» 東京(豊島区)のブログ記事


とあるお寺。
今回も猫さんにお会い出来ました!

何匹か写っているのわかるかな?

『あ、いらっしゃい!』

さっそくやって来た鍵尻尾のキジさん。

『撫でてくださいな♪』

はいはい、撫で撫で♪

この様子をジッと見つめる茶トラさん。

茶トラさんも降りてきて撫でられませんか?

『う~ん…遠慮しておきます』

『他の猫はいいから、もっと撫でてくださいな』

さらに擦り寄ってくる鍵尻尾のキジさんを撫で撫で。

撫で撫で撫で…

鍵尻尾のキジさん、顔をこすりつけてきて…

ゴロ~ン♪

そのままモフらせて頂きます♪

『あれ?誰か出てきたよ』

え?他の猫さんが出てきました?

黒さんがこちらを見つめていました。

黒さん、一緒に撫でられませんか?

『え…遠慮しておきます』『やめておいた方がいいよ。きっとお酒臭いから』

茶トラさんも降りてきましたが、向こうに行ってしまいました。

『他の猫はいいからさぁ』

はいはい、鍵尻尾のキジさん。
カメラに近づきすぎですよ!

体勢を整えて、モフモフ再開です。

『ふぅ、いっぱい撫でてくれてありがとう』

鍵尻尾のキジさん、満足してくださったようです。

他の猫さんは?と見てみると…

尻尾の長いキジさんと黒さんがいらっしゃいました。

茶トラさんは境内をパトロールのようです。

他の猫さんの写真も(ちょっとだけだけど)撮れたし…

お寺を後にするとしましょうか。

『また撫でに来てね!』

はい、また来ますよ!

歩き出すと…
『え?』

グレーさんと出くわしました。
グレーさんちょっとだけ…

『撫でていらないよ!』『いらないよ~』

グレーさんの向こうに黒さんの姿が。
でも近寄ると逃げてしまいそうです。
ご挨拶だけして、お寺を後にしたのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



雨が続いた8月の中旬。
猫の広場を訪問しました。

猫さん達は…いらっしゃいますね!

捨て千代母さんと、まろくんが真ん中でくつろいでいました。

『あっ!ろっちさんだ!』

尻尾を立てて立ちあがった、まろくん。

『今日来るかな?っておもってたんだ!』

待っててくれたのですか?
ありがとう!

『早く撫でて~っ!』

まろくん、近い近い!

早速まろくんを撫で撫で♪

まろくん、毛が濡れてるじゃん。
雨の中待っていなくてもいいのに…

『待ってたんじゃなくて、パトロールしてたんだよね』

ありゃ、そうなんですか。
でも、濡れるほどの雨ならパトロールもやめてくださいね。

『まろ、雨の中外に出るなって』

まろくんに伝えてくれる母さん。

『すぐ止むと思ったんだけどね』

雨は急に強くなったりするから、油断は禁物ですよ!

『それよりもっと…』

はいはい、撫で撫で♪

自分に撫でられた後は、母さんが毛繕い。

いつもながら仲良しですねぇ。

今度は母さんを撫で撫で♪

『ボクもボクも~っ!』

またまろくんがやって来たので、撫で撫で…

『母さん、気持ちいいよ♪』

『良かったね♪』

と、ゴッツンする母さん。

今日の広場も仲良し親子の二匹だけ。
他の猫さん達が元気そうなのはSNSで見て知っているけど…
会えないかなぁ?

『ミッキーっ!スミレさ~ん!コタロウ!出ておいで~っ!』

ガリガリ爪を研ぎながら、まろくんが呼んでくださったのですが…

『お昼の方が出てくるんだよね』

皆さん出て来られず。

またしばし、まろくんを撫でて…

広場を後にしたのでございます。

他の猫さん達には会えなかったけど、仲良しの二匹にお会い出来たから満足。
え~っと…今回はまろくんがゴロンゴロンしてくださらなかったので1回で終わり。
まろくん、捨て千代母さん、また来月お会いしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある川跡に繋がる、細い暗渠。
そこに猫さんがいらっしゃいました。

キジ白さん?いや、三毛さんでしょうか。

シートの匂いを嗅ぐ三毛さん。

『あんまりいい匂いじゃないなぁ』

『おや?誰か見てるね』

はい、しっかり見ていましたよ!

