» 東京(世田谷区)のブログ記事


とある公園。
ベンチの後ろに黒白さんがいらっしゃいました。

ガリガリガリ…

爪研ぎをしているようです。

『ここは爪研ぎにはいいけど、ちょっと寒いな』

黒白さん、日向に移動します。

あ、ちょっと待って下さいな。

『え?呼んだ?』

はい、写真のモデルになってくださいな。

『モデル?』

はい、ちょっとだけポーズを。

『ゆっくり日向ぼっこしようと思ったのに…』

と言いながらもポーズを取ってくれた黒白さん。

『で…報酬は?』

報酬は…出ません!

『ケッ!』

『無駄な時間を取られちゃった』

柵をくぐって向こうに行ってしまった黒白さん。

回り込んで追いかけてみると…
地面を掘っています。

用を足した後でしょうか?

『あ、追いかけてきた』

『邪魔されないように向こうで日向ぼっこしようっと』

黒白さん、ゆっくりと歩いて姿を消したのでございました。

黒白さんが消えてしまったので歩き出すと…
今度はキジ白さんとお会いしました。
『ぼ~~~~~』

気持ち良さそうに日向ぼっこ中のようです。

今度は邪魔しないように、そっと立ち去る自分でございました。

その近く。
今度はサビ猫さんの姿を発見!

こちらはパトロール中でしょうか?

『おや?見かけない人が来たぞ』

『ちょっと様子を見てやろう』

自分をジッと見つめるサビさん。

『匂いも確認…』

鼻をヒクヒクさせています。
もしかして…

『このおっさん、酒臭いぞ~~~~っ!』

サビさん、走って逃げて行ってしまったのでございました。
ガックリ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある街。
キジ白さんの姿を見かけました。

『次はあっちをチェックだ』

パトロール中のようです。

『おや?見かけない人が居るな』

『ちょっと確認しに行ってみよう』

『う~ん…お酒の匂いがプンプンするぞ』

『これは近寄らないほうが良さそうだ』

自分を避けて歩いていってしまったキジ白さん。

『この家は…異常なし!』

ねぇねぇ猫さん。

『なんだ?酒臭いおっさん』

いや、今日はまだ呑んでいないから酒臭くないはずですが…

『昨日遅くまで呑んだんじゃないのか?匂うぞ』

そうかなぁ?ちょっと確認してくださいよ。

指を出すと…
『くんくん…』

『やっぱ酒臭っ!』

うわっ!凄い表情!

『パトロールの邪魔しないでくれよな』

歩いていってしまったキジ白さん。

『さて、次は…』

『あっちのお宅でご飯を頂くとするか』

通りを渡って、とあるお宅へと消えていったのでございました。

写真を整理していた時は別のネタを思い浮かべていたはずなんですが…
いざ書いてみたら、やっぱり酒ネタになってしまったのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



外猫さんのお世話をしているという、とあるお寺に行ってまいりました。

到着すると、早速本堂の前に白黒さんを発見!

『おや?参拝客かい?』

まぁ参拝と言えば参拝ですが…

『ゆっくりお参りしていきな。わたしゃあっちに行っているから』

まずはお参りした後、移動した白黒さんに付いて行ってみます。

お水が入った鉢の側に移動した白黒さん。

お水を飲み始めました。

本堂の横に綺麗なお水が用意してあるのに…

なんで猫さん達は、溜まったお水を飲むのでしょうねぇ。

『ふぅ、美味しかった』

お水を飲み終わった白黒さん。

日向に移動して、ひなたぼっこ開始。

『のんびりさせてくれよ。他にも猫が居るから探してみな』

そうですか。他にもいらっしゃるのですね。
探してみると…

木の間で日向ぼっこして眠る別の白黒さんを発見!

でも遠いので近寄れず。

本堂の横のダンボールを覗いてみると…

猫さんが丸まって寝ていますねぇ。

ニャンモナイトになっています。

『パシャパシャうるさ~い!』

シャッター音で起こしてしまったようです。

ごめんなさいね。
と、指を出してご挨拶。

そのまま撫でると…

また寝ちゃった箱の中の猫さん。

お休みの邪魔をしちゃ悪いので、立ち去るとしましょう。

『他の猫にも会えたかい?また来るといいよ』

最初にお会いした白黒さんがお見送りしてくださいました。

ペットの葬儀も行われるこのお寺。
猫さんの譲渡会も定期的に行われているそうです。
お寺は地域の交流場。
猫さんにも優しいお寺がある地域は、人も暮らしやすそうですね。

お寺さん、猫さん達、ありがとうございました!
お元気で過ごしてくださいね。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とあるお寺。
参門の前の休憩スペースで、猫さんを発見しました。

黒ブチ猫さん、体が葉っぱだらけですよ!

