2021年1月31日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

年末の週末。
西荻窪ミルチさんで看板猫ちゃいろさんを眺めながら呑んでおります。

他のお客さんの足元に佇む、ちゃいろさん。

『ありがとうございました』

お会計が済んだお客さんを見送ります。

『さて、他にお客さんも居ないから…』

ちゃいろさん、自分の手に擦り寄ってきて…

舞う!

そしてスリスリ♪

『あれ?お客さんですか?』

ちゃいろさん、外を見つめ始めました。

その間に自分はミルチ特製キムチチャーハンをいただきます。

これは美味しいですねぇ。
ミルチさんでまた食べなきゃいけないメニューが増えてしまいました。

『お客さん、入ってきませんでした!』

ガリガリ爪を研ぐ、ちゃいろさん。

なら自分を接客してくださいな!
『でも舞うのも飽きたし…』

あら、そうですか。

『お水をいただきましょう』

カウンターの乗ったちゃいろさん。

お水を飲み…
『こっちの角度はいまいちですね』

向きを変えてもらって、お水を飲み始めました。

ちゃいろさん、お水を飲む場所はカウンターでと決めているそうです。

『ふぅ、美味しかったです』

お水を飲み終わった、ちゃいろさん。

手にスリスリ♪

そしてペロッと指をなめてくださいました♪

ふぅ、満足。
そろそろ帰るとしましょう。

『お会計ですね』

はい、お願いします。

『ありがとうございました』

こちらこそありがとうございます!

『気をつけてお帰りくださいね』

見送ってくださった、ちゃいろさん。

カウンターに佇む茶色さんを外からパチリ♪

美味しい料理にお酒、看板猫ちゃいろさん。
今回も楽しませていただきました。
ミルチさん、いつもありがとうございます。
ごちそうさまでした!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。