» 東京(江東区)のブログ記事


久しぶりに、とある堀跡にやってまりました。

橋の下に猫さんの姿が見えます。

行ってみましょう!

大きな茶白さんが寝そべっていました。

指を出してご挨拶しましょう。
『くんくん…』

『うわっ!この匂いは…』

え?お酒臭いですか?
今日はまだ呑んでいないんですけど…

『昨晩に芋焼酎のお湯割りを呑んだね?』

あ、正解です!

『芋焼酎の匂いが指に染み付いてるよ!』

う…昨晩の匂いでもわかっちゃうんですね。

『でもまぁ、それはさておき…撫でてくださいな』

は…はい!
喜んで!

撫で撫で撫で…

顔を擦り付けてきましたよ♪

さらに撫で撫で…

茶白さん、脱力状態。

凄くリラックスしていますねぇ。

今度はひっくり返っちゃった♪

こういう反応をしてくださると、冥利に尽きます♪

『撫でてくれてありがとう』

お礼に指を舐めてくださった茶白さん。
芋焼酎臭くないですか?

『この匂いもまたアクセントだよ』

そう言ってくださると嬉しいですねぇ。
撫で撫で撫で…

今度は手を枕にして寝ちゃいました!

『あぁ、気持ちいい』

いっぱい撫でて、とてもくつろいでくださった茶白さん。
ずっと撫でていたいですが…
そろそろ移動しなくてはいけません。

『そうか、残念だけど…』

『また撫でに来てくれよ』

もちろんです!

この茶白さん。猫写真の先輩によると10歳は確実に越しているとか。
地域猫としてお世話されている茶白さん。
まだまだお元気でいてください!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある路地。

三毛さんが道の真中でくつろいでいます。

『知らない人がきたよ~』

『ホントだ、見かけない顔だね。あの顔はハズレだよ』

右側にいた薄三毛さん。
ひと目で自分をハズレと見破ったようです。

『何だハズレのおっさんか。ハズレなら、そこから入るなよ!』

『コラ。またぐな。またぐなよ。またぐなよ、絶対に!』

『詩郎またがせるな!』

『帰れ。オラァ』

詩郎と呼ばれて、サビさんが登場しました。
急に出てくるからピンが合わないって!

『ハズレのおっさんには用はないって!』

『何しにきたんだって!』

『やってやるって!ケツでも喰らえって!』

ヒップアタックか?と思いきや…

そのまま向こうに行っちゃったサビさん。

『ほら、みんなハズレのおっさんには興味無いんだよ』

興味無いとは…寂しい事言いますねぇ。

『さらに言うならね、そんな古いプロレスネタ、誰も喜ばないと思うよ』

いや、自分が書いていて楽しいからいいんですよ。
プロレスネタ振られてキレました?

『キレてないですよ!私をキレさせたら大したもんだ』

最後まで長州になりきってくださった三毛さんでございました。

さて、明日からは猫さんがいらっしゃる喫茶店での写真展をご紹介していきます。
まぁご紹介するのは猫さんがメインなのですが。
本当は今日からシリーズ始めたかったんだけど、写真整理できていないので明日までお待ちくださいませ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



前回の続きです。

トンちゃんがお店から出てきました。

でも、お食事を終えた様子ではありませんね。
実はトンちゃん。
出してもらったカツオ節が湿気っていて、香りも味も悪くてご不満だったようです。
(と言う会話がお店の中から聞こえてきた)

店頭で毛繕いするトンちゃん。

毛繕いを終えたら、接客のお仕事です。

『焼き鳥、美味しいですか?』

はい!とても美味しいですよ♪
これで105円なんて、近所に住んでいたら毎日来ちゃいますね!

『ボクを撫でるサービスも有りますからね!』

遠慮無くサービスを受けさせていただきます♪

『さて、次はこっちのお客さんにサービスしなくちゃ』

移動したトンちゃん。

『あれ?常連さん帰っちゃった。なら、そっちの人ね』

喜んでサービスを受ける某R氏。

両手攻撃で気持良さそうなトンちゃん。

そこにおかみさんが新しいカツオ節を持って帰ってらっしゃいました。

トンちゃん、お店の中に飛んできます!