お天気が良いからゴロンゴロンした後なのでしょうか?

凄いことになっていますが…

『そんなの気にしない気にしない』

『それよりも、あんたが近寄ってくる方が気になるな』

場所を移動した黒ブチさん。

『ほら、こうして見れば汚れなんか気にならないだろ?』

そりゃ気になりませんが…
反対向きになっただけじゃないですか。

『うるさいなぁ、もうあっちのキジを撮ってろよ』

え?キジさん?

ホントだ。近くでキジさんがお昼寝しています。

『え?え?こっちを撮るの?』

『写真は嫌いなんだよーっ!』

キジさん、茂みの中に逃げ込んでいってしまいました。

2匹の猫さんに嫌われてしまったので、この場を離れお寺に参拝。
帰り際にもう一度猫さんの姿を見に行ってみると…

日差しを浴びて思い思いにくつろいでいます。

『また来たのか!』

あ、もう邪魔はしませんから!
さっさと立ち去ります。

黒ブチさんものんびりお休みのようですからね。

って耳は反応していますが…

『そこから近寄らないようにね』

顔をちょっと上げて牽制してきた黒ブチさん。
多分、体の下側は枯れ葉だらけになっているんだろうなぁ。
なんて思いながら、猫さん達とお別れしたのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある上水を散歩していた時のこと。
暗渠となっている部分で茶白さんの姿を見かけました。

首輪を付けた綺麗な茶白さん。

暗渠をパトロールしているのでしょうか?

緑地部分で通行人を観察する茶白さん。

『こっちは異常ないね』

『こっちも大丈夫』

『こっちは…うわっ!変なおっさんと目が合っちゃった!』

『こんなおっさんはイチャモン付けてくるから、目を合わさないようにしなくちゃ!』

いやいや、イチャモンなんか付けませんよ!
写真を撮るだけ。

撮るだけなので…
反対側に回ってお顔をパチリ♪

『やっぱりイチャモン付けに来たよ!』

だから、イチャモン付けませんってば!
爪研いで戦闘態勢に入らないで下さいよ~。

『イチャモン付けてこない?単なるマヌケなおっさんなのかな?』

そうです。
単なるマヌケなおっさんですよ~っ!

って誰がマヌケやねん!

『や~い、マ・ヌ・ケ♪マ・ヌ・ケ♪』

何ですかその踊りは?

『マ・ヌ・ケ♪マ・ヌ・ケ♪マヌケ音頭~♪』

マヌケ音頭って…
ハズレのおっさん音頭を踊る猫さんは見た事ありますが、マヌケ音頭ってのもあったんですねぇ。

『そうだよ、もう一回見る?』

はい、ぜひ見せてください。

『マ・ヌ・ケ♪マ・ヌ・ケ♪マ・ヌ・ケ音頭~♪』

いやぁ、転がっている所がマヌケっぽくていいですねぇ。

『それをじっと見ているあんたがマヌケだよ』

『マヌををからかっていい暇つぶしになったし、お家に帰ろうっと』

立ち上がった茶白さん。

フェンスの間をくぐり抜けて…

『マヌケなおっさんも呑み過ぎないで早く家に帰るんだぞ』

はいはい。呑み過ぎて電車を乗り過ごしたりしないようにしますよ。
ズルっ…
あ…
猫さんに夢中で足踏み外しちゃった。

『ププッ…最後までマヌケだったねぇ』

茶白さん、余計な一言を自分に残して、お家に帰っていくのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



昨日は更新お休みしてすみませんでした。

木曜の仕事が早く終わったのですが、その分早く寝て…
早起きしてブログ更新と思ったのですが、体が思うように動かず。
出勤ギリギリまで寝てしまい、ブログの更新をおやすみすると言う事態になってしまいました。
年度初めの仕事も今週が山だと思われますので、来週はなんとかお休みできず更新していきたいなぁ。
と、思っておりますです。
(思っているだけじゃダメなんですけどね)

