» 寺猫のブログ記事


桜が散り始めた4月の休日。
とある猫寺に来ております。

試しに膝に乗せたら、そのまま落ち着いちゃったチビキジさん。

『ここ、気持ちいいね。もっと撫でてよ』

降りようとせず、すっかり落ち着いちゃいました。

撫で撫で撫で撫で…

『あ。シンノスケさんが歩いてく』

どれどれ?

シンノスケさん、境内パトロール中ですね。

一緒に茶トラさんもパトロールのようです。

チビキジさんも膝から降りて、同行するようです。

あれ?モフモフの黒さんがいらっしゃいますね。

ご挨拶しようと思ったら隠れてしまったので、別の猫さんを探してみましょう。

キジ白さん発見!

あらら、ゴロ~ンとしちゃった。

『眠いんだけど…なんか用?』

うん、ちょっとご挨拶をね。

指を出したら匂いを嗅いでくださったキジ白さんですが…

『お酒臭~い!』

距離を取られてしまいましたよ。
ガックリ。

シンノスケさんは茂みでお休みになるようです。

自分もそろそろ移動しましょうか。

『またね!』

揃って見送ってくださった猫さん達。
ありがとうございました。
また来月会いに来ますね。お元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



桜が散り始めた4月の休日。
とある猫寺に来ております。

本日の接待係のチビキジさん。
本堂の前でゴロ~ン。

『さぁモフって!』

体全開のチビキジさん。

んじゃ、モフらせていただきますね!

モフモフモフモフ。

モフられながら指を舐めてくださるチビキジさん。

舐めてくださるのはいいのですが…

なんでイカ耳?

『お互い気持ちいいとイカ耳になるんだよ~』

そう言う説は聞いた事ないですが…
まぁいいでしょう。

『ほらもっと~っ!』

はいはい、モフモフ♪

『おっと、そこじゃなくて、もっとお腹の方』

え?お腹の方?

『そう、そこ!』

バンザイしてモフられるチビキジさん。

うっとり顔を見せてくださいました♪

『お返しの毛づくろいだよ』

ありがとうございます。
嬉しいけど…爪は引っ込めてね。

『あれ?茶トラさんだ』

ん?チビキジさんの視線を追ってみると…

茶トラさんがスタスタ歩いていきますね。

たぬきさんの横でお花見かな?

『みんな日向ぼっこして気持ち良さそうだね』

そうですね。
って、試しにチビキジさんを膝に乗せてみたらそのまま落ち着いちゃいましたよ。

そんなチビキジさんを撫でながら…
後編へと続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



桜が散り始めた4月の休日。
とある猫寺にやってまりました。

本堂の前にいらっしゃるのは…

チビキジさん?
チビと言いつつも大きくなりましたね。

指を出してご挨拶しましょう。

匂いを嗅いでくださったチビキジさん。

そのままスリスリ♪

さらに指をペロリ♪

お酒臭くないですか?

『気にならないよ~』

指をペロペロなめてくださるチビキジさん。

『ふぁ~~~』

あらら、フレーメン反応してるじゃないですか!
やっぱりお酒臭いんですね?

『え?気にならないってば』

またまた指を舐めるチビキジさん。

『ふぁ~~~』

またまたフレーメン反応。
嬉しいような…悲しいような…

またまたペロペロペロ…

舐めてくださるのはやっぱり嬉しいですね。
うん。

『何やってるんだい?』

シンノスケさんが顔を出しました。
一緒に撫でられませんか?

『今日の接待係はチビキジなんだけどなぁ』

と言いながらも…

撫でさせてくださったシンノスケさん。

いつも通りゴロンとしてくれるかな?
と思ったら…

『今日の接待係はボクだよ!』

チビキジさんがスリスリしながらカメラの前へ。

『ほら、チビキジをかまってやんな』

シンノスケさん、接待をチビキジさんに任せて境内パトロールへ。

『さ、次はね…こっちだよ』

誘ってくるチビキジさん。
どうするんでしょうねぇ?

