2021年1月21日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

11月下旬の日曜日。
今月は1回しか立石に行っていないなぁ、と電車に乗って立石へ。

日曜日ですから、昼呑みはうどん屋さんにしましょう。

酒飲みにも有名なうどん屋さん。

つまみを頂いて締めはうどん。

こちらのうどんは腰があってとても美味しいのです♪

昼呑み後は丸吉玩具店さんにご挨拶です。
『いらっしゃいませ』

サンペイくんがご挨拶してくださいました。

サンちゃんがここに居るって事は…
『純平は奥にいるよ』

丸吉玩具店さんに許可をいただき、奥の部屋へ。
純平を呼んでみると…
『撫で係だ!』

寝ていた純平くん、飛んできました。

お店にやってきた純平くん。

『さぁ早く俺様を膝に乗せなさい!』

膝に飛び乗ろうとしますが…

なぜかレジ台に移動。
『寝起きだからまずは毛づくろいして…』

『爪をといで…』

なんか準備が大変そうですね。

『準備完了!さぁ俺様を撫でなさい!』

ようやく膝に乗ってきました。

さっそく撫で撫で。

撫で撫で撫で撫で…

『うんうん、気持ちいいぞ!』

『たまらんねぇ』

うっとり顔の純平くん。

顔を突き出して変顔も見せてくださいました。

あれ?変顔って言っても反応しないですね。

『気持ちいいからな!』

撫でられて気持ち良さが勝っている純平くん。
まだまだ撫でられ足りない様子なので…
純平くんを撫で続けながら後編に続くといたしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。