新鮮なカツオ節の威力は絶大のようで。
お店の中から『早くちょうだい!』って言うトンちゃんの声がニャーニャー聞こえていました。

ちなみにトンちゃん。
お客さんが食べている焼き鳥には全く興味を示さないそうです。

『ごちそうさま♪』

お食事を終えて、お店から出てきたトンちゃん。

道路をサササッと横断して、向かいの路地にパトロールに行ってしまったのでございました。

トンちゃんの行った、向かい側の和菓子屋さんには猫さんの影が。

この和菓子屋さんにも看板猫さんがいらっしゃるそうです。
この猫さんかな?それとも、この猫さんは通いの猫さんなのかな?
今度お店が開いている時に行ってみなくては!

トンちゃんが居なくなっても、飲み喰い続ける自分達。
お店にはお客さんが次々やってきます。
犬の散歩のついでに焼き鳥を買いに来るお客さんも。

お客さんの焼き鳥が焼きあがるまでの間、犬さんとしばし遊ばせて頂きました♪

お名前は失念。ごめんなさい。

安くて美味しい焼き鳥を頂きながら、缶ビールを飲んで猫さんや犬さんと触れ合える。
いやぁ、たまりませんなぁ♪
深川周辺は街散歩も楽しい場所。
ふらりと歩いて、締めは猫さんや犬さんを構いながら外で焼き鳥ってのも楽しいですよ♪

鳥満さん、ごちそうさまでした!
また来ます!

参考
食べログ・鳥満

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



清澄白河の駅を降り、深川江戸資料館の前の道を東に進んだところにあるお肉屋さん…
と言うか、持ち帰り焼き鳥屋さんの鳥満さんにやってまいりました。

金土日の夕方から宵の口までしか開いていないお店。
持ち帰り専門店ながらも、歩道にテーブルが置いてあり、そこで焼き鳥やコロッケを頂くことが出来ます。

焼き台の前には、既に焼いてある焼き鳥がパットに並べられ、持ち帰りはそれを包んでくれますが、店頭で食べる時は軽く炙り直してくれます。

焼鳥系のほとんどは105円とお買い得♪

おっと、合鴨やうなぎもあるんですね。
今回食べなかったけど、次回は食べてみなければ!

店頭のテーブルに座って焼き鳥を頂きます。

お肉屋さんなので、飲み物やアルコールは販売していません。
が…なんと!2件隣は酒屋さん♪
お酒屋さんでアルコールを購入して、店頭で焼き鳥を頂きながら一杯♪
「わざわざ酒屋さんに入って缶ビール一本だけ買うのも…」って方も大丈夫!
店頭にビール&チューハイの自販機があり、食べている途中でビールが空いてしまってもすぐに買いに行く事が出来るのです!
しかも開店直後なら、炙り直しではなく焼きたての焼き鳥が頂ける♪
幸せですねぇ。
後は…猫さんがいらっしゃったらもっと幸せ…

って!
猫さんが居らっしゃいましたよ!

鳥満さんの看板猫のトンペイくん。

ちょうどパトロールから帰ってきた所のようです。

同行者の某R氏に捕まって撫でられるトンペイくん。

さすが看板猫だけあって、お客あしらいもお上手のようです。

常連の方の横に座ったトンペイくん。

「トンペイとは長い付き合いだからね。ほらトンちゃん、伏せ!」

あ、本当に伏せした。
凄い凄い!