って所で、次回に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



晴れた3月の休日。
猫さんがいらっしゃる、とあるお寺に来ております。

移動しようとしたら、またまたゴロ~ンとしちゃったシンノスケさん。

移動しようと思っていたんですけどねぇ。
そんな目で見られたらしょうがないです。

撫で撫で撫で…

『はぁ…気持ちいい…』

うっとり顔のシンノスケさん。

横を見ると、茶トラさんがパトロール。

こちらに来てくれるかな?と思ったら…

そのまま門の方に行ってしまいました。

『茶トラはいいから…』

はいはい、撫で撫で撫で♪

『顔の横も…そうそう』

はい、気持ちよかったですか?
では、そろそろ…
手を引こうとすると…

『まだダメ!』

自分の手を押さえつけられてしまいました。

んじゃ、もうちょっとだけね。

撫で撫で撫で…

気持ちよさそうなお顔のシンノスケさん。

『もっとだよ!』

手にしがみついて離しません。

シンノスケさん、足がしびれてきました。
そろそろ勘弁してくださいな。

『もう、しょうがないなぁ』

立ち上がると、横たわったまま見送ってくださったシンノスケさん。

お名残惜しいですが、自分はいっぱい撫でモフして大満足!

ありがとね。また来月撫でモフさせてくださいね!

シンノスケさんにご挨拶して歩き出すと…
おや?脚立の上に猫さんがいらっしゃいますよ!

『何見てんだよ』

しばらく見つめ合ってしまいました。

『これからおやつタイムなんだよ』

下にも黒白さんがいらっしゃいますね。

『あ、出てきた!』

『今日のおやつは何かなぁ?』

ワクワクしながら待つ猫さん達。
こちらの方にはまた別の猫さんも暮らしていたのですね。
猫寺に来る楽しみが増えました。
来月の訪問時にも会えるといいなぁ。

可愛がられている猫さん達、お元気でお過ごしくださいね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



晴れた3月の休日。
猫さんがいらっしゃる、とあるお寺に来ております。

またまた自分の方にやってきたシンノスケさん。

手にスリスリ♪

そのまま撫でさせていただきます。

撫で撫で撫で撫で…

足に寄りかかって撫でられるシンノスケさん。

気持ちよさそうに撫でられていますねぇ。

で…またまたゴロ~ン。

モフモフさせていただきましょう!

バンザイしてモフられるシンノスケさん。

『もっと喉も…そうそう』

『気持ちいいねぇ♪』

あ、向こうを茶トラさんが歩いていきますね。

『シンノスケさん…気持ちよさそうだね』

チラッとこちらを見て、歩いて行ってしまった茶トラさん。

シンノスケさんは体を開いてモフられるがまま。

『だってさぁ、気持ちいいんだもんねぇ』

そうですか!
でも、しゃがんでいるのが疲れてきちゃいましたよ。

『しょうがないなぁ。ちょっと休憩』

シンノスケさん、本堂の方に移動します。

さっきの茶トラさんもやってきましたね。

茶トラさんは…お食事かな?

見に行ってみましょう。

やっぱりお食事でした。

ポリポリとカリカリを食べる茶トラさん。

シンノスケさんの撫でモフから開放されたし…
そろそろ移動するとしましょうか。
『あれ?どこに行くの?』

シンノスケさん、自分の後を付いてきちゃいました。

んで…

またゴロ~ン。
『さ、撫でてくださいな』

こんな目で見られたら…また撫でるしかないですねぇ。

なんて考えながら、次回のシリーズ最終回に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



晴れた3月の休日。
猫さんがいらっしゃる、とあるお寺に来ております。

自分の前でゴロ~ンとしちゃった、お寺の主シンノスケさん。

そのまま撫で撫で♪

『気持ちいいですねぇ』

目を細めてくださったシンノスケさん。

続けてモフモフモフ♪

モフモフモフモフ…

うっとり顔のシンノスケさん。

『もっとですよ!』

はいはい、モフモフモフ…

『はぁ…気持ちいい…』

こういうお顔を見せてくださると、自分も心が和らぎます♪

『んじゃ、もっと撫でモフしてね』

もちろんです!