さて、お寺の猫さん達を再開します。

前回ラストで、キジさんに『三毛に挨拶してきな』と言われちゃったので、そっちの方を見てみると…

三毛さんがお食事中です。

『ふぅ、美味しかった♪』

『まだ食べ足りないなぁ。こっちには…入っていないか』

『こっちも空だしなぁ』

『何度見ても入っていないねぇ…』

何度も空になった容器を見つめる三毛さん。
そりゃ、ご飯は自然に増えたりしませんからねぇ。

『しょうがない、パトロールに行こうか』

三毛さん、墓地のパトロールにお出かけです。

『こっちは異常なし!ご飯も無し…と』

墓地を一周りして、寺務所の前で待機する三毛さん。

三毛さん、寺務所の前にいても、もうご飯は出てこないと思いますよ。

『そっか、ご飯はもう出てこないのか…』

『んじゃお昼寝しに行くか』

三毛さん、今度はお昼寝をしに墓地の方に向かって行ったのでございました。

『三毛に遊んでもらったのかい?』

いや白黒さん。
遊んでもらったってよりも、ストーキングしていただけなんですけどね。

『ストーカーは嫌われるよ!猫にもね』

は…はい、気をつけますね。
キジさんに注意されて、しょんぼりする自分でございます。

このお寺、猫の保護や譲渡も行っているそうです。

お寺さんのお陰で、幸せになる猫さんが居る。
とても良い気持ちになって、このお寺を後にしたのでございました。

そしてお寺の近くで開渠を見つけて、またまた良い気持ちになるのでございました♪

あ、これは猫さんとは関係ないですがね。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある街のお寺の境内に猫さん達がいらっしゃる。
そんな噂を聞きつけて、そのお寺を訪問してみました。

境内には猫ハウスが!

そして猫さん用のご飯の容器が置いてあったり…

洗ってあったり…

これはもう、猫さんにお会い出来るのが約束されたようなものですね!

さて、猫さんはどこにいらっしゃるかな?
探してみると…

ひなたぼっこしながら毛繕いしている白黒さん発見!

『なんだ?見学者か?今忙しいんだけどなぁ』

白黒さんの側には、別の白黒さんとキジさんがいらっしゃいます。

日差しを浴びて、お休み中の白黒さん。

そしてキジさん。

そっぽ向いちゃったけど。

まずは、最初の白黒さんにご挨拶をしましょうか。

こんにちは!

と言いつつ、いきなり撫でさせて頂きます。

『こらこら、いきなり撫でるんじゃないよ。失礼なおっさんだなぁ』

と言う白黒さんの胸を撫で撫で。

『おおっ?これは…』

『気持いいじゃないか!』

撫でられて、あまりの気持ちよさにビックリ顔の白黒さん。

『お…おお…おおっ!気持ちいい~~~っ!』

とても気持ち良さそうにしてくださったのでございました。

『いやぁ、気持よかったよ。他の猫にも挨拶してきな』

白黒さん、満足してくださったようです。

では、他の猫さんにもご挨拶を。

こちらの白黒さん、こんにちは!

ちょっと撫でさせて…
ありゃ。気持ち良さそうにお休み中ですね。

『日向ぼっこ中だから撫でなくていいよ。キジに挨拶してきな』

こちらの白黒さんに振られてしまいましたよ。

では続いてキジさんにご挨拶。
キジさん、こんにちは!

『日向ぼっこ中邪魔しないでよ。あっちの三毛に挨拶してきな!』

白黒さんに続いてキジさんにも振られてしまいました。
最初の白黒さんは撫でさせてくれたのになぁ。
で…三毛さんもいらっしゃるんですか?
会いに行ってみましょう!

次回に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



これまた別の暗渠を散歩していた時のこと。

暗渠横のお宅で、くつろいでいるキジ白さんを発見しました。

ころ~ん♪ころ~ん♪

キジ白さん、ゴロンゴロン転がっています。

伸び~っ!

丸まった尻尾が可愛いですねぇ。

『ふぅ、気持ちいい日差しだねぇ』

『あれ?あんた何見てるの?』

何見てると言われても…ねぇ。
キジ白さんのお姿を見かけたので、写真を撮っているんですよ。

『え?写真?』

はい、写真を撮っています。

『猫が目の前でゴロンゴロン転がっているのに、モフらずに写真だけ撮るの?』

いや、本当はモフりたいんですよ!

『そうだよねぇ。モフりたいよねぇ』

『でも、柵が邪魔で近寄れないんだろ?』

はい、その通りです。

『この柵があるから、邪魔されずゴロンゴロン出来るんだよね』

キジ白さん、自分が近寄れないのをわかっていてゴロンゴロン転がっていたようでございました。

結局キジ白さんには近寄れず…
遠くから望遠レンズを使ってキジ白さんの写真を撮るだけで満足せざるを得ない寂しい自分。
あぁ…モフりたかった!