『胡散臭いおっさんだ。隠れた方がいいかな?』

いや、隠れないで写真撮らせてくださいな。

『んじゃ、こんな感じでいい?』

暗渠に佇む、いい感じの写真が撮れました!
ありがとうございます。

『んじゃ、もういいでしょ?』

隙間の棚に登った三毛さん。

いや、もうちょっと…と指を出してみましたが…
『相手してあげないよ!』

奥に姿を消したのでございました。

細い暗渠を抜けて、本流の暗渠を歩きます。
おや?塀の上にキジ白さんがいらっしゃいますよ♪

『フフフ…指を出そうとしてもここまで届かないだろ』

ちょっと離れた場所にいらっしゃったキジ白さん。
こちらをチラッと見て、手の届かない場所でくつろぐのでございました。

さらに歩くと…
室外機の上に猫さんを発見!

気持ち良さそうにお昼寝中です。

『遠いから指出せないだろ?』

チラッとこちらを見てくださいましたが、お昼寝を続けるのでございました。

今度は橋があった場所で猫さん発見!

車の下に入って行ったキジ白さん。
『指の匂いなんか嗅がないからね!』

ジロっと睨まれてしまったのでございます。

その近く。
暗渠の側道に白い物が落ちていました。

レジ袋かな?と思ったら…
猫さんでした。

『なんだよ~。グテ~っと伸びてたのに』

猫さん、近くのお宅の門の中へ。

おや?もう一匹いらっしゃいますね。

『これからご飯が出てくるんだよ』

『あんたの相手してる時間は無いからね!』

猫さんに追い払われてしまう自分なのでございましたとさ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある公園で猫さん達と遊んでおります。

茂みの方に行った白黒さん。

香箱を組んでまったりしていますが…

ちょっと撫でちゃいましょう♪
『撫でられた~っ!』

叫んでいるんじゃなくて、あくびしただけですけどね。

『う…これは…』

これは?

『気持ちいいじゃないかぁ…』

白黒さん、うっとり顔をしてくださいましたよ♪

そのまま撫でていると…

『そこ、ポイントが違う!』

ありゃ、気持ちいいポイントがハズレてましたか?

『こっちだよ!そうそう!』

自分の手を掴んで撫でる場所を指示してきます。

『こんな酒臭い手なんか!エイエイっ!』

あれ?様子が変わってきました。

『こうしてやる!』

カジカジ甘噛してきた白黒さん。

『ちゃんと気持ち居場所を撫でないからそうなるんだよ!』

あ…すみません。
とりあえず謝っておこうっと。

『ほら、喉をね…』

ここですね?

と撫で撫で…

『違~う!』

どうも自分の思う場所と白黒さんのお気に入りの場所が違うようです。

『もういいよ』

ジト目で見てきた白黒さん。

『気分直しに毛繕いしなくちゃ』

足を開いて毛繕いを始めた白黒さん。

自分には全く興味がなくなってしまったようです。
三毛さんも茂みで寝始めたし…
公園を後にするとしましょう。

さくら猫の猫さん達、皆さんお元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある公園の歩道。
二匹の猫さんが、のんびりとしていました。

まず白黒さんにご挨拶。

おや?
怪訝な顔しながらも撫でさせてくださいましたよ♪

でもすぐに三毛さんの方に行ってしまった白黒さん。
『どうしたの?』

『知らない人が酒臭い指で撫でてきてさぁ』

『別に撫でられなくても、のんびり過ごしているのにねぇ』

重なって寝ちゃった二匹ですが…

『のんびりの飽きちゃったから遊ぼうよ!』

三毛さんの左ストレートが白黒さんに炸裂!

『やったな!』

白黒さん、右膝蹴りで反撃!
三毛さんの顔面に炸裂です。

『痛いじゃない!』『やってやるってば!』

取っ組み合いを始めた二匹。

『えいえい!』

しばらく遊んでいたのですが…

『飽きちゃったね』『うん』

一休みのようです。

『あのおっさん、遊ぶもの持ってないかなぁ?』

三毛さん、こちらを見て…

自分の方へやって来ました。

では、ストラップで遊んでみますか?

『遊ぶ!遊ぶ!』

三毛さん、ストラップに食いついてきました♪

『捕まえるよ~っ!』

『今度は下?』

『捕まえたっ!』

ストラップをガシガシ噛る三毛さん。

『引っ張っちゃダメ~っ!』

『エイエイっ!』

すごい力で引っ張ります。

『これ私のだからねっ!』

ストラップでいっぱい遊んでくれた三毛さん。
満足してくださったようです。

『ありがとね。白黒があっちに居ったから撫でてやって』

そういえば白黒さん、茂みの方に行ってしまいましたね。
では、そちらを見てみるとしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある商店街を散歩していると、猫さんの声が聞こえました。
どこからだ?見回してみると…

サビさんがグテ~ッとしているのを発見!