撫で撫で…モフモフ…

『シンノスケさん、何やってるの?』

おや?キジ白さんが近づいて来ましたよ。

君も撫でられるかい?

指を出してご挨拶してみます。

『う…何この匂い。もう一回…』

サイド指の匂いを嗅ぐキジ白さん。

『お酒臭いよ~っ!』

あらら、行ってしまいました。

『気分直しにご飯食べようっと』

本堂の下でご飯を食べ始めたキジ白さん。
君…前回(昨日の更新)でもご飯食べていなかったっけ?

横を見ると、シンノスケさんもお食事。

シンノスケさんも…
前回(昨日の更新)でもご飯食べていなかったっけ?

そんなツッコミを無視して、お食事を続けるシンノスケさん。

ムシャムシャムシャ…

シンノスケさんがお食事に夢中なので…

別のキジ白さんの写真をパチリ♪

見返り美人ですねぇ。
続けて正面の写真を…

『さ、食事の後は撫でモフタイムだよ』

また自分の方にやってきたシンノスケさん。
これは撫でるしかないんでしょうねぇ。
なんて考えながら、次回へと続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



3月の休日。
猫さんがいらっしゃる、お花が綺麗なお寺にやってまいりました。

梅はほころび始め。

でも十分見頃。
見事な梅を眺めながら境内を歩いていると…

猫さん発見!

キジ白さんがお庭を歩いていきます。

本堂では別のキジ白さんが日向ぼっこ。

本堂から地面に降りてゴロンゴロンと転がり始めたキジ白さん。

眼の前で転がってくださると言う事は…
もっと近づけるかな?

『ん?何してるんだよ』

一歩踏み出したら起き上がって行ってしまいました。

横を見ると、尻尾の長いキジさん。

こちらも一枚写真を撮らせてくださっただけで疾走。

『さぁ、ご飯だよ♪』

最初にお会いしたキジ白さんがやってきました。

本堂の下でご飯を食べるキジ白さん。

その横では…
猫寺の主、シンノスケさんもお食事中です。

ポリポリポリ…

美味しそうにお食事していたシンノスケさんですが…

『さて、食事の後は撫でてもらおうかな』

自分の方にやってきました。

シンノスケさん、こんにちは!

ご挨拶に撫で撫で撫で♪

顔を上げて気持ちよさそうにしてくださったシンノスケさん。

『もっと撫でてくださいな♪』

はいはい、撫で撫で撫で…

顔を擦り付けて来たシンノスケさん。

そのままゴロ~ン♪

あらあら、これはモフらなくてはいけませんねぇ。

モフモフモフモフ…

とても良いお天気の中で訪問した猫寺。
シンノスケさんをモフりながら…
次回に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



2月の休日。
猫散歩に、とあるお寺に来ております。

本堂の前に座るキジ白さん。

指を出してご挨拶してみますが…

『お酒臭っ!』

何故かキジさんが飛び出てきてしまいました。

出てきたキジさん。
シンノスケさんにご挨拶。

『ご挨拶よりもモフモフだよな』

キジさんよりも自分にすり寄ってきたシンノスケさんをモフらせていただきます。

モフモフモフモフ…

本堂に目をやると、キジさんが入っていた箱には茶トラさんが。

手前のキジさんは熟睡…
『近づくから目が覚めちゃったよ』

起こしてしまったようです。
ごめんなさい。

自分の手から離れたシンノスケさんは、南天の実をチェック。

『これは…食べられないなぁ』

そうですねぇ。猫さんの食べ物ではないですね。

キジ白さんは灯籠のチェック中。

お寺の猫として、お仕事をなさっているようです。

さて、お寺から移動しましょうか。
歩き出すと…

キジ白さんが付いてきましたよ。

『あのね、お見送りしてあげる』

わざわざありがとうございます。

尻尾の長いキジさんもお見送りしてくださるようです。

と思ったら爪とぎでした。

ガリガリガリ~っ!