と思いながら、キジ白さんとお別れしたのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある日。
とある暗渠をお散歩。

こんな、いかにも暗渠の路地を越えると…

暗渠というよりも谷!

素晴らしい!
素敵な光景に興奮した後…

近くの公園で一休みしようかと歩いていると、黒さんの姿を発見しました。

『あ、なんか興奮しているおっさんが来た』

近寄ってきた黒さん。
ご飯の容器がありますから、このお宅でお世話になっている猫さんのようですね。

『ねぇねぇ、なんで興奮してたの?』

いやぁ、素晴らしい暗渠を歩いてきたんでね。
もう!興奮せずにはいられないような光景でしたよ♪

『暗渠?暗渠よりも猫を撫でる方が興奮しない?』

えっと…
どっちも興奮しますけどね。
ちょっと比べようが無いですねぇ。

『比べようがない?そう言わずにさぁ』

近寄ってきた黒さん。

『この辺りでいいかな』

場所を決めて…

ごろ~ん!

『さ、モフって!』

ゴロ~ンとしてモフらせてくださった黒さん。

これも興奮せずにはいられない!

興奮しながら、モフモフ撫で撫でを繰り返す自分。

『ふぅ、気持よかった♪』

『で…暗渠とやらと猫。どっちが興奮した?』
1502kmz01-14
いや、ホント比べ物にならないんですよ。
どっちも興奮しました!

『そこは猫の方が、って言うんだよ!猫心がわからない人だねぇ』

黒さん、急に冷めてしまったみたいでして…
家の隙間に隠れて行ってしまったのでございました。

自分、なんか間違ってしまったみたいですね。
まだまだ猫心がわからない自分なのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある暗渠を散歩中。
視界の片隅に動く物を見つけました。

茶白さんが…
首を伸ばして、何をしているんでしょう?

『首を長くしても、何も出てこなかった…』

反対側に歩いて行く茶白さん。

『ん?あのおっさんはしゃがみこんで何やっているんだろう?』

『ちょっと近寄ってみよう』

こっちに歩いてきた茶白さん。

『おじさん、何やってんの?』

猫さんの写真を撮っているんですよ。

『とる?獲って食べるのか?』

いや、写真は食べ物じゃないですからね。
撮っても食べないですよ。
自分と、ブログを見ている皆様が楽しむだけ。

『食えないのか?せっかく獲るのに!』

いや、茶白さん。
獲るの字が違いますよ。

とりあえず…
お近づきの印に指の匂いでもいかがでしょう?

『その指で猫を獲るんだな?その手は食わないぞ!』

文字通り、その手を食わなかった茶白さん。

だから、その獲るんじゃないんですよ。
んじゃ、今度は”都会の猫に大人気”プラチナストラップではいかがでしょう?

『それで写真とか言うのを獲るのか!』

いや、写真は同時進行で撮っているんですよ。
って、獲ると撮るは違ってね。
写真を撮るっていうのは、撮影して画像を楽しむんですよ。

『写真?画像?それ食えるのか?』

だからね、食べるものではなくてね。
説明が難しいなぁ。

『難しくないでしょ!食えるか食えないか?それだけだ!』

『さっきから何やってんの?』

茶白さんにどうやって説明しようか悩んでいると…
茶トラさんが現れました。

『このおっさんが写真を撮るとか獲るとか言ってるんでね。それは食えるのか聞いてたんだ』

『ふ~ん…』

『茶白さん。このおっさんのトボけた顔よく見てみろよ』

『どう見ても写真で食って行けそうにない』

『そっか、指や紐しか出さないから、食えないおっさんだと思っていたんだ』

さっさと立ち去っていった茶白さん。

『おじさん、写真で食えるようになったらまたおいで。モデルになってあげる』

『僕たちはご飯が貰える食える猫だからね!さぁ食事に行こうっと』

ご飯を貰うお宅に向かっていった茶トラさん。

食えない自分は…
ガックリして暗渠歩きを続けるのでござます。

でもね、食えない分呑んでやる!いや、写真で呑むわけでは…
あ、呑める時もあるなぁ♪
写真で食うんじゃなくて、写真で呑める猫写真家を目指すか!
目指す方向性が斜め上どころか、呑み過ぎて目がグルグル回っちゃうくらい迷走する自分なのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。