2022年6月14日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

5月の週末。
西新井・湯処じんのびさんに入浴後、看板猫さん達にご挨拶しております。

トンネルから出て、椅子の下に陣取るノリマキちゃん。
『まだ遊びたいけど…』

『お客さんがいっぱい居るから嫌だなぁ』

自分の手をオモチャにして遊んでくださったノリちゃんですが…
ビビリはまだ直っていないようです。

『どうしようかなぁ』

考えるノリちゃんを…

アップでパチリ♪

表情は結構以前に戻ってきましたね♪

『やっぱりお家に戻ろうっと』

『これに入れば戻れるんだよね』

キャリーバッグの匂いを嗅ぐノリちゃん。

『帰る前に…もうちょっと遊びたいけど…』

遊びたいですか?
では…

手を出したら、すぐにごロンとしちゃったノリちゃん。

でも、遊ばないで…

『撫でられちゃった!』

ふふふ…
撫でちゃいましたよ!

『さ、お家に戻ろうっと』

満足してくださいましたか?ノリちゃん。

『うん、またね』

キャリーバッグに入ったノリちゃん。

今度お会いする時は、もうちょっとビビりが直っているといいですね!
ノリちゃん、ちょっとだけ元に戻ってきた気がします。
またお邪魔したときにはヤンチャなノリちゃんが見られるといいなぁ。

湯処じんのびさん、ありがとうございました。
またお邪魔します。
色んな意味で…ととのいました!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。