記念の缶バッジをいただきます。

普段の入浴で見ているけど、なかなかじっくり見られない仕切りの花鳥風月を拝見。

タイル絵もパチリ♪

このタイル絵、滝の真中部分の横に違和感があるの感じられるでしょうか?

このタイルだけ逆に貼られているのです!

タイル絵が貼られて40年間、誰も気が付かず…
今年の6月、お客さんに言われて初めてスタッフが知ったとか。

さて、いよいよ女湯へ!

女湯の仕切りの絵。

春夏秋冬が描かれていますが、男湯とは違います。

女湯のタイル絵は男湯とは違う滝。

ケロリン湯桶を小物に水風呂をパチリ♪

ここでバックヤード見学会のお知らせ。
もちろん参加します!

温泉組み上げ口と組み上げ装置。
以前は地下20mの黒湯温泉を組み上げていたが、3代目のご主人が地下100mまで掘って現在の温泉を組み上げているそうです。
「怠け者だから黒湯は洗うのが大変で嫌いなんです」
と、ご主人。

はすぬま温泉の煙突。

銭湯の煙突は条例で23mと決められているそうです。
ただし、これは重油や薪などを浸かって沸かす場合。
はすぬま温泉ではガスを使っている為、実は煙突が不要。
東日本大震災後、煙突を10m切って現在は13mだとか。
他にも銭湯で使っている燃料の割合(ガスと重油と薪)も教えてくださったのですがメモし忘れちゃった。

最近は風呂屋の煙突よりも近隣に立つマンションの方が高くて、煙突から出る煙に苦情が来る銭湯もあるとか。
「後から出来たのに苦情とはねぇ」

奥に進みます。
はすぬま温泉さん自慢の、温泉炭酸風呂用の炭酸ガス。

炭酸ガスは1000ppm維持。1日で30キロボンベ一本使うそうです。

こちらが炭酸を溶け込ませる装置。

「下世話な話だけど…600万!」

さらにバックヤードへ。
銭湯のバックヤードと言うと、暑い窯場を想像しますが…

全自動!
「ボクは怠け者だから、こういうのが一番!」

はすぬま温泉の湯船は40.5度、炭酸泉は38.5度、水風呂は源泉のままで19度。
水風呂はもう少しぬるく感じますが…
「みんなが入ると温まっちゃうんだよね。でも水風呂初心者や子供に好まれているんですよ」
はい、自分ものんびり入れて好きな温度です。
冷たいのも好きですけどね。

温泉の濾過装置。

はすぬま温泉では「砂式」の装置だそうです。

大田区との防災協定のお話も聞かせていただき、銭湯を熱く語ってくださったご主人。
ありがとうございました!

休憩所に戻り、ゆっポくんサイダーを飲んで一休み。
そしてサイダーを小物にまた撮影。

小物があると、また違った感じになりますね。

水風呂も…

ケロリン桶も♪

たっぷり1時間、通常時の入浴よりも長いくらい滞在してしまいました。
はすぬま温泉さん、撮影会すごく楽しかったです!
来年も開催されるようでしたらまた参加します。
ありがとうございました!

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

おまけ
はすぬま温泉さんは猫を飼ってらっしゃって、時々ツイートに出てきます。
もう20歳だという猫さん達。
元気で過ごしてくださいね!

 

 


カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。