» 2020 » 6月 » 15のブログ記事

5月下旬の週末。
ゆるゆると再開した猫呑みで赤茄子さんにお邪魔しています。

指の匂いを嗅いだら飛び起きたタビちゃん。
椅子でゴロンとして…
『さぁ撫でなさい!』

はいはい。

撫で撫で撫で…

『うんうん、気持ちいいね』

目を細めて気持ちよさそうにするタビちゃん。

『今度は喉ね。そうそう』

はい。では次は反対側から…撫で撫で…

気持ちよくて寝ちゃいましたねぇ。

マコちゃんは相変わらずキャットタワーから高みの見物。

でもマスターが手を伸ばすと…

すぐにスリスリ♪

マスター大好きなマコちゃん。

撫でられて、とてもいいお顔を見せてくださいます。

『あれ?もう終わり』

手をパーにして講義するマコちゃん。

キャットタワーから降りてきました。

今度は椅子に乗って腰ポンポンされるマコちゃん。

グテ猫状態になっていますねぇ。

おや?ちーちゃんが歩いていくのが見えましたよ。
どこに行ったのかな?
『お客さん、少ないですねぇ』

入り口でお客様をお迎えするようですが…
やっぱりまだ少ないお客さん。

『あ、お仕事中ですからやめてください!』

ちーちゃんをモフり始めると止められてしまいました。

席に戻ると、マコちゃんもキャットタワーに戻っています。

さて、このグラスを飲み干したら帰るとしましょうか。

ちーちゃんとのんちゃんは、いつの間にかケージに入ってお休み中。

『電車で寝過ごさないようにしてくださいね』

はい、今日は抑え気味に呑んだから多分大丈夫。

『ホント?こんな感じで寝ちゃうんじゃないの?』

大丈夫ですよ、タビちゃん!

いつものように猫さん達に心配されながら赤茄子さんを後に。
無事電車で寝過ごす事もなく帰宅できたのでございました。

赤茄子さん、いつもありがとうございます。
またおじゃまします。
ごちそうさまでした!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。