『あ、暇そうなおっさん発見!』

発見したつもりが発見されたようです。

『ちょっとかまっていきなさいよ』

手招きするサビさん。

では、お言葉に甘えて撫で撫で…
『ん?』

『この手、お酒臭いし汗臭いねぇ』

そりゃまぁ、この暑さですからねぇ。
(酒臭いの答えにはなっていない)

『撫で方は気持ちいいけど…』

『このまま撫でられると暑苦しいわ』

え?サビさんの方から『かまっていけ』って言ったんじゃないですか!

『暑苦しいのはまた別よ』

通りを渡っていくサビさん。

太鼓の前で一休み?

お祭り前に太鼓のチェックでしょうか?

『指出しても相手しないってば!』

サビさん、スタスタ歩いて…

とあるお店の前へ。
『ただいま~』

『暑苦しいおっさんの相手したから、早く涼しい中に入れてよ~っ!』

サビさん、暑苦しいおっさんとお別れして、涼しい店内に入って行ったのでございました。

写真が少ないので、おまけにこのあたりでお会いした猫さん達をご紹介。

車の下で寝ていた猫さん。

暑さを逃れて熟睡中。

ゆっくりお休みください。

『あれ?何してるの?』

今度はパトロール中の黒さんと遭遇。

『写真撮ってるならポーズとってあげるね』

座ってモデルになってくれた黒さん。
ありがとうございました!

さらに、駐車場でくつろぐ麦わらさんを発見!

塀際は冷たくて気持ちいいんでしょうか?

『風も通るからね。のんびりさせてよね』

なぜか片手だけ出していた麦わらさん。
涼しい場所で、のんびりとお過ごしください。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



7月の週末。
猫の広場に遊びに来ています。

ゴロ~ンと横になってモフられる、まろくん。

『気持ちいいですねぇ』

舌をペロッと出してます。

気持ちいいなら…
もっともっとモフモフモフモフ♪

まろくん、目がイッちゃってますよ。

『だって気持ちいいんだも~ん!』

いっぱいモフっていたら疲れちゃいました。
ちょっと一休み。

『あのね、ろっちさんにいっぱいモフってもらったの』

捨て千代母さんに報告する、まろくん。

そしてくっついてくつろぎます。

仲良し親子の写真を撮って、ちょっと座る位置を移動したら…

『ろっちさん、どこ行くの!』

ありゃ、まろくんがくっついてきちゃいました。

『こっちの日陰もいいね』『いいね』

捨て千代母さんも一緒に来て…

またまたスリスリ~♪

頭ゴッツン♪

そのまま、まろくんの毛繕いをする母さん。

まろくんが横になったら、背中をペロペロ。

くっついて寝ちゃった。

この二匹を見ていると和みます。
いつまでも仲良く居て欲しいなぁ。

『ねぇ、もうちょっと撫でてくださいな』

まろくんが訴えてきたので…

撫で撫で撫で♪

撫でていると…

『気持ちいい~~~~っ!』

やっぱりゴロンとしちゃいました。

またまたモフモフモフモフ♪

『ふぅ、一杯撫でてもらって気持ち良かった!』

喜んで頂けて自分も嬉しいです!

『暑い中来てくれてありがとう。また来月もよろしくね』

いえいえ、まろくん達こそ暑い中出てきてくれてありがとうございます。

捨て千代母さん、まろくん。
今月もありがとうございました!

また来月お会いしましょう!
夏バテしなようにお元気でね!

今回はスミレさんやコタロウくん、ミッキーさんにお会い出来なかったけど、皆さんお元気だそうですよ。
来月は会えるといいなぁ。
そう思いながら猫の広場を後にしたのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



7月の暑い週末。
やって来たのは猫の広場です。

暑いから出てきてないかなぁ、と猫の広場を覗いてみると…

まろくんと捨て千代母さんがいらっしゃいました!

『よいしょ』

立ちあがったまろくん。

『おはようございます~っ!』

まずはバリバリ爪研ぎ。

『さぁ、撫でてください!』

擦り寄ってきたまろくんを撫で撫で♪

あ、捨て千代母さんもこちらにやって来ます。

母さん、まろくんとスリスリ~♪

お鼻をペロン。

まろくんの毛繕いをする母さん。

ホント仲良し親子ですねぇ。

並んでくつろぐ2匹を撫で撫で。

その合間にも、まろくんの毛繕いをする母さん。

撫で撫でペロペロ…

まろくん、気持ち良さそうですねぇ。

『まろ、私の毛繕いよりろっちさんに撫でられる方がいいのね』

あ、捨て千代母さん。泣かないでください!

