2021年1月22日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

11月下旬の休日。
立石で昼呑みを楽しんだ後、丸吉玩具店さんにお邪魔しております。

自分の膝に乗ってご満悦の純平くん。

『たまらんねぇ』

ヒゲを全面に出して変顔で撫でられています。

『あ~あ、純平デレデレしちゃって』

この様子を見ていたサンペイくん。

『あのアホ面、見てられないね』

うん、撫でられるこの顔は確かにアホ面ですね。

『何を!アホにアホって言われたくないね!』

反論する純平くん。

『あぁアホ面じゃなくてバカ面だったね』

『バカって言う奴がバカなんだぞ!』

あれ?いつもとは違うやり取りですねぇ。

『撫で係、楽しんでるだろ?』

はい、楽しんでいますよ♪

『撫で係は俺様の味方だと思ったのに…』

はいはい、ごめんなさいね。
ごきげん直しに撫でましょうか?

『いい。今仕事中だ』

仕事?

『そう、再開発に対するチラシをお母さんに読んであげてるんだ』

チラシを持つ純平くん。

『撫で係も見るか?』

ちょっと拝見しましょうか。

『商品券のお知らせもあるから読んでおいた方がいいぞ』

それは自分にはあんまり関係ないかなぁ。

『俺様にもあまり関係ないんだけどな』

純平くん、毛づくろいを始めちゃいました。

そんな純平くんをちょっとだけモフって…

丸吉玩具店さんを後にするとしましょう。

『最近来るペースが落ちてるぞ。月に二回は顔を出すように!』

はいはい、できるだけ顔を出しますよ。
と言う訳で12月は結構顔を出して写真が溜まっているのですが…
その様子は小出しでまたお届けするとしましょう。

丸吉玩具店さん、いつもありがとうございます。
大変な時期になりましたが、皆さんお元気でお過ごしください。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。