» 東京(豊島区)のブログ記事


とある商店街。
新たなる生活で看板猫さんになりつつある猫さんに会いに来ました。

茶白さんが日向ぼっこしていますね。

『またあんたか。かまってあげないからね』

鉢植えに紛れ込んでしまった茶白さん。

奥に引っ込んでしまいました。

回り込んでお花と一緒にパチリ。

お顔をこっちに、と思ったのですが…

そのまま奥に行ってしまったのでございます。

では、箱の中でくつろいでいる白黒さんの様子を見てみましょう。

ぐっすりお休みかな?

『ん?』

顔を上げてくださったので指を出してみます。

『くんくん…』

匂いを嗅いでくださいました♪

そのままちょっとだけ撫でさせていただいたのですが…

『気持ち良かったよ。でもね…』

でも?

『今日は眠いからここまで!』

白黒さん、またお休みになってしまったのでございます。

写真が少なくて寂しいので、この後歩いてお会いした猫さんたちの写真を。

まずは日向ぼっこ三毛さん。

とあるお宅のお庭で、うとうと日向ぼっこ。

気持ち良さそうになさっていたのでございました。

さらに歩くと…
おや、あんな所に猫さんが。
『いや、私はただの植木鉢です』

って、あなた先月もそこに居ましたね。

『あぁ、なんかそんな事あったな』

『ここがお気に入りなんだから、放って置いてくれないか』

そんなやり取りを塀の上から…
『また先月と同じ事やっているよ』

先月と同じキジ白さんが見ていたのでございましたとさ。

いや、いつもと同じ場所で同じ猫さんにお会い出来て安心したんですけどね。
みんなお元気で過ごしてくださいね。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



当ブログでおなじみとなりつつある黒猫路地に来ております。

でも、黒さんの姿は見えず、人懐こいキジ白さんに構ってもらってたりするのです。

おや?別の猫さんが登場!

『撫でてもらっているのか?』

老キジ白さんでした。
黒猫路地じゃなくてキジ白路地って呼び名変えようかしらん。
そう思った時…

ガサガサッ!

黒さんが現れましたよ!

尻尾が短い右耳カットの黒さんです。

この黒さんは人懐こいんですよね。

『何やってるんだろう?』

しばしこちらを見つめていた黒さん。

『あっ!前に撫でてくれた人だ!』

覚えていてくれたんですね♪

『今日も撫でに来てくれたの?』

キジ白さんを撫でている自分の前に横になる黒さん。

はい、撫でさせていただきますよ!

尻尾の短い右耳カットの黒さんを撫で撫で。

『ん…気持ちいいですねぇ』

そのままゴロ~ン。

当然モフらせて頂きます!

モフモフモフ…

『喉も撫でてね』

はい、撫で撫で撫で♪

あ…しゃがんでいたら足がしびれてきちゃった。
立ち上がると…

『ねぇ、もっと撫でてよ~っ!』

はいはい、撫で撫で…

またいっぱい撫でさせていただきます。
ふぅ、キジ白さんに黒さん。
いっぱいかまって頂いて大満足です。

『こっちも気持ち良かったよ!また撫でに来てね!』

尻尾が短い右耳カットの黒さん、ありがとうございます!

黒猫路地から立ち去る前に、ちょっと見上げると…
『みんなご飯だと思って出てきたのに…かわいそうに…』

え?老キジ白さん。そうなんですか?
泣かないでくださいよ。
ご飯の人じゃなくてすみません。

『なんてね。ただ顔洗ってただけだから』

実はお食事を貰った後の毛繕いだったようでした。

黒猫路地の皆さん、またお会いしにきますね。
お元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



当ブログでおなじみとなりつつあるスポット、黒猫路地にやってまいりました。

軒上に早速黒さん発見!

『なんだ?また写真撮りに来たのか?』

上から見つめる黒さん。
日向ぼっこ中で降りてこないようです。

『ん?誰か来たの?』

他に黒さんは?と探していると、キジ白さんが現れました。

『どれ、ちょっと様子を見に行ってやるか』

体を掻いた後、こちらにやって来たキジ白さん。

指を出してご挨拶してみましょう。

『う~ん…酒臭いけど猫好きの指だな、これは』

近寄ってきたキジ白さん。

そのまま撫でちゃいます!