何度か逃げ出そうとしますが、常連さんにガシっと押さえつけられたトンちゃん。

『いつも焼き鳥買いに来てくれる人だからしょうがないか』

諦め顔です。

脱走するのを諦めて、ゴロンとしちゃったトンちゃん。

その横を散歩中の柴さんが通りかかりました。

見つめ合う柴さんととんちゃん。

実は仲良しだそうですよ。

おかみさんがお見せに来たので、ご飯を貰いにお店の中に入って行ったトンちゃん。

作業台に座って、ご飯が出てくるのを待つのでございました。

「トンちゃん登っちゃダメ!」
怒られていたのは内緒にしておきます。

写真が多くなったので、夕方の更新に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある街角。

植え込みの中に黒さんを見つけました。

この写真じゃわかりにくいですね。

ちょっとアップにしてみましょう。
ここです。

『なんでわかったんだ?』

そりゃあなた、高性能猫レーダーのおかげですよ。

『猫レーダーだと!?見せて貰おうか、人間の猫レーダーの性能とやらを』

『見つからなければどうという事はない!』
ペロリン♪

しっかり見つかっていますよ!
それに…
そのセリフは赤い人のセリフで、黒さんがそれを言ってもなぁ。

『認めたくないものだな。自分自身の若さ故の過ちというものを』

あ、まだ若い黒さんだったのですね。
若いのにファーストネタを使うとは、なかなか通ですなぁ。

あれ?黒さん。行っちゃうんですか?
何故だ!?

『坊やだからさ』

最後まで赤い人のネタに付き合ってくださった黒い猫さんでございました。

黒さんを見送った後、何やら視線を感じます。
そこかぁっ!
と、振り向いてみると…
視線と感じたのは猫型反射板でございました。

『甘い!』
黒さんの声が聞こえたような気がした自分でございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある公園。

橋の下に猫さんがいらっしゃいました。

ちょっとふくよかな感じの茶白さん。

『やぁ、いらっしゃい!』

人に慣れている感じの茶白さん。

まずは指の匂いでも嗅いでいただきましょうか。

『うん、美味しそうな匂いだけど…』

『それより撫でてよ』

あ、撫でてもいいのですね!
喜んで撫でさせて頂きますよ♪

気持ちよさそうにしてくれる茶白さん。

一旦手を離すと…

『もっと撫でろ~~~っ!』

結構お年なのでしょうか?
左上の牙が欠けちゃってますね。

『牙なんてどうでもいいからもっと撫でなさい』

『撫でられる前に準備運動して…と』

ではまた撫でさせて頂きますね。

またまた気持ちよさそうにしてくださる茶白さん。

喉を撫でられるのがお気に入りのようです。

またまた手を離すと…

『もっともっと撫でなさい!』

と、撫でられる前の伸びを再び。

『ほれ、今度は首筋を撫でてね』

了解であります!

ふぅ、いっぱい撫でさせて頂きました。
満足♪

『こっちは満足していないんだけどね』

『今度は頭を撫でなさい!』

はいはい、わかりましたよ。

これだけ撫でたら、ようやく満足してくださっったようです。
そろそろ移動しなくてはいけません。
茶白さん、ありがとね。

『また撫でに来いよ!』

もう『撫でろ』と言う事無く、見送ってくださったのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



寄り目くんたちに挨拶をした後、またまた移動。

天気が良いのでスカイツリーをパチリ。

ここから神社猫と神社犬さんがいらっしゃる神社に寄ったのですが…
お正月で参拝客が多い事もあって、犬さんも猫さんもお家の中でお休みでございました。
続いて梅の神社にも寄ってみたら、こちらも人が多くて周りの猫さん達は顔を見せず。

正月の神社猫はタイミングが難しいなぁ。
そう思いながら駅に向かうべく飲み屋街を歩きます。
あ、あそこに居るのは猫さんでは?

やはり猫さんです♪

ゆっくり近寄ってみましょう。

『知らないおっさんが来た~~~っ!』

逃げ出す猫さん達。

なんとかまともに一枚撮れたと思ったけど…

またすぐに隠れちゃいました。

がっかりして路地を引き返していると、最初に逃げた茶白&茶トラさんを発見!

