2021年4月2日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

桜が咲き始めた3月の休日。
猫の広場で、まろくんをモフっております。

ゴロンと横たわる、まろくん。
『もっとモフってくださいな』

はいはい。モフモフモフ♪

この様子を見つめるコタロウくん。

まろくんは相変わらずモフられて満足そう。

ここでちょっとひと休み。
離れて座ると…

『まろ、ろっちさん向こうに行ったよ』

『あれ?どこに行っちゃった?』『こっちだってば』

『ボクを置いてどこに行くんですか!』

イカ耳で歩いてくる、まろくん。

ゴッツンと挨拶しようと思ったら…
途中でゴロン。
『もっとモフってくださいな』

『ほら、早く!』

しょうがないですねぇ。

モフモフモフモフ…

『気持ちいいですねぇ』

どのくらい気持ちいいですか?

『こ~んなに気持ちいいです』

手を開いて気持ち良さを表す、まろくん。

コタロウくんは、お水を飲み始めました。

『ふぅ、気持ちよかったです』

まろくん、ようやく満足してくださったようです。

『よいしょ!』

起き上がったまろくん。

コタロウくんの方に移動して…

お水を飲み始めました。

まろくんに近づくコタロウくん。

尻尾の匂いを嗅ぎ始めましたよ!

『ん?』

『コタ!そんなとこの匂い嗅がないでよ!』

振り返るまろくん。
びっくりするコタロウくん。

『あ、まろ。ろっちさんが帰るみたいだよ』

ごまかすコタロウくん。
この流れだと、自分は広場から移動しなくてはいけませんね。
しょうがないなぁ、と広場を後にした自分。

まろくん、コタロウくん、今回もありがとうございました。
また来月お会いしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。