『おおっ!気持ちいいねぇ』

ゴロ~ンとしちゃったキジ白さん。

そのままモフモフモフ♪

『モフモフも気持ちいいけど…』

『喉を撫でられた方がいいなぁ』

起き上がって顔を擦り付けてくるキジ白さん。

ガタン!
物音がしたので顔を上げると…

黒さんが軒上から塀に移動。

そのまま降りてきたのですが…

植え込みに姿を消してしまいました。

『ありゃ?どっか行っちゃったね』

ええ、行ってしまいましたねぇ。

『ま、黒の事は置いておいて…』

『こっちに来てもっと撫でなさい』

は…はい。
撫でさせていただきます。

撫で撫で撫で…

『うんうん、気持ちいいねぇ』

黒猫さんがいっぱい居るはずなんですが、1匹しかお会い出来ず。
人懐こい、尻尾が短い右耳カットの黒さんは出てこないのかなぁ?
そう思いながらキジ白さんを撫でて…
次回に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



3月の休日、猫の広場に遊びに来ております。

ゴロ~ンと横になった、まろくんをモフモフ♪

『気持ちいいですよ~っ!』

ひっくり返る、まろくん。

『そうそう、喉の方もお願いしますね』

はいはい。
モフモフ撫で撫で…

『気持ちいいですねぇ』

自分の手を枕にして寝ちゃった。

『ほら、写真撮っていないでボクを撫でるのに集中してください!』

わかりましたよ。
わかったから、そう睨まんでください。

撫で撫で撫で撫で…

いっぱい撫でられた、まろくん。

『今日はこのくらいで勘弁しておきましょう』

何故かイカ耳で偉そうに言われてしまいました。

起き上がったまろくん。

捨て千代母さんと一緒に日向ぼっこ開始?

と思ったら…

『やっぱり、もっと撫でてくださいな』

ズンズンやって来ます。

はいはい、撫で撫で…

まろくん、近い近い!

『ふぅ、満足しました。もういいですよ』

だから、なんでそんなに偉そうに言うの!

そんな問いかけに答えもせず、捨て千代母さんと日向ぼっこ開始のまろくん。

『撫でられるのもいいけど、日向ぼっこも気持ちいいですねぇ』

まったりとして、気持ち良さそうなお顔を見せてくださったのでございます。

横を見ると、おくさんことスミレさんも日向ぼっこ。

『日差しが気持ちいいですねぇ』

人懐っこいスミレさん。
ちょっと撫でさせていただこうと思ったのですが…

『今は日向ぼっこの方がいいの』

あまり撫でられたくないようでございました。

まろくんと母さんは仲良く並んで日向ぼっこ。

今回もいっぱい遊んで頂きました。

猫の広場の皆さん、ありがとうございました!

また来月お会いしましょう!
今度は桜が咲いた頃に訪問したいけど…
人が多くて猫さんの写真は無理かな?

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



月が変わってもう4月!
今年に入ってあっと言う間に3ヶ月が過ぎてしまった気がします。

と言う挨拶は置いておいて…
新年度の始まりは、猫の広場からスタートしましょう。

3月の週末。
猫の広場を訪れると…

まろくんが桜の根元でお休みになっていました。

すっぽりハマっていますね。

まろくん、こんにちは!

ご挨拶していると…

『あら、いらっしゃい』

捨て千代母さんがご挨拶に来てくださいました。

母さんにご挨拶した後、まろくんに指を出して…

撫で撫で♪

『こっち側を撫でて欲しいなぁ』

はいはい、撫で撫で撫で…

『あ、ちょっと待って』

母さんの匂いを嗅ぐ、まろくん。

そして広場のパトロールに行ってしまいました。

『あの子も気まぐれだからねぇ。あら?』

え?どうしたんですか?
捨て千代母さんが見つめる方に視線を移すと…

おくさんことスミレさんが来てくださいましたよ。

小さなお社の前でポーズを取ってくださったスミレさん。

『はい、ごめんなさいよ』

その前を、まろくんが横切っていきました。

横になったまろくん。
『さ、撫でてくださいな』

いつも通りマイペースですねぇ。

では再び、撫で撫で…

あ、ゴロ~ンとしちゃった。

んじゃ、いつもどおりモフりますね。
モフモフモフ…

と、モフり始めた所で後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある川跡を散歩中。
マンションの入口に居る白さんとお会いしました。

尻尾がモップのように広がっている猫さんです。

『おや?誰か来たね』

指を出すと確認しに来てくださった白さん。
『くんくん…』

『う~ん…』

え~と…この流れは…

『酒臭っ!』

あ、やっぱり。

『あっちに行こうっと』

白さん、移動して座ってしまいました。

でも諦めない自分。

今度は新しい作戦、ゲンコツでご挨拶してみます。

頭をゴッツンしてきてくださいました♪

『違うよ。あんたがゴッツンしてきたんだろうが』

まぁそうなんですけどね。

白さん、尻尾を立てて再び移動。

自転車の横に陣取ります。

ここで落ち着くのかな?
と思ったら…

『やっぱり、ちょっと撫でてもらおうかな』

自分の方にやって来た白さん。

喜んで撫でさせていただきますよ!

撫で撫で撫で♪

『あ…気持ちいいねぇ』

満足して頂けたようです。

『ありがとう。ご飯前のいい暇つぶしになったよ』

モデル座りで見送ってくださった白さん。
通り掛かる方々が皆さん声をかけていたので、この辺の名物猫さんのようです。
毛並みもきれいなフカフカ白さん。
お元気でいてくださいね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある路地。
塀の上に猫さんがいらっしゃいました。
『あ、誰か来た!』

ピョン!

スタッ!

ズボッ!

塀から飛び降りて柵をくぐるキジ白さん。

『よし、ここから落ち着いて観察だ』

『さて、このおっさんは何をしているのかな?』

猫さんを観察しようと思ったら、逆に観察されてしまいました。
観察されるのは趣味じゃないので、さっさと歩き出すと…

植木鉢の横に猫さんがいらっしゃいました。

『え?私はただの植木鉢ですが?』

いや、植木鉢じゃないでしょ!
どう見ても猫さんですよ。

『植木鉢ではないと見破るとは!』

『あんた、ただのおっさんじゃないな!?』

いや、ただの猫好きなんですけどね。

植木鉢のふりをしていた猫さんと別れ歩き出すと…
今度は物置の上に白い物が見えます。

猫さんのようですね。

『え?誰かに見られてる?』

起き上がった猫さん。

あっ!あなたは…
八の字眉のオッドアイさんではないですか!

もっと近くでお顔を…

『見せてあげないよ~』

塀の上を歩いていってしまった、八の字眉のオッドアイさん。

『もっとよくお顔を見たかったなぁ。なんて思ってるでしょ?』

え?
振り向くと、塀の上からさっきのキジ白さんが見ていました。

『誰か見てるぞ!猫が見てるぞ!』

しっかり観察されていたようです。
観察されるのは趣味じゃないので…ってさっきも言ったか。
とにかくさっさと歩き出す自分なのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある商店街を歩いていると、お店の横に猫さんの姿を発見!

『ん?お客さんかい?』

体を掻きながら挨拶してくれた茶白さん。
ちょっと写真を撮らせてくださいな。

『今、忙しんだけどなぁ』

毛繕いに忙しく、相手をしてくれません。

おや?奥から黒白さんがやって来ましたよ。

『どうしたの?』
『この人が写真撮らせてくれってさ』

『写真なんか撮られたくないねぇ』

おや?奥に麦わらさんもいらっしゃったのですね。

『黒白ならモデルになってくれるだろうから、頼んでみな』

茶白さんは取り付く島がありません。

では、黒白さんにお願いしてみましょう。

モデルになってくださいませんか?

指を出してご挨拶してみます。

おや?酒臭い指でも、匂いを嗅いでくださいましたよ♪

そのまま撫でさせて頂きましょう!

『あんた、なかなか気持ちいい撫で方するね』

つめみがきの上から立ちあがった黒白さん。

擦り寄ってきてくださったので、また撫で撫で♪

撫でていると…

ゴロ~ンとしちゃったので、もちろんモフらせて頂きます!

モフモフ…

モフモフモフモフ♪

『いやぁ、気持ちいいよ!』

『たまらんねぇ』

満足してくださったようです。

『あぁ、気持ち良かった!』

モフられた後は、ご飯の容器に向かう黒白さん。

『お腹が減ったから何かくださいな』

あんなにモフらせてくれた自分の事を完全に無視して、ご飯をねだるのでございました。

『黒白はいいモデルになっただろ?』

はい、ありがとうございます。
最後に、麦わらさんの写真も撮らせてくださいな。

『写真は嫌だって言ったでしょ!』

奥で座る麦わらさん。
自分を睨んで思いっきり拒否されたのでございました。

こちらの猫さん達。
近くのアパートに住んでいた方が可愛がっていた猫さん。
その方が亡くなり、今はこちらのお店でお世話しているそうです。
以前、看板猫さんがいらっしゃったこちらのお店。
この猫さん達も看板猫になっていくのかな?
元気で過ごしてくださいね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



最近良く覗くようになった、とある路地。

今回も黒猫さん達の姿が見えました。

何か見上げていますね。

『あっ!誰か来た!』

逃げ出す黒さん達。

そう言えば、この中に人懐っこい子が居たはず。
この黒さんだったかな?

伸びをしているこの黒さんだったかな?

こっちの黒さんは違うような気がするし…

確か、尻尾が短い右耳カットの…

あっ、この黒さんですね!

『え?人懐っこくなんか無いよ』

あれ?違ったかな?

 

横をすり抜けていく尻尾が短い右耳カットの黒さんを、指でちょっと触ってみます。

その途端…

『撫でて撫でて~っ!』

擦り寄ってきちゃいました。
人懐っこいのは、やっぱりこの黒さんでした!

擦り寄る黒さんを撫で撫で♪

撫で撫で撫で♪

いっぱい撫でさせていただきました。
ありがとね。

『え?もう終わり?』

『もっと撫でて~っ!』

立ち上がると、手に飛びついてきた黒さん。

『もっともっと~っ!』

はいはい、わかりましたよ。

黒さんをまたまた撫で撫で撫で。

しばらく撫でさせていただいて、満足して頂けたようです。

こちらの路地、黒猫路地と呼ぶとしましょうか。

この辺りを歩く時に必ず訪問する事になりそうです。
黒猫路地の猫さん達(キジ白さんもいらっしゃるのですが)、お元気で!
またお会いしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



2月の休日。
猫の広場に遊びに来ています。

毛繕いをする、まろくん。

奥にいる捨て千代母さんは…

ごろ~んごろ~ん♪

そして毛繕い。

『母さんもいい感じで転がっているなぁ』

捨て千代母さんを見つめる、まろくん。
何がいい感じかわかりませんが。

『ボクも毛繕い続けようっと』

まろくん、足をペロペロ。

『ペロペロ…おっと』

まろくん、バランスを崩してよろけてしまいました。

『よろけたんじゃないよ!起き上がろうとしただけだよ!』

うんうん、そういう事にしておきましょう。

『母さん、ろっちさんがよろけたってバカにするんだよ』

『本当によろけたんでしょ!人のせいにするんじゃないの!』

まろくん、母さんに叱られてしまいました。

『うわ~っ!ごめんなさい!』

『ほら、ろっちさんにちゃんと謝りなさい!』

しばし二匹で追いかけっこです。

追いかけっこした後は、またまた毛繕いする、まろくん。

ピンと伸びた後ろ足の肉球をパチリ♪

『あ、母さんが来た』

今度はよろけたんじゃなくて、ちゃんと振り向いたまろくん。

母さんに毛繕いをしてもらいます。

ペロペロペロ…

この親子は、本当に仲良しですねぇ。

この日、広場でお会い出来たのは、まろくんと母さんだけ。

3月は晴れた日に来て、皆さんの日向ぼっこ姿を見たいですねぇ。

まろくん、他の猫さん達にもよろしくね。

まろくん、母さんもお元気で!
また来月お会いしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。