ちょっと距離をおいた茶白さん。

太い尻尾が魅力的ですな。

奥の方の茶トラさんはふくよかさん。

ずーっと首を傾げてこちらを見ておりました。
ビクターの所属だったのかもしれません。
白黒じゃないし、猫だけれども。

さてと、時間的にもう一箇所が限界かな?
最後はキッチリ神社と猫さんで決めたい所。
候補は2ヶ所。どっちに行こうかな。
ちょっと遠いけどあっちにしましょう。
そう決めて向かった先は…
明日のお話。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある団地。

茶トラさんが上を眺めています。

杭の上に登って眺めても、何も落ちてこない様子。

しばらくして離れた場所で横になっていた茶トラさん。

『ん、あんた去年も来た人だね。確か何もくれなかった…』

あぁそうですよ。ハズレのおっさんですよ、っと。

『今年もハズレのおっさんに邪魔されたか』

『おっさん無視して…さぁ夢の続き続き』

1年ぶりにお会いした茶トラさん。昨年と同じような対応されてしまったのでございました。
まぁ、お元気そうで何よりでした。
実は一昨年もお会いしているのですがね。
次はまた来年…にならないように、お顔を見に行くように致しましょう。

今回は写真少ないですがここまで。
明日は初訪問のとある街でお会いした若いサバ白さんをご紹介するとしましょう。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



海の近くの公園にやってまいりました。

トコトコ歩く白黒さん発見!

白黒さんが繁みに入っていった辺りを覗いてみると…
まったりとくつろいでらっしゃいました。

反対側から白黒さんの様子を撮れないかな?と回りこんでみると…
じっとこちらを見る白黒さん。

どうやらくつろいでいた白黒さんと歩いていた白黒さんは別猫のようです。

こちらの白黒さんのお鼻は黒。

くつろいでいた白黒さんのお鼻はピンクでしたからね。

『なんだ、ご飯の話じゃないのか。鼻の話か』

隠れちゃった鼻黒さん。
覗きこんでみましょう。

『こんな場所にカメラを突っ込むとは猫迷惑な奴』

『しょうがないからちょっとだけポーズとってやるよ』

手前の葉が緑のフィルターになって、ほんわかした雰囲気に。

『はい、これで終わり』

更に奥にお隠れになった鼻黒さん。

鼻ピンクさんは?
相変わらずまったりとされています。

くつろいでいるのをこれ以上お邪魔しちゃいけませんな。
遠くから白黒さんズにお礼を言って、この場を離れたのでございます。

今日はここまで。
次回は運河の側のキジ白さんの登場です。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



またまた橋のある場所にやって参りました。
(前回の記事)

ちょうどお食事時間のようですね。

あれ?黒さんがいらっしゃいませんね。
見回してみると…
橋の下にキラリンと光る金色の瞳。

こんな所で待機してらっしゃいました。

しっかり降りてきて、ご飯をいただく黒さん。

お食事風景をパチリ。

食事後の黒さん。パトロールへ。
茶白さんもくっついていきます。

お散歩する横綱と付き人って感じですねぇ。

ぴょん!

体格に見合わぬ身軽な動き!
ヨコヅナじゃなくてビガロだったようです。

その頃、猫さん達の食事場では…
鳩が余ったカリカリを食べておりました。

凄い勢いで食べる鳩達。

鳩まっしぐら!ですな。

食事を終えた猫さん達。
思い思いにくつろいでいます。

白さんはポーズを取って。

三毛さんはお家の中で。

そして、ぽっちゃりしすぎるグレ白さんは…

デーーーーーーーーン!

『なにしてるんですか?』

写真撮っています。

『写真なんて撮る暇あったら、ちゃんと撫でなさい』

あ、すみません。
ちゃんと撫でさせて頂きます。

グレ白さんを撫でていると…
付き人の茶白さんが戻って来ました。

『誰が付き人やねん!』

ソッポを向く茶白さん。
あぁ、”付き人”じゃなくて”付き猫”ですね。

『そういう意味で突っ込んだんじゃないんだよ』

いじけて寝ちゃいました。

さて、ぽっちゃり猫さん達を堪能させて頂きました。
そろそろ移動しましょう。

みんな寝ちゃった中、シロさんだけはポーズを取って見送ってくださいました。

そして我々を見送る新しい茶白さんの姿が!

すぐ隠れちゃったけど。
この猫さんもどんどんぽっちゃりしていくのかな?
そんな事を思いながらこの場を後にしたのでございます。

明日は立石の看板猫さんをご紹介。
あまりいい写真が撮れなかったけど、行ってきたご報告代わりということで。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。