おや?白黒さんも現れましたね。

そのまま門まで付いてきた猫さん達。

白黒さんは参拝客のご案内をするようです。
『左門から出入りするんだからね』

はい、ちゃんと左側から出てきましたよ!

『さ、お見送りもここまで』

シンノスケさんが号令をかけます。

『みんな戻るよ』『は~い』

戻り始めた猫さん達。

『おっと、出入りは左門からだからね』

『わかってるよ』

『さ、キジ白も戻るよ』

ちゃんと左門から戻っていった猫さん達。
お見送り、ありがとうございました。
また来月お会いしましょうね。
皆さん、お元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



猫の広場の後は、とあるお寺の猫さん達にご挨拶。

本堂の前にキジトラさん達がいらっしゃいますね。

奥には若いキジさんがお二人。

まったり過ごしています。

たぬきさんの前にはシンノスケさん。

お出迎えしてくださったのですか?
ありがとうございます♪

『さぁ撫でてくださいな』

伸びをするシンノスケさんを撫で撫で♪

撫で撫で撫で…

あれ?すぐに体が傾いて…

ゴロン♪

横になっちゃいました。

ゴロンとしたシンノスケさんを撫で撫で撫で♪

『気持ちいいですねぇ』

目を細めて気持ち良さそうなお顔を見せてくださったシンノスケさん。

喉を撫でるとスリスリスリ。

続いてモフモフモフ♪

おや?キジ白さんが歩いて行くのが見えますよ。

キジさんの横に陣取るキジ白さん。

日向と日陰でコントラストが…

『あっちはいいから、もっと撫でてくださいな』

あ、ゴメンナサイね。

撫で撫で…モフモフ…

『今度は喉も!』

はいはい、喉を撫で撫で♪

またまたお腹をモフモフ♪

『あ~…気持ちよかった!』

寝ながら伸びをするシンノスケさん。
満足していただけたようです♪

ん?本堂の横に先月見かけなかった張り紙がありますよ。

猫を見ると勝手に食べ物をあげる人がいるんですよね。
お世話されているかどうかも調べずに「かわいそう」と思いこんで。
単に餌をあげるだけなのは「可愛そうな猫にいい事をした」と言う勝手な自己満足。
何か食事を与えるということは、その猫に対して責任を取らなくてはいけない。
と自分は思うのでございます。
餌をすぐにあげようと思ってしまう人をどうしたら無くせるのかなぁ?
なんて考えながら、後編に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



1月の休日。
おなじみのお寺の猫さんに会いに来ています。

『うわっ!お酒臭い手で撫でられた!』

本堂に居たキジ白さんを撫で撫で。

『あれ?気持ちいいぞ』

そうでしょう!

撫で撫で撫で…

『お酒臭い指なのに…気持ちいい撫で方するねぇ』

うっとり顔のキジ白さん。
お酒臭いは余計ですが、撫でる方には定評があるんですよ!

なんてつぶやきながら撫で撫で♪

『シンノスケさんも撫でてあげてよ』

うん、シンノスケさんも撫でたいんですけどねぇ。

箱の中で熟睡されていますから…

あれ?指を出したら目を覚ましたようです。

そのままシンノスケさんを撫で撫で♪

『シンノスケさんも気持ち良さそうだね』

手にスリスリしてくださったシンノスケさん。

気持ち良さそうなお顔を見せてくださいましたが…

やっぱり眠いみたいで起きてきてくださいませんでした。

『こんなに気持ちのいいお天気だもん。みんな寝ちゃうよ』

キジ白さんもお休みになるようです。

箱の中の茶トラさんもお休み中。

皆さん、くつろいでいる中お邪魔しました。

『ホント邪魔されたよ。でも気持ちよかったからまた撫でてね』

はい、来月またお愛して撫でさせてくださいね。

まだまだ寒い日が続きますが、猫寺の皆さん。
お元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。