『何言ってるの。毛繕いしているだけだよ』

まろくんに冷静なツッコミをされてしまいました。

そんなまろくんを撫で撫で。

母さんも撫で撫で♪

またまた、まろくんを撫で撫で。

あ、気持ち良さそうなお顔になってきた。

『もっと撫でてくださいよ~っ!』

さらに擦り寄ってきたまろくん。

撫でようとしたら…ゴロン。

モフモフ開始です♪
首絞めているんじゃないですからね!

モフモフモフモフ♪

いつものようにまろくんをモフモフしながら…

後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



猫の広場に行った週末。
まろくんにお会い出来なかったので、翌日また訪問してしまいました。

広場の真ん中に猫団子ができていますねぇ。

まろくんと捨て千代母さんがくっついて寝ています。

熟睡中のまろくん。

『んん~~~~~』

寝ながら伸びをした、まろくん。

喉に隙間ができたので、撫でちゃいましょう!

『むにゃむにゃ…気持ちいい…』

だんだん体が開いてきちゃいました。

そのままモフモフ♪

寝ながらモフられる、まろくん。

『エ~~~~ックス!』

まろくん、どんな夢見てるの?

『むにゃむにゃ…見るなのビーナス…』

夢を見ているのか寝ぼけているのか…

『フアァァァァ~~~~』

大あくびしたまろくん。

『あれ?』

まろくんの目が開きましたよ。

『ろっちさん来てたんだ』

はい、来てもう撫でていますよ!

『おはようございます!』

起きて伸びをしたまろくん。

『さぁ、撫でてください』

足元に来て擦り寄ります。
もう撫でていたんですけどね。

と言いながら、また撫で撫で。

まろくんを撫でながら、捨て千代母さんをパチリ♪

今度はまろくんも紫陽花をバックにパチリ♪

珍しくモデルになってくださった、まろくん。

こうやって座った姿を見ると…
やっぱり大きいなぁ。

そのまろくんに捨て千代母さんがゴッツン。

仲良く並んでおやすみです。

くつろぐ二匹を、片手で一緒に撫で撫で。

撫で撫で撫で♪

『まろ、気持ちいいねぇ』

自分の側で、のんびりくつろいでくださった二匹。

一緒にのんびりとした時間を過ごさせていただきました。
いつもありがとね。
また来月お会いしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



7月の最初の記事は、恒例の猫の広場から。

週末の午前中、猫の広場に行ってみると…

奥に黒猫さんがいらっしゃいました。

重鎮ミッキーさんです。

こんにちは!
と指でご挨拶した後…

撫で撫で撫で♪

『あら、いらっしゃい』

捨て千代母さんの登場です。

『ミッキー、おはよう』

ミッキーさんにチュッとご挨拶しますが…

『よせやい』

ミッキーさんは釣れない態度。

ちょっと離れてゴロン。

またまた撫でさせて頂きましょう。

喉を撫で撫で。

胸を撫で撫で♪

お礼にペロンと舐めてくださいました♪

『ふぅ、気持ちいいねぇ』

のんびりとくつろぐミッキーさん。

奥では捨て千代母さんがのんびり。

母さんもちょっと撫でさせて頂きましょう。
『まろは寝坊でまだ出てきてないの。ごめんね』

いえいえ、まろくんが居ない広場もたまにはいいもんです。
寂しいけど。

母さん、喉を撫でたら気持ち良さそうにしてくださいましたよ♪

この隙に、母さんの肉球をパチリ♪

ちょっと離れて、紫陽花を無理やり入れてパチリ。

母さん、もうちょっと紫陽花の近くに…

と思ったのですが、そこは猫さん。
なかなか思うように行動してくださらなかったのでございます。

『猫には紫陽花なんて関係ないもんね』

ミッキーさん、その通りなんですけどね。
黒猫さんにこの日差しはキツイでしょう。
日陰でゆっくりお休みください。

ご挨拶して猫の広場を後にします。
広場の裏で…おや?白黒さんを発見!

通称ちあきなおみさんだそうです。
こちらの猫さんも長く可愛がられている猫さん。
皆さん、元気で過ごしてくださいね!

と歩き出した自分ですが…
まろくんにお会い出来なかったのが寂しくて、翌日また広場に来てしまいました。
その様子は次回に。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。