» 2019 7月 07のブログ記事


5月下旬の休日。
猫ねこ展覧会2019開催中の松山庭園美術館(千葉県匝瑳市)に来ております。

さてさて、子ねこ部屋に入るとしましょう!

あれ?50日の茶白の♂?
前回訪問時に居た子猫達はみんな新しい家族の元に行ったそうです。
よかった!

なんてお話をしながらアイスコーヒーをいただきます。

「はい、マルちゃんです」
子猫をいきなり渡されちゃいました♪

生後50日位の男の子、マルちゃん。

マルちゃんは美術館の子になることが決まっているそうですよ!

『よいしょ』

自分の膝の上でくつろぐマルちゃん。
ふふふ…暗渠の神様から「神の手」と言われた自分の手で寝かしてあげよう!

『ヤダ、寝ないもん!』

キトンブルーの目をパッチリ開けていたマルちゃんですが…

撫でていると体がだんだん横たわってきて…

『眠く…ない…もん…』

ほら、寝ちゃった♪

『寝てないもん!』

あ、起きた。
でもね、撫で撫で撫で…

『す~~~~』

ほら寝ちゃった。

『寝てないったら!』

ホントかな?

『す~~~~~~』

と、膝の上ですっかり寝ちゃったマルちゃんですが…

『あ、お客さんだ』

他のお客さんが来られて目を覚ましちゃいました。

お客さんが揺らすネコジャラシで遊び始めたマルちゃん。

『えいっ!』

ハズレ~

『今度はこっち?』

『えいえいえいっ!』

マルちゃんは走り回るんじゃなくて、寝転がったまま遊ぶのが好きみたいですね。

『今度こそ!』

またハズレ~

『あっち行っちゃった…』

転がりながらネコジャラシにじゃれるマルちゃん。

そんなマルちゃんと遊びながら…
次回のシリーズ